みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

赤ちゃんのアレルギー対策。自治体主催のアレルギー予防教室で守る方法を学びましょう

      2015/07/28

子供のアレルギー対策
アレルギーを持つ子供は年々増えていますよね。
原因はさまざまですが、なってしまったら、その対策をきちんと知っておく必要があります。

「アレルギー予防教室」などを利用するのはいかがですか?

ハウスダストに食物や花粉…心配なんです

赤ちゃんを持つ親御さんにとって、アレルギーなどの症状はとても気になるものです。
ハウスダストや食物、花粉に至るまで、原因はいろいろありますよね。家族にアレルギー体質の人がいる場合などは特に、「もし赤ちゃんに症状が出てしまったら」…など考えると、やっぱり心配になりませんか?

そんな時に利用して欲しいのが「アレルギー予防教室」です。

知っていましたか?自治体で行われている「アレルギー予防教室」

増加の傾向にあるアレルギー体質の子供たちを考慮して、各自治体では「アレルギー予防教室」などを実施している市町村がたくさんあるんです。
ここでは、医師や専門家などによって、さまざまなアレルギーに対する生活指導や、栄養指導、スキンケア指導などがなされています。

自治体によって内容は変わるかもしれませんが、アレルギーが心配される赤ちゃんに対しては、離乳食の進め方なども教えていただけます。
専門医に相談するいい機会ですから、日頃心配に思っていることを聞くのは、不安が解消されるだけでなく、いざ症状が出てしまったときにも、慌てることなく対処できますよね。

「無料」で診てもらえる場合がほとんどなのです

国をあげて「子育て支援事業」が盛んに行われているのをご存知ですか?
こうした「アレルギー予防教室」もその一環として行われていることも多く、無料で参加できる場合がほとんどです。

ですから、こうした教室は積極的に利用したいですね。そこで同じ悩みを持つパパママにも会うことで悩みを共有したり、情報を貰ったりなど、交流を広げるきっかけにもなります。「アレルギー予防教室」では予約を必要とするところや実費が必要な所もありますので、お住まいの市町村に直接問い合わせて確認するのを忘れないでくださいね。

専門医による検診や血液検査が受けられることもあります

簡単な問診を受けて、さらに検査が必要になった場合など、検診、血液検査をそこでしてもらえることもあります。検査は医師が行うので、質問も受けてもらえますから、疑問に思ったことは遠慮しないで聞いてみましょう。
正しい知識をパパママが身につけることで、お子さんのアレルギー症状が改善することも期待できますし、うまくすれば治ってしまうこともあるのです。

ここは、お子さんのためにも、しっかりとレクチャーしてもらって、食事療法やスキンケアの方法など、積極的に聞いて覚えましょう。

いかがでしたか?
今回は「アレルギー予防教室」に焦点を当てましたが、子育てするパパママにとって、助成があったり援助があったりする自治体が増えています。
こうした機関を上手に利用して、不安に思うことをひとつでも減らしていけるといいですね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

お出かけには何を持って行く?子育てママに便利な持ち物を見てみよう!

夏休みも真っただ中で、お子さんと一緒にお出かけする機会も多いのではないでしょうか …

授乳中の頭痛…薬って飲んでも大丈夫なの?

授乳中だけれど、お母さんも人間ですから体調不良くらいにはなりますよね。 特に多い …

男の子
人の話を聞かない子供はどう注意すれば直るの?男の子が学校のことを話さない理由

小さなころは「ただいま!あのね、先生がね…」と毎日話してくれたのに、大きくなるに …

子供が片付けたくなる部屋作りをしてみませんか?親子で片付け上手を目指しましょう

「片付けられない女たち」など、ゴミ屋敷のような部屋に住む若い女性が度々テレビで取 …

集中力のない子供。勉強も習い事も毎日の「ちょっとずつ」で集中力を高めましょう

家で遊んでいる子供の様子を見ていると、やはり好きな事をしている時は「集中している …

潤ってると思われがちな赤ちゃんの肌の皮脂量…実は大人の半分!赤ちゃんの乾燥肌対策していきましょう

よくキレイで潤いのあるお肌のことを「赤ちゃん肌」などと表現する事がありますが、実 …

オムツが外れるまではダメ?赤ちゃんと温泉に入れる時期について

赤ちゃんのお世話をしていると、たまにはほっと一息つけるようなたいけんをしたくなり …

なかなかやめられない…母乳はいつまであげてもいいの?

だいたいのお母さんが、1歳半健診の時点で母乳を与えていると、保健師さんから「そろ …

どうして「イヤイヤ期」「魔の二歳児」になってしまうの?どう接したら?

1才を過ぎて言葉を話すようになると、自分の周りにあるものに何でも興味を持ち、おも …

幼稚園お受験は良く考えてから!身の丈にあった育児をしないと家計破綻してしまいます

子供の教育を考えたとき「できればいい環境の中で学ばせてあげたい」と思うのは、きっ …