みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

赤ちゃんのアレルギー対策。自治体主催のアレルギー予防教室で守る方法を学びましょう

      2015/07/28

子供のアレルギー対策
アレルギーを持つ子供は年々増えていますよね。
原因はさまざまですが、なってしまったら、その対策をきちんと知っておく必要があります。

「アレルギー予防教室」などを利用するのはいかがですか?

ハウスダストに食物や花粉…心配なんです

赤ちゃんを持つ親御さんにとって、アレルギーなどの症状はとても気になるものです。
ハウスダストや食物、花粉に至るまで、原因はいろいろありますよね。家族にアレルギー体質の人がいる場合などは特に、「もし赤ちゃんに症状が出てしまったら」…など考えると、やっぱり心配になりませんか?

そんな時に利用して欲しいのが「アレルギー予防教室」です。

知っていましたか?自治体で行われている「アレルギー予防教室」

増加の傾向にあるアレルギー体質の子供たちを考慮して、各自治体では「アレルギー予防教室」などを実施している市町村がたくさんあるんです。
ここでは、医師や専門家などによって、さまざまなアレルギーに対する生活指導や、栄養指導、スキンケア指導などがなされています。

自治体によって内容は変わるかもしれませんが、アレルギーが心配される赤ちゃんに対しては、離乳食の進め方なども教えていただけます。
専門医に相談するいい機会ですから、日頃心配に思っていることを聞くのは、不安が解消されるだけでなく、いざ症状が出てしまったときにも、慌てることなく対処できますよね。

「無料」で診てもらえる場合がほとんどなのです

国をあげて「子育て支援事業」が盛んに行われているのをご存知ですか?
こうした「アレルギー予防教室」もその一環として行われていることも多く、無料で参加できる場合がほとんどです。

ですから、こうした教室は積極的に利用したいですね。そこで同じ悩みを持つパパママにも会うことで悩みを共有したり、情報を貰ったりなど、交流を広げるきっかけにもなります。「アレルギー予防教室」では予約を必要とするところや実費が必要な所もありますので、お住まいの市町村に直接問い合わせて確認するのを忘れないでくださいね。

専門医による検診や血液検査が受けられることもあります

簡単な問診を受けて、さらに検査が必要になった場合など、検診、血液検査をそこでしてもらえることもあります。検査は医師が行うので、質問も受けてもらえますから、疑問に思ったことは遠慮しないで聞いてみましょう。
正しい知識をパパママが身につけることで、お子さんのアレルギー症状が改善することも期待できますし、うまくすれば治ってしまうこともあるのです。

ここは、お子さんのためにも、しっかりとレクチャーしてもらって、食事療法やスキンケアの方法など、積極的に聞いて覚えましょう。

いかがでしたか?
今回は「アレルギー予防教室」に焦点を当てましたが、子育てするパパママにとって、助成があったり援助があったりする自治体が増えています。
こうした機関を上手に利用して、不安に思うことをひとつでも減らしていけるといいですね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

駄々っ子な子どもに苦労していませんか?だだをこねるには理由があるんです!

スーパーで「買ってかってー!泣」と駄々をこねている子どもを一度は見たことあります …

過保護すぎる親「ヘリコプター・ペアレント」になっていませんか?子供の自立心を奪うダメ親の代表です

子供の成長を願うあまりに、手をかけ過ぎてしまったり、何でも先回りしてやってあげた …

「家庭内事故」に気をつけて!赤ちゃん乳幼児の事故で多いものって何?

「まだそんなに動くことはできないから大丈夫!」そう思って赤ちゃんを安全な場所へ寝 …

謙遜しすぎるのは考えもの!?「自分が好きだ!」と言える子供に育てよう!

「お利口さんなお子さんですね!」と誰かに褒められたとき、あなたはどんな返事を返し …

「きちんとしている子ね!」と思われるのは礼儀の基本「あいさつ」出来る子

「こんにちは!」と自分があいさつした時の相手の反応って、すごく気になりますよね。 …

発達障害の子供との付き合い方。子供にどう説明したらいい?

ここ数年、育児をしている方は「発達障害」という言葉を必ずと言って良いほど耳にして …

二人目の子どもが欲しい!3歳差ってどんな特徴があるの?

子どもがある程度大きくなってくると、そろそろ次の子どもが欲しいなと感じます。 で …

夏休み明けが心配!?子供のSOS、見逃さないで!

最近のニュースで「子供の自殺が一番多いのは、夏休み明けの9月1日です」と騒がれて …

鍵っ子の子供たちに教えておきたい7つの心得

夫婦共働きが多い現代、小学生の子供たちが自分で鍵を持って学校へ行き、帰宅後は自宅 …

過保護の違い
子供への「過保護」と「過干渉」の違い、分かりますか?

子供を可愛いと思うあまり、つい「過保護」になったり「過干渉」になってしまったりし …