みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

卒乳のやり方とベストな時期は?授乳を卒業するまでの道のりを大公開!

   

illust2096

母乳育児をしているお母さんにとっては、卒乳の時期というのはとても悩ましいところだと思います。

今まで、子どもが産まれてからずっとがんばってきた母乳育児。
しかし授乳をしていると、お母さん自身の体力がもたない…でも、子どもの授乳中の嬉しそうな顔といったら…。

 

この2つの相反する気持ちで揺れ動き、わたしもなかなか卒乳に踏み切れませんでした。

でも我が子も2歳の誕生日を迎えて、わたし自身の体力も限界だったのもあり、思い切って卒乳へと駒を進めることにしました。

もうそこまで母乳も生産されていないと思っていたので、卒乳のときに胸が張るということもないかなと思ったのです。

そこで今回は、そんな我が家の場合の卒乳の道のりについて、経験談をご紹介します。

卒乳の準備をしていこう!

1日のうちに何回、と数えることすらできないくらいの授乳回数だった我が子。
病院や健診で「授乳回数は1日何回くらいですか?」と聞かれても、

「えっと、何回くらいなんでしょうね?」というレベルでした。

そこでまずは、いきなり授乳をやめるのではなく、段階的に卒乳を進めようというのがわたしの考えでした。

しかし、夜中も添い乳をしながらでないと寝ない我が子…一体どうなっちゃうの?と不安でいっぱいでした。

周りのママ友の声を聞くと、夜中ずっと泣き叫んでいたとかそういう壮絶な話をよく聞いていたので、ちょっと恐怖心を持っていました。

そこで卒乳の前の日、子どもに「明日からパイパイ無しで寝てみようね。パイパイにバイバイできる?」
と声かけをしてみました。

子どもは、わかっているのか、わかっていないのか…

「うん」と一言。

そこで、わたしは卒乳決行日のために準備をしていきました。

わたしの場合は、アンパンマンの虫刺されパッチを乳首に貼ってニプレスのようにし、授乳できないようにしようと考えました。

虫刺されパッチなら、スーッとした香りもあるので嫌がるかなと思ったのです。
肌が弱い人は、もしかしたら荒れちゃうかもしれないので、自身の責任で試してみてください。

わたしは、この効果は効果てきめんでした!

詳しくは、次の項目で説明していきますね。

卒乳初日、どう乗り切る?

卒乳の初日、夜だけ授乳をしないということで、夕方のお風呂の後からアンパンマンの虫刺されパッチを乳首に貼って準備万端です。
案の定、電気を消したらパイパイと行って近づいてきます。
しかし、服をめくったところ…

「パイパイがない!」と言ったような顔をして、代わりに大好きなアンパンマンの顔になっていることに不思議そうな顔をしながらも、「パイパイがアンパンマンになっちゃった!」

そんなことを言いながら、めくった服を戻したのです。

そして、そのまま胸に近づくこともなく…

パイパイのないわたしには興味ないと言いたげな感じで、パパの布団で寝てしまいました。

実は卒乳以来、ずっとパパの布団で寝ている我が子。

わたしは広い布団でのんびり眠れています。
夫の休日を利用して、わたしが外に遊びに行ったり、夫が子どもを連れ出したりして、なんとか昼間も授乳をしなくても良くなり…。

ついにパイパイに興味を示さなくなりました!

実に卒乳までの期間、5日間でした。

もしかしたら、夜の卒乳もスムーズに行ったのもあり、普通よりもすんなりいったのかもしれません。
でも、卒乳には夫の協力がないと無理だなと思いました。夫には、感謝です。

子どもの精神面のケアについて

 

卒乳をすることで、精神的に不安定になる子どももいます。

現にママ友の子どもは、わたしと一緒の時期に卒乳したのですが精神的に不安定になってしまい、断念したそうです。

まず親が卒乳できるかな?と子どもを試して、子どもがそれを受け入れて完了すれば問題はないのですが、精神的に不安定になるようなら、まだ卒乳は無理やりおこなわなくてもいいのかなと思います。

あくまで親の都合で卒乳するわけですから、ここはあと少しの時間、子どもの至福の時間に付き合ってあげるのも良いと思います。

我が家はあっけなく卒乳してしまったので、少し寂しかったり…。

でも、それはわたしのワガママですね。

子どもの様子をしっかり見ながら卒乳をしていくのも、必要だなと思いました。

まとめ

我が家の卒乳までの道のりと、子どものペースに合わせて卒乳するということが大切だとお話ししてきましたが、いかがでしたか?
卒乳にも様々な方法があります。

一気に全て授乳をシャットアウトするタイプ、そしてわたしのように夜から、など段階的におこなうタイプがあります。

子どもの特性を見極めた上で、どちらにするかをしっかりこちらも見極め、卒乳を実行していきましょう。
卒乳をしてからは、夜中起きないしご飯は良く食べるし、良いことづくしです。

わたしは、2歳という節目で卒乳してよかったなと思いました。

卒乳を考えているお母さんの、参考になれば嬉しく思います。
大変ですし、卒乳の期間は生活が不規則になりやすいですが、ここを乗り切ればグッスリ眠れますよ!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供が巻き込まれる悲しい事件…そうならない為に子供を「巻き込む環境をつくる」とは?

テレビのニュースを見ていると、子供たちが事件に巻き込まれてしまう事案がとても多く …

ストレス社会、子供にとっても同じこと!!子供たちの”SOSサイン”に気づいていますか?

現代社会=ストレス社会と言われています。 ストレスがたまると潰瘍・過食・アトピー …

子供の論理的思考能力を伸ばす方法は子供同士の喧嘩にあり!喧嘩の終わらせ方は問題解決の基本

「ケンカ」をすることは良くないことだと、子供たちは教わってきました。 最近では幼 …

育児ノイローゼ対策
育児を一人で抱え込まないことが大切。母親の育児ノイローゼを防ぐ方法は?

毎日かわいいお子さんとの生活。話しかけたらにっこり微笑んでくれたり、作ったものを …

叱り方を間違えて「無気力な子供」になってしまう育て方していませんか?

子供は環境で育つと言われています。 どんなふうにパパやママと関わって来たのかは、 …

ぐずる子ども
朝の忙しい時に子供をぐずらせない方法。スムーズに幼稚園まで送り届けるコツとは?

子育てをされているご家庭にとって、朝の忙しさと言ったらありません! 共働き家庭な …

秋こそお出かけ!子どもと動物園に行くメリットとは?

暑い夏が終わって秋になると、なんだかホッとしますよね。 夏の間は熱中症などが気に …

子供が3才までにお金を貯めたい!子供の貯金額…いくらが理想なのでしょうか?貯める方法は?

子供の教育費を考えた時、将来に渡って相当なお金が必要になる事は間違いありませんよ …

4〜5才になったら「ひらがな」にチャレンジ!楽しく取り組むコツ3つ

小学校に行くと必ず勉強する「ひらがな」ですが、4、5才になると自分から「書いてみ …

母乳が出にくい…でも母乳育児をしたい!産後に食べると母乳に良い食事や過ごし方

赤ちゃんを授かって、おっぱいをあげて…と、お産をしたばかりでもママは大忙しです。 …