みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

フライング検査って知ってる?メリット3つ、デメリット2つ紹介します!

   

ninshin_couple_yes

 

妊娠を望んでいる女性にとっては生理予定日が近付くと、「妊娠してるかも!?」「もし妊娠してたらこれはしない方が良いのかな…」と考えて妊娠しているかどうかを知りたくなって仕方なくなる時期ですよね。
体調の変化が「もしかしたら妊娠してるからかも?!もしそうなら薬は飲まない方がいいのかな…」なんて頭を悩ますことも。
そこで話題に上がるのがフライング検査です。
フライング検査にはメリットももちろんありますが、デメリットもあります。
何についてもメリットとデメリットをわかった上で判断するのは大切ですが、フライング検査においても同じことがいえます。

フライング検査って何?いつからいつまでのうちに検査をすることを言うの?

通常、薬局などで手に入る妊娠検査薬は生理予定日の一週間後から使用することができます。
これは妊娠すると尿中に排出されるhcgというホルモンが大体妊娠一週間後に検知される数値になるからです。
フライング検査とは、この検査薬で指定されている期間よりも前に検査をすることをいいます。
早い人では高温期9日目からうっすらと陽性反応をみることが出来るそうなので、かなり早くからフライング検査を行う人もいます。
また、薬剤師さんのいる薬局などでは生理予定日当日から検査が可能な検査薬もあるので、より確実に早く知りたい方はそちらの購入をおすすめします。

《メリット1》より早く気付くことでお酒や煙草など妊娠中に良くないことを排除できる!

お酒、煙草、薬、カフェインなど妊娠中に控えないといけないといわれている物はたくさんあります。
フライング検査で早く妊娠がわかると、その分早くそのような避けた方が良い物を排除することができます。
特に薬や煙草、お酒など赤ちゃんに影響が起きるといわれている物は少しでも摂取する機会を減らしたいですよね。
「飲み会があるから調べてみようかな」「体調が悪いから薬を飲みたいけど飲む前に調べてみようかな」というきっかけでフライング検査を実行する方も多いようです。

《メリット2》赤ちゃんに配慮した生活を早く始めることができる

早寝早起きや、栄養をたくさん摂れるバランスの良い食事を食べるなどはもちろん、仕事をしているママには難しいこともあるでしょうが仕事を少しセーブしたり、家事の合間に休む時間を作ったり、重い物を持たないようにするなど、まだ他の人に報告するには早いですが自分で出来る限りで無理のない生活を送ることも出来ます。
また、出血や腹痛などの体調の変化にも気付きやすくなります。
しかし、妊娠初期での流産は胎児の染色体異常が原因といわれているので赤ちゃんに配慮した生活をしていたから大丈夫、していなかったからダメだったということはありません。

《メリット3》早い人は生理予定日頃から悪阻がやって来る!フライング検査をすることで体調不良が悪阻だと気付くことも。

妊娠したというと悪阻が頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか?
悪阻は一般的には妊娠6週頃から見られることが多いそうですが、始まるタイミングや重さ、期間など人によって違います。
早い人では生理予定日頃から悪阻が見られる人もいるそうなので、妊娠に気付いておらず薬を服用してしまう人も珍しくないそうです。
フライング検査をして陽性が出て、この体調不良が妊娠によるものであるとわかれば少し安心も出来ますし、薬を服用することも避けれます。

《デメリット1》病院で妊娠確定を貰うまでの期間が長い。また、健診代がかかる。

本来、生理予定日の一週間後に妊娠検査薬で陽性が出たらその時点で妊娠5週頃だと推測されます。
その頃だとすぐに病院へ行くと、実は排卵日がずれていたということも良くあるので確実ではないですが胎嚢の確認が出来ることが多いです。
また、陽性反応が出ても出血や腹痛などがなく経過が順調であると、更に一週間待ってから妊娠6週頃に病院へ行き、胎嚢と早ければ心拍まで初診で確認出来ることもあります。
しかし、フライング検査をしていると早めに妊娠していることがわかる分、病院で妊娠判定が出来るようになる頃までヤキモキしてしまうことも少なくありません。
また、出血や腹痛があっても早すぎると病院に行くことも躊躇われたり、病院へ行っても何もわからず余計に不安になることもあります。
そして、フライング検査をして待ちきれず早めに病院へ行ったり、腹痛や出血があり病院を受診しても、胎嚢や心拍が確認されるまで何度も受診しなくてはいけなくなり、その分健診代がたくさんかかってしまうことも覚えておきたいものです。

《デメリット2》知らなくても良いはずの化学流産を知ってしまうことになる可能性も…

化学流産というのを聞いたことはありますか?
化学流産とは、受精までは出来たものの着床が出来なかった、または着床が続かずに胎嚢を確認する前に生理のような出血と共に受精卵が流れてしまうことをいいます。
普通は全く気付かなかったり、少し遅れて生理が来たなと思う程度で化学流産には気付かないことが多いのですが、フライング検査をしていた場合には受精していた頃に陽性が出ているので妊娠しかけたはずなのにダメだったという事実を知ってしまうことになります。
「受精は出来たんだ!」「妊娠に近付いている!」と前向きに捉えることが出来れば良いのですが、ショックを受けてしまう人も少なくないのです。

フライング検査をするときはメリットとデメリットをよく考えた上で検査するか決めましょう!

フライング検査のメリットとデメリット、いかがでしたでしょうか?
妊娠に早く気付くことで妊娠継続するにおいてのリスクを減らすことも出来ますが、化学流産などの可能性もあるのです。
メリットとデメリット、どちらについてもよく考えた上でご自分に合う選択をしていただけたらと思います。




おすすめ記事


 - 未分類

  関連記事

もうすぐ敬老の日。でもこんな行動になってはNG!感謝を気持ちよく伝えましょう

日頃からお世話になっているおじいちゃん、おばあちゃん。普段は忙しい毎日だからこそ …

どうすれば本を読んでくれるの?本が大好きな子どもにするためにできること。

本をたくさん読む子になってほしいと思う親は多いと思います。どうしてうちの子は本を …

クレジットカードでスマートに会計してお得をゲット!年間2万円節約になるクレジットカード活用術

日々の生活の中では食費に光熱費、住居費、学費…あげるとキリがないほどの出費をして …

妊婦ママ必見!!こんなに簡単に赤ちゃん返りを防ぐ方法!

お腹に赤ちゃんがいると分かるとどうしても意識や考えることがお腹の子・生まれたばか …

片頭痛で辛い…薬に頼らないで直す方法や対処法は?片頭痛に効く民間療法まとめ

子育てに家事にと忙しい毎日を過ごしていると、身体も疲労が蓄積されてしまってあちは …

離乳食を食べてくれない!進まない離乳食、どうすればいい?

産まれてからずっと母乳やミルクだけだった赤ちゃんが生後半年頃から開始する離乳食。 …

里帰り出産した方がいいの?里帰り出産のメリットとデメリットって?

妊娠がわかったらまずは病院選びが始まりますよね。 健診に通う産婦人科が決まれば、 …

学校での様子が気になるときは、子どもの友達を積極的にお家に招こう。

学校での子どもの様子、お友達はいるのか?勉強についていけているのか?などなど心配 …

赤ちゃんの肌がカサカサに!乾燥肌を防ぐ方法とは?

赤ちゃんの肌というと、ぷにぷにしていて柔らかく滑らかなのを想像しますが… 実は肌 …

叱るとき・怒るとき・注意するとき、上手に使い分けて怒りんぼママから素敵ママに大変身!

育児中は、叱る・怒る・注意、この3つを無意識に使っていると思います。ですが、無意 …