みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

1人の時でも強い味方!陣痛タクシーって知ってる?

   

ninshin_jintsu

妊娠がわかってから少しずつ、でも着実に変わっていく自分の体を感じながらお腹の赤ちゃんと過ごす毎日。
そしていずれ迎える出産について考える機会も増えていきますよね。
陣痛で始まるのかな?それとも破水かな?どんな出産になるのかな?と考えたりして、色々なパターンを想像したりもするとは思いますが、いよいよお産となったときの移動方法についてもしっかり考えておかなければなりません。
夜や休日などパパがいるときは安心だけど、いないときは?
実家、義実家、近くに住む友だちなど誰か動いてもらえる人が居ればいいけど、いない時ってどうしたらいいの?と不安になる方もいるのではないでしょうか?
今回は最近増えつつありそんなときに頼りになる、陣痛タクシーやマタニティータクシーというサービスについて紹介します!

 

陣痛タクシーって何?

1人の時に陣痛が来てしまったり、破水が起きて、自分では運転出来ないけど誰も運転してくれる人もいない。でも早く病院に行かなくては!という場合、どうやって移動すればいいのか本当に困ってしまいますよね。
出産では危険な兆候があるなど特別な場合を除いて救急車は呼ばないように指導されますし、救急搬送は近所の目も気になります。
そこでお願いしたいのがタクシーですが、普通のタクシーであればシートを汚してしまったらクリーニング代を支払ったりしなければいけませんが、陣痛タクシーの場合には防水シートが備えられており、破水などでシートを汚してしまう心配がいらなくなっています。
また、事前登録をしておくので陣痛が来て痛みで行き先を上手く伝えられないなどの心配もいりません。
登録をしておいた会社へ連絡すると家まで迎えに来てくれて、産婦人科まで事前の登録通りに送ってくれるのでどんな状況になるかその時にならないとわからない出産においては心強い味方となるでしょう。

料金は通常のタクシーとは違うの?

その会社によって多少の違いはあると思いますが、多くの会社が通常の料金と同じで利用できます。
メーター料金+迎車料金が必要となりますが、どちらも通常のタクシーでも必要となる料金ですので陣痛タクシーだからと特別にかかる料金はなく安心です。
また、会社によっては事前登録でクレジットカードでの支払いも登録できるそうでその場合には降りるときにお金を支払う必要もないので、よりスムーズですね。

車内で生まれたりしたらどうしよう

破水でシートが汚れても防水シートが備えられていて安心だったり、事前登録の利用でとても楽に送迎して貰えることはわかったのですが、もしも車内で生まれてしまったりした場合のことを考えると救急車の方が安心だし…と思ってしまったりもしますよね。
陣痛タクシーのサービスを行っている会社では、運転手さんが救命救急講習を受けていたり、助産師さんから指導を受けている会社も多いそうです。
実際に運転手さんが医療行為を行うことは出来ないのですが、登録している産婦人科と連絡を取ったりしながら適切な対応をしてくれます。
講習を受けた運転手さんが送迎してくれるとなると安心ですよね。

余裕を持って口コミなどの情報から安心できる会社に登録を!

自分の住む地域で検索をかけるときっといくつかの陣痛タクシーのサービスを行う会社が出て来ることと思います。
中には事前登録をしていたのにも関わらず乗車拒否をされたケースなども少ないながらあるようなので、そのようなことのないように口コミや会社のホームページなどをよく読んで安心出来る会社に登録しましょう。
また、会社によっては破水時はタオルやごみ袋を持って来るよう言われることもあるので、必要な持ち物の確認も忘れずにしましょう。
そして、出産は思っていたより早くに兆候が訪れることもあります。
まだ日があるからと先延ばしにしていて予想外に早く産気づいたときに登録できてなかった!とならないように、余裕もしっかり持って早めに登録しましょう。

産院で教えてもらえることもあります

産婦人科によっては陣痛タクシーを登録したいと言うと、提携していたり、いつも利用している会社を紹介してくれることもあります。
たくさんある会社の中でどこがいいかわからない場合、産院がいつも利用している会社であれば安心できますよね。
陣痛タクシーの利用を考えられているママさんは、一度ご自分のかかっている産婦人科にて相談してみてはいかがでしょうか?

事前に登録しておくことで、いざというときの安心感に繋がります

出産は始まる日も始まり方も予想がなかなか付かず、赤ちゃんのタイミングを今か今かと待つことになります。
また、楽しみはもちろん、出産についての不安があるのはママだけではありません。
特にパパに関しては、ママが1人の時に陣痛が来たらなどママと同じように不安もあるでしょう。
そんなみんなの不安を少しでも解消して出産に挑めるようにも、準備できることは準備してその時に備えたいものですね。




おすすめ記事


 - 未分類

  関連記事

痒いのもジカ熱も避けたい!蚊を予防する方法と対策ってどんなものがある?

まだまだ暑い日が続きますが、夏といえば暑さはもちろんですが、蚊も気になりますよね …

テレビが子どもに悪影響って本当?どんな影響があるの?

「子どもにテレビを見せると良くない」と聞いたこと、みなさん一度はあるのではないで …

片頭痛で辛い…薬に頼らないで直す方法や対処法は?片頭痛に効く民間療法まとめ

子育てに家事にと忙しい毎日を過ごしていると、身体も疲労が蓄積されてしまってあちは …

赤ちゃんの肌がカサカサに!乾燥肌を防ぐ方法とは?

赤ちゃんの肌というと、ぷにぷにしていて柔らかく滑らかなのを想像しますが… 実は肌 …

炊飯器でご飯とおかず、一緒に作って節約生活!時間短縮の炊飯器活用していきましょう

仕事に家事に子育てに…と、毎日忙しくて自分の時間を作ることでさえ難しい主婦業は、 …

子供への絵本
子供におすすめの絵本や教本ベスト7!心を育てる読書をしよう

子供にとって幼少期には、ママが絵本を読んであげることで本に親しむことが心の成長に …

子育てにイライラやストレスはつきものです。自分を責めるのではなく、どんな対処法があるか考えてみましょう!

子育て中は、仕事をしていても・仕事をしていなくてもストレスはつきものです。 「マ …

子どものお昼寝っていつまで必要?お昼寝卒業っていつ?

赤ちゃんの頃は毎日自然としていたお昼寝ですが、大きくなってくるにつれていつまで必 …

里帰り出産した方がいいの?里帰り出産のメリットとデメリットって?

妊娠がわかったらまずは病院選びが始まりますよね。 健診に通う産婦人科が決まれば、 …

高級掃除機やサプリメントを買ったけど子供のアトピー性皮膚炎が治らなかった。無理に対策するのではなく付き合い方を考えた方が得策です

アトピー性皮膚炎。大人も子供も同じ数の人が耐えがたい痒みと闘っているのではないで …