みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供の体臭が気になることはありませんか? 気をつけて!!病気である可能性も・・

   

pose_kusai

汗をかく季節になると「体臭」が気になりますね。体臭は大人だけのことだと思っていませんか?子供にも、もちろんありますよ。時には気分が悪く、吐きそうなくらいに臭う場合もありますね。

買い物をしている時、図書館で本を探している時、他人とすれ違った時。
誰でも一度は経験あると思いますが、フ~ッと漂ってきた臭いにとても不快な思いをさせられたことがあるでしょう。

それが子供同士であれば、仲間はずれにされたり、心無いことを言われたり、いじめに発展することもあるのです。子供は正直なので容赦ない言葉で傷つけます。理由を知った時の子供の気持ちを考えると胸を締め付けられる思いです。「臭い」の問題って思っている以上に深刻なんです。
子供にはどうしていいのかわからないでしょうから、ママがいち早く察知し対処してあげることが大切です。

汗の臭い

私は仕事柄、子供と接することが多いのですが「体臭」のある子って必ずいます。これはデリケートな問題なのでなかなか本人には言いにくいものですが、臭いがするってやはり同じ空間にいるのが辛いですね。

子供は、ほとんどの場合「汗」による臭いだと思います。暑い時期は特に、学校の登下校で頭から足の先まで汗びっしょりですからね。(スポーツ系の部活や習い事も同じことです)
これは仕方のないことです。でも、時間を置けば置くほど、なんとも表現し難い臭いへとなっていきます。

ご家庭で気をつけたいことは、学校から帰宅したら一度シャワーを浴びるということです。
放っておくと汗あれ・あせも・湿疹など肌のトラブルにもなり兼ねません。臭いだけではなく、かゆみや痛みを味わうことになります。これを防ぐ意味でも汗をきちんと流しましょう。(熱射病対策にもなりますよね)

また、その後人と会う約束がある場合はエチケットとしても嫌な臭いはとっておく必要がありますね。
汗の臭い対策としては洗剤や柔軟剤でも対処することができると思います。今は香りも重視されたものがたくさんあるので、汗の多い時期だけでも選んで使いたいですね。

 

わきの臭い

いわゆる「ワキガ」の臭いですね。
これも大人だけの悩みではなく、子供にも多いのです。やはり不快な臭いがするため周囲から敬遠されることになります。
毎日子供と接するママなら、この臭いには気づくはずです(かなり独特の臭いですね)

気づいたら、さりげなくデオドラント製品を準備してあげるといいですね。ドラッグストアにもあるし、インターネットでもすぐに購入できます。
今はシート状のものもたくさんありますね。定期的に拭くだけでも効果があると思います。

そのような対処でも臭いがなくならない場合は、一度病院で診察を受けましょう。
これが原因で「学校に行けなくなった」「お友達と遊べなくなった」「仲間はずれにされる」などといった現象も起きています。「ワキガ」の臭いは大人・子供関係なく、思っている以上に深刻ですので十分気をつけてあげて下さい。

 

病気の場合もある

子供の体臭は、ほとんどが「汗」によるものですが、稀にそうでない場合もあります。病気であることも考えられるので次のような症状があれば、すぐに病院で診察を受けましょう。

○フルーツの腐ったような酸味のある臭い
これは「糖尿病」の危険があります。糖尿病は大人がかかるものと思いがちですが、食生活の変化に伴い、子供の糖尿病も増えてきているそうです。糖の代わりに脂肪をエネルギーに変える際発生するケトン体がこの臭いを放つのだそうです。
症状としては体臭・口臭・多尿・耐えられない眠気・のどの渇きなどがあります。

○どう対処しても汗の臭いがなくならない
これは「バセドウ病」の危険があります。甲状腺ホルモンが過剰に分泌されるため、代謝が活発になって汗を大量にかくそうです。そのため、どんなに対処しても汗の臭いがとれません。次の症状がプラスされていたら要注意です。
症状としては食欲増進・大量の汗・体重減少・動悸などがあります。

「汗」にはこのような病気が潜んでいることを、ママは是非知っておいてください!

 

まとめ

の娘が小学校の時、わきの臭いがとても気になりました。自分の娘にこんな体臭があるなんて・・とショックだったことを今でも覚えています。
近づくことさえ嫌な気がして、そんな思いを抱く自分自身に、また腹が立ちました。「親である自分がこんな思いを抱くのだから、他人はもっと嫌がるだろう。
これがきっかけで友達がいなくなったらかわいそうだ」と感じ、本人に事実を告げたのです。(辛かったです)

まだ小学生だった彼女は何のことなのか、よく理解できなかったようです。まずはデオドラント製品で臭いの処置をして、それでも臭いが消えない場合は病院に行くことになっていました。(手術のことまで調べ済みでした)
でも、幸いにそれで臭いが消えてくれたのです。私もほっとして、胸の仕えが取れました。
その後は本人が気をつけて、デオドラントを上手く使いこなしているようです。以前のような臭いは全くありません。

人は臭いに敏感です。もし、自分の子供に体臭を感じたなら本人のためにも、まわりのためにも、少しでも早く原因を見つけ出しその臭いから解放してあげましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

天才児
高いIQを持つ天才児を指す言葉「ギフテッド」。学校嫌いの子供で天才肌なら可能性あり

「IQ」が高い子供の中には「ギフテッド」と呼ばれる子がいます。これは知能の高い人 …

子どもの関節に湿疹が…!素早く治すには皮膚科に行くことが大切!

ふと気付くと、子どもの関節のところに湿疹ができていること、ありませんか? うちの …

子供のしつけに脅し言葉は絶対ダメな理由。恐怖は子供の積極性を奪います

いつまでも遊んでいて寝ない子供に「早く寝ないとお化けが出るよ〜!」など、つい脅か …

「子育てでイライラ」はみんなある!気持ちを上手に切り替える方法

小さいお子さんのいるパパママならば、誰だって「イライラ」したことがあるでしょう。 …

妊娠高血圧症候群の危険性!高齢出産でなければ大丈夫!…とも限らない?

妊娠高血圧症候群という病気をご存じですか?妊娠しているママや、そのお腹にいる赤ち …

朝ご飯に嬉しい食パンを使ったレシピ集

朝食に手軽な食パン。 でも、トーストしてはちみつ・バター・ジャム・・・いつも同じ …

赤ちゃんのデリケートなお肌を守りたい。どんな石鹸を使えばいいの?

赤ちゃんの肌はつるつる・すべすべで、ぷくぷくしていて真っ白で何といってもみずみず …

「あれ買って〜!」はこれで解決!子供の心理を上手に利用しよう

幼児期になると自分の好きな物やお気に入りのキャラクターなどが出て来て、高価なゲー …

子供のおんぶには子育てに必要な要素が詰まっています。おんぶのスキンシップ効果とは?

今の時代にはほとんど見かけなくなってしまった「おんぶ」の習慣。 30年ほど前には …

幼稚園の選び方
幼稚園の選び方。園の強み(運動や音楽や芸術など)に注目しよう

子供が3歳になる頃、どこの幼稚園に通わせようかと考え始めますね。 幼稚園によって …