みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

もしかしてウチの子左利き?!右利きに直したほうがいいの?そのままにする?

      2016/07/22

couple_baby_dakko

 

 

全国には、10〜20%の割合で左利きの人が存在しています。

これは、三万年前からずっと変わっていない割合なのだそうです。

その世界の中でも少数派の中に、もし我が子が入ったとしたら…?

 

実はウチの子も、離乳食を自分で食べだしたときからスプーンも左手、クレヨンでのお絵描きも左手、おそらく左利きなのでしょう。

非常に右手では、ものが扱いづらそうなのです。

 

でも、昔の人は左利きだと無理やり右利きに直されたといいます。

この場合、昔に習って左利きから右利きに直したほうがいいのか…。

それとも、今は昔と違って左利き用のハサミなどができていることもあり、そこまで苦労しないのではないか…?

などなど、頭がグルグルしている左利き疑惑のある子どもを育てるお母さんもいるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、わたしも左利き疑惑のある子どもを育てる母親として…

実際に子どもにおこなっていることや、左利きから右利きに直すことなどについて説明していきます。

 

 

左利きって、いつから決まってるの?

 

まずは一体我が子はいつから左利きなのかという点が、気になります。

実は、妊娠12週くらいで小さな指がついた手ができてくる頃までさかのぼるのです。

 

このときエコーで見てみると、92%の赤ちゃんが右手の指をしゃぶっているのだそうです。

右利きが大多数を占めるというのは、お母さんのお腹の中にいるとき(しかも妊娠初期!)から決まっているのです。

気になる左利きは、たったの8%しかみられないのだそうです。

こんな早いうちから利き手について決まりつつあるなんて、ちょっと驚きです。

 

また、赤ちゃんのときは多くの右利きのお母さんが、赤ちゃんを抱くときに右手で頭を支えます。

そうすると赤ちゃんは、右手よりも左手を良く使うようになります。

この頃の赤ちゃんは、言葉を話すことはできませんから、左脳よりも右脳が発達しているのです。

左利きは、左脳の発達が少し遅れ気味になるので、言語の習得が遅いという特徴があります。

我が家の子どもも、2歳になったばかりですが単語と宇宙語のオンパレードで、まだ「おしゃべり」の域に達していません。

これももしかしたら、左利きのせいなのではないかな?と疑っています。

 

 

左利きって、いつから決まってるの?

 

 

まずは一体我が子はいつから左利きなのかという点が、気になります。

実は、妊娠12週くらいで小さな指がついた手ができてくる頃までさかのぼるのです。

 

このときエコーで見てみると、92%の赤ちゃんが右手の指をしゃぶっているのだそうです。

右利きが大多数を占めるというのは、お母さんのお腹の中にいるとき(しかも妊娠初期!)から決まっているのです。

気になる左利きは、たったの8%しかみられないのだそうです。

こんな早いうちから利き手について決まりつつあるなんて、ちょっと驚きです。

 

また、赤ちゃんのときは多くの右利きのお母さんが、赤ちゃんを抱くときに右手で頭を支えます。

そうすると赤ちゃんは、右手よりも左手を良く使うようになります。

この頃の赤ちゃんは、言葉を話すことはできませんから、左脳よりも右脳が発達しているのです。

左利きは、左脳の発達が少し遅れ気味になるので、言語の習得が遅いという特徴があります。

我が家の子どもも、2歳になったばかりですが単語と宇宙語のオンパレードで、まだ「おしゃべり」の域に達していません。

これももしかしたら、左利きのせいなのではないかな?と疑っています。

 

右利きに直したほうがいい?

 

 

さて、冒頭でも少しお話ししたように昔は左利きが判明すると、無理やりにでも右利きに矯正をしていました。

これはなぜかというと、周りの人間と違うということは、生きづらさを覚えるということだという意識が強かったからなのです。

今は「個性」という言葉が重要視され、周りと何か違ってもあまり気にしない風習に変化してきました。

しかし昔は、「父親が右を向いたら、家族みんなが右を向かなければならなかった」時代だったのです。

そんななかで、左利きは異質な存在として思われていたのでしょうね。

しかし、だんだん時代が変化してきて「左利きを無理に矯正しなくても良い」という考えになりました。

左利き用のグッズもたくさん販売されるようになってきて、右利きでなくても生きづらさを感じることがあまりなくなったのです。

そのため、今は無理に左利きを直さなくても全く問題はないという考えに変化してきています。

しかし、ママ友の子どものお姉ちゃんが左利きなのですが、包丁などの教え方には苦労したと話してくれました。

そのため「鏡のように対面で教えると良いよ」など、左利きの先輩ママとしていろいろ指南してくれています。

でも、のびのびと楽しくお絵描きをしている我が子を見て「無理やり右利きに直さなくてよかった」と思ったそうですよ。

 

 

左利きの子供にやってはいけないこととは?

 

 

左利きの子供にとって、親がコレをやってしまうと悪影響が…ということが3点あります。

 

・左手を使ったら怒る

子どもの精神的なものからくる辛い症状に「吃音」

つまり「どもり」があります。

これは、左手を使うことで両親や周りの人が怒鳴ったりすることで、自分の思ったことをスムーズにできなくなることで、発語にも影響してしまうという状態なのです。

左利きに吃音が多いというのは、このような背景があるためなのです。

 

・みんなと違うことを強調する

左利きは確かに全人口のなかでも約1割と、かなり少ないことはご存知だと思います。

だからといって、周囲と違う存在だと改めて強調することは、あまり好ましいことではありません。

みんなと同じだけど、使う手が違うだけ、と子どもには説明しましょう。

 

・無理に矯正すること

無理やり右利きにするために食事中なども見張るようにしてしまうと、子どもはいつも緊張状態に置かれてしまい、ご飯もまともに食べられなくなってしまいます。

子どもは使いやすいから左手を使っているのですから、そこで親が使いにくい方をわざわざ使わせるというのは、子どもの精神衛生上とても良くはありません。

 

 

まとめ

 

 

子どもの左利きについて、多くのお母さんが悩んでいる「直したほうがいいの?」という疑問にお答えしてきましたが、いかがでしたか?

左利きは大昔からずっと10%ほどと割合が変わらないというのはすごいですよね!

今では、昔と違って特別感のある左利きに憧れる人も多く、頑張って左手を使っている人もいるくらいです。

ぜひ「大人になったら話のネタになるわね」と、おおらかな気持ちで我が子の左利きを見守ってあげてくださいね。

 




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

育児ノイローゼ対策
育児を一人で抱え込まないことが大切。母親の育児ノイローゼを防ぐ方法は?

毎日かわいいお子さんとの生活。話しかけたらにっこり微笑んでくれたり、作ったものを …

楽しいはずの食事の時間が「しつけの時間」になっていませんか?意外とやってしまうことに気をつけよう

最近の子育て世代のママたちは共働きなどでとても忙しく、子供と一緒に食事の時間を取 …

子どものおもちゃ、厳選したほうがいい?それともたくさんあったほうがいいの?

子どものおもちゃは、赤ちゃん用品店などに行くと実に様々なものが売られていて、次か …

子供の食べ物の好き嫌いを直す方法。叱るのではなく時間をかけて直そう

野菜嫌い、お肉きらい、果物嫌い!子供の好き嫌いに頭を悩ませるママはとても多いと思 …

子供がお手伝いをしてくれない…楽しく習慣化する効果的な方法とは?

子供がだんだん大きくなってくると、家族の一員としてはもちろん、これから生活してい …

子供の食べ物の「好き嫌い」を克服するには?

お子さんが成長して大きくなるにつれて、食べ物の好き嫌いは、パパママにとっても悩み …

飲食店で市販のベビーフード、勝手に食べるのってアリ?

まだまだ産まれたばかりの頃は、大人の分だけご飯を用意すれば良いので外食も比較的大 …

イヤイヤ期のお母さん必見!約束がある日の準備、どうしていますか?

「早くして!時間がないんだから!」 こんなセリフは、イヤイヤ期の2歳児を相手にし …

「口先だけ」で叱っていませんか?子供が将来恥をかいてしまうNGな叱り方とは?

将来子供が大人になったとき、その立ち振る舞いを見れば、どんな環境で育ったのかが見 …

子供が喜ぶホットプレートを使った簡単アイデアレシピ

毎日の食事に、どれくらいの頻度でホットプレートを活用していますか? 大きな調理器 …