みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

赤ちゃんのアレルギー対策。自治体主催のアレルギー予防教室で守る方法を学びましょう

      2015/07/28

子供のアレルギー対策
アレルギーを持つ子供は年々増えていますよね。
原因はさまざまですが、なってしまったら、その対策をきちんと知っておく必要があります。

「アレルギー予防教室」などを利用するのはいかがですか?

ハウスダストに食物や花粉…心配なんです

赤ちゃんを持つ親御さんにとって、アレルギーなどの症状はとても気になるものです。
ハウスダストや食物、花粉に至るまで、原因はいろいろありますよね。家族にアレルギー体質の人がいる場合などは特に、「もし赤ちゃんに症状が出てしまったら」…など考えると、やっぱり心配になりませんか?

そんな時に利用して欲しいのが「アレルギー予防教室」です。

知っていましたか?自治体で行われている「アレルギー予防教室」

増加の傾向にあるアレルギー体質の子供たちを考慮して、各自治体では「アレルギー予防教室」などを実施している市町村がたくさんあるんです。
ここでは、医師や専門家などによって、さまざまなアレルギーに対する生活指導や、栄養指導、スキンケア指導などがなされています。

自治体によって内容は変わるかもしれませんが、アレルギーが心配される赤ちゃんに対しては、離乳食の進め方なども教えていただけます。
専門医に相談するいい機会ですから、日頃心配に思っていることを聞くのは、不安が解消されるだけでなく、いざ症状が出てしまったときにも、慌てることなく対処できますよね。

「無料」で診てもらえる場合がほとんどなのです

国をあげて「子育て支援事業」が盛んに行われているのをご存知ですか?
こうした「アレルギー予防教室」もその一環として行われていることも多く、無料で参加できる場合がほとんどです。

ですから、こうした教室は積極的に利用したいですね。そこで同じ悩みを持つパパママにも会うことで悩みを共有したり、情報を貰ったりなど、交流を広げるきっかけにもなります。「アレルギー予防教室」では予約を必要とするところや実費が必要な所もありますので、お住まいの市町村に直接問い合わせて確認するのを忘れないでくださいね。

専門医による検診や血液検査が受けられることもあります

簡単な問診を受けて、さらに検査が必要になった場合など、検診、血液検査をそこでしてもらえることもあります。検査は医師が行うので、質問も受けてもらえますから、疑問に思ったことは遠慮しないで聞いてみましょう。
正しい知識をパパママが身につけることで、お子さんのアレルギー症状が改善することも期待できますし、うまくすれば治ってしまうこともあるのです。

ここは、お子さんのためにも、しっかりとレクチャーしてもらって、食事療法やスキンケアの方法など、積極的に聞いて覚えましょう。

いかがでしたか?
今回は「アレルギー予防教室」に焦点を当てましたが、子育てするパパママにとって、助成があったり援助があったりする自治体が増えています。
こうした機関を上手に利用して、不安に思うことをひとつでも減らしていけるといいですね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

パパやママの都合で子供の習い事を安易に決めていませんか?子供の将来を視野に入れて選択を!!

今、子供の習い事はスポーツ系から文科系、学習塾など多種多様にあります。愛する我が …

最初は良かったのに…苦手になってしまったママ友との付き合い、どうする?

子育てをするうえで必ずと言っていいほどついて回る「ママ友」という存在。 あるとき …

朝ご飯に嬉しい食パンを使ったレシピ集

朝食に手軽な食パン。 でも、トーストしてはちみつ・バター・ジャム・・・いつも同じ …

父親の家庭での役割は子供に仕事について語ること。子供に働く大人の背中を見せよう

近年では、父親が子育てに参加することが当たり前になってきましたが、それでも男性の …

ママ友から人望を集める素敵なママになりたい!ママ友グループで好かれるタイプの女性とは?

幼稚園や保育園へ通うようになると、やっぱり気になるのは「ママ友」の存在です。 「 …

テープ式からパンツ式へ替えるのっていつ?オムツ替えもっと楽にしよう!

あなたは紙オムツを使っていますか?生後まもなくの赤ちゃんのほとんどは「テープ式」 …

小学生の子供の夜尿症を治す!おねしょの原因は意外なところにあることも

子供はスムーズにいけば幼稚園入園前に夜中のおむつが外れます。個人差があり、幼稚園 …

インフルエンザも流行し始めている!子供の平熱、ちゃんと分かっていますか?

毎年冬が近づいてくるとインフルエンザの流行がニュースで取りざたされ、小さなお子さ …

母乳が出にくい…でも母乳育児をしたい!産後に食べると母乳に良い食事や過ごし方

赤ちゃんを授かって、おっぱいをあげて…と、お産をしたばかりでもママは大忙しです。 …

「睡眠」と「肥満」には関係があった!良い睡眠時間を確保して肥満や病気のリスクを減らしましょう

子供の生活環境も昔に比べると大きく様変わりしていて、夜遅くになっても小さな子供が …