みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

赤ちゃんのオムツをテープ式からパンツ式に移行する時期!ずっとテープ式でもおかしくない?

   

illust949

赤ちゃんのオムツは、大きく分けて2つのタイプがあります。

新生児からつける、テープ式タイプと、ある程度大きくなってからつける、パンツ式タイプです。
テープ式の方が1パックに入っている量が多くて経済的、ということが言えます。

しかし、パンツ式だと履かせるのも脱がせるのもとても楽なんです。

でも、経済的にはちょっとお高い…。

皆さんは赤ちゃんのオムツ、テープ式からパンツ式にいつ頃変えましたか?

今回は、わたしの体験も含めながら赤ちゃんのオムツのタイプについて説明していきたいと思います。

いつ頃からパンツ式に変えようかな?などと迷っているお母さんにとって、少しでも参考になれば嬉しいです。

テープ式からパンツ式に変える時期は?

赤ちゃんによって活動量も違いますし、これは非常に個人差があるとは思いますが、だいたいタッチができるようになってからパンツ式に変えたという人が多いのではないでしょうか。
ただ我が家では、実は4ヶ月ですでにパンツ式に変えていました。
これには理由があって…

・とにかく活発で、動き回る赤ちゃんだったこと

・ウンチがテープ式だと毎回漏れてしまっていたこと

・肌当たりが、パンツ式の方が負担がなさそうだったから

この3つから、早めにパンツ式に変えてしまいました。

ウンチに関しては、まだ離乳食も始まっていなくて母乳だったので、泥のようなウンチなわけですが、パンツ式にしてからは漏れることはなかったです。

背中も、いつもギャザーが食い止めてくれました。

もちろんパンツ式の方が高いのですが、何回も変えることを考えたらテープ式も大して変わらないことに気づいたんですね。

4ヶ月健診で、他のお母さんに「もうパンツ式使ってるんですか?」

と話しかけられたのですが、上記の理由を話すとそのお母さんもウンチが毎回背中に漏れるのを気にしていたようで、パンツ式に交換してみますと言っていました。

結構同じ悩みを持っているものなんだなと、その時に思いました。

ずっとテープ式でもおかしくない?

我が家は子供が2歳になったばかりなのですが、未だにテープ式を使うときがあります。

ある程度大きくなってからのテープ式を使うことのメリットとデメリットをまとめてみましたので、ご覧ください。

まず、メリットは…

・経済的!(パンツ式のLサイズは、高いので…)
・ウンチが固形なので、漏れることはない
・立っていても寝ていても交換可能

反対にデメリットは…

・テープを自分でとって、オムツを脱いでしまう
・腰や足の付け根の部分が擦れて赤くなってしまう
・おしっこが漏れやすい

うちの場合1歳半くらいの頃から、出かけるときはパンツ式を履かせて、家ではテープ式を使うようになりました。

あんなに暴れていた赤ちゃん時代が嘘のように、今はゴロンと寝ておとなしくオムツ交換をさせてくれるので、テープ式でも不都合はないのです。

以前、同じくらいの月齢の赤ちゃんが集まるサークルに参加したのですが、わたしと同じで経済的に助かるし、ウンチも漏れないから未だにテープ式!というお母さんが6割くらいいました。

結構多いんだなと、安心しましたよ!

こんなときはパンツ式に移行しよう!

テープ式からパンツ式に移行するタイミングがよくわからないという場合、参考にしてみてください。

・ウンチが背中から漏れてしまう

・オムツ替えのとき、暴れてうまく替えられない

・ハイハイをするようになった

・タッチができて、行動範囲が広がった

こんなときには、テープ式からパンツ式に替え時だと思います。
一度パンツ式に変えたとしても、だんだんウンチが固形になってきて漏れなくなれば、またテープ式を使うこともできます。
パンツ式のオムツのコマーシャルでも、ハイハイができたら交換時だと言っています。

やはり股関節をよく動かすようになってきたら、テープ式ではウンチが漏れてしまうことが多いのです。

つまり、テープ式からパンツ式に変えるのは、ウンチが漏れるから!という理由がほとんどだということになります。

周りのお母さんの意見を聞いていても、ほとんどがウンチ問題なのです。

パンツ式の一番小さなサイズはハイハイ用やSサイズなので、ぜひウンチの漏れで困っている時は思い切ってオムツのタイプを変えてみてくださいね!

まとめ

オムツのタイプをテープ式からパンツ式に変えるタイミングがイマイチわからない…。
結構大きいのにまだテープ式を使っているなんて、おかしい?!

テープ式をまだ使う月齢だけど、どうしても毎回ウンチが漏れてしまう…。
今回はこんな悩みにお答えしてきましたが、いかがでしたか?
赤ちゃんは自分で意見を伝えることができませんから、やはりお母さんが赤ちゃんの様子を見て、テープ式の方がいいのか、パンツ式に変えた方がいいのか見極めると良いと思いました。
テープ式はテープ式の良いところが、そしてパンツ式はパンツ式の良いところがありますからね!
それぞれのメリット、デメリットを参考にしていただければと思います。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供部屋をオシャレな家具や収納道具でスッキリ!インテリアの選び方

子供部屋ってカラフルな玩具が多く、整理整頓しているつもりでも、どうしても見た目に …

幼稚園児のお弁当。可愛く美味しそうに見せる簡単なコツを伝授します!

保育園は基本的に給食ですが、幼稚園はまだまだお弁当を持って行くという園は多いはず …

食事で育脳!頭の良い子を育てる食事の仕方

子供の脳は勉強だけでは育ちません。勉強した内容を上手に取り入れるためには、勉強の …

「五郎丸ポーズ」でラグビーが子供にも大人気!ラグビーを習うと得られる効果とは?

ラグビーの第8回ワールドカップイングランド大会で、初の1大会3勝を挙げた日本代表 …

男の子教育法
男の子に叱りすぎるスパルタ教育法はダメな子育ての代表例。プライドを傷つけないことが大事な男の子の育て方のコツ

「強くたくましく育って欲しい」と願うのは、男の子を育てているパパママには共通する …

活発な子どもを見ながらご飯支度…どうしたらいいの?

10ヶ月くらいになると、子どももだんだん行動範囲が広がってきて、活発になってきま …

知らないうちに「ダメな子」に育てていた?見直したい親の行動5つ

「わが子がいい子に育ちますように…」そう願うのは親であれば誰しも思うことでしょう …

子供に洗濯干しのお手伝いを頼む6つのメリット

子供にとって、お手伝いに大切なポイントは「考えて出来ること」「やり遂げたという達 …

どうして「イヤイヤ期」「魔の二歳児」になってしまうの?どう接したら?

1才を過ぎて言葉を話すようになると、自分の周りにあるものに何でも興味を持ち、おも …

リビング勉強法
小学生の勉強場所はリビングが最適!リビング学習のススメ

子供が小学1年生になると、新しいピカピカのランドセルと一緒に新品の立派な学習机を …