みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

赤ちゃんへのキスは虫歯の原因になる可能性あり。キスはほっぺやおでこがいい理由とは

      2015/07/28

子供の虫歯
可愛い赤ちゃんは家族にとってアイドルのような存在です。
抱っこして、キスして…でもちょっと待った!
赤ちゃんへの「キス」、口にしているパパママは要注意です!
その行為があるリスクを伴うこと、知っていましたか?

ついやってしまいがちな赤ちゃんへのキス。口にしてしまうと大変です

「赤ちゃんにキスをすると虫歯が移る」って、聞いた事はありませんか?
まさかキスしたくらいで…と思われるかも知れませんが、実はこれ、本当なんだそうです。
パパママを含め、ほとんどの大人は虫歯になった経験がありますよね?

現在は治療して完治していたとしても、口の中には「虫歯菌」が存在してしまいます。これは一度でも虫歯になったひとなら誰しも持っていますから、パパママも例外ではないでしょう。

生まれたばかりの赤ちゃんは「虫歯菌」を持っていないのです

「虫歯菌」いわゆる「ミュータンス菌」ですが、生まれた赤ちゃんには存在しないことも分かっています。
だけど大きくなるにつれて「虫歯」になってしまうのは、周りからの感染しか考えられませんよね。

これは、直接的なキスだけではなく、「間接キス」でもうつってしまうそうです。例えば、パパママが使ったスプーンで赤ちゃんにあげたり、食べ物を冷まそうとフーフーするだけでもダメだといいます。これはそうとう気をつけないといけませんね。

乳歯が虫歯になってしまった!だけど生え変わるから心配いりませんよね?

乳歯が生えてくると、どうしても虫歯になってしまうことはあります。
「でも全部抜け替わっちゃうんだから、平気でしょ?」というパパママもいらっしゃいますが、これは必ずしも大丈夫、とは言えません。

乳歯が虫歯になってしまうと、柔らかいので進行も早く、ひどいとあっと言う間に神経まで到達してしまいます。あごの発達やその後生えてくる永久歯にまで影響が出ることもあるので、やはり虫歯にならないほうがいいのは言うまでもありません。

赤ちゃんでも「歯みがき」を習慣づけましょう

歯が生え始めたら「歯みがき」をスタートさせましょう。今後の習慣として慣れさせるためにも、赤ちゃんの頃から歯ブラシでパパママが磨いてあげることは、とても大切です。

さらに、フッ素などが入った歯みがきジェルを使うことも、虫歯予防につながりますのでオススメです。

定期的な「歯科検診」は、赤ちゃんからがいいみたい

市などで実施されている歯科検診は1歳半で行われることが多く、そこで「虫歯デビュー」してしまう子も多いのだそうです。
赤ちゃんの頃から歯科検診を定期的に受けることで、虫歯になるリスクを減らす事もできますし、赤ちゃんへのケアをレクチャーしてもらえますから、虫歯対策をきっちり行うことができるのです。歯並びについても相談できますので、かかりつけの歯科医を作っておきましょう。

赤ちゃんは自分で虫歯予防ができません。
小さい頃の口へのキスは、極力避けたいですね。ほっぺにちゅーで我慢しましょう!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

思春期になっても「パパが大好き」な子供を育てるためには?

「パパ嫌い」「パパはいなくてもいい」という子供たちの声をよく耳にします。時には、 …

子供の食べ物の「好き嫌い」を克服するには?

お子さんが成長して大きくなるにつれて、食べ物の好き嫌いは、パパママにとっても悩み …

嫌がる子供の「歯みがき」は毎日大変…ちょっとした工夫で楽しく磨こう!

子供の歯が生えてくると、虫歯にしないために毎日「歯みがき」をお子さんにしてあげて …

学校での様子が気になるときは、子どもの友達を積極的にお家に招こう。

学校での子どもの様子、お友達はいるのか?勉強についていけているのか?などなど心配 …

子供が巻き込まれる悲しい事件…そうならない為に子供を「巻き込む環境をつくる」とは?

テレビのニュースを見ていると、子供たちが事件に巻き込まれてしまう事案がとても多く …

子供の人格形成
子供の健全な人格を作る幸せホルモン「オキシトシン」って凄い!スキンシップで生まれる幸せホルモンと心理的効果

赤ちゃんから幼児期にかけて、その子の「人格」が形成されていくわけですが、その鍵を …

避けられないママ友とのお付き合い…上手にこなしてストレスを無くしませんか?

幼稚園、小学校など、子供が大きくなるにつれて「ママ友」の存在は頼もしいと感じる一 …

子どものおもちゃ、厳選したほうがいい?それともたくさんあったほうがいいの?

子どものおもちゃは、赤ちゃん用品店などに行くと実に様々なものが売られていて、次か …

子育てならぬ「孤育て」に悩むママが増えている…「孤育て」にならない為に出来る事を実践していきましょう

「何で私だけが子育てしなくちゃいけないの?」「子供と二人きりの毎日で社会から取り …

「家庭内事故」に気をつけて!赤ちゃん乳幼児の事故で多いものって何?

「まだそんなに動くことはできないから大丈夫!」そう思って赤ちゃんを安全な場所へ寝 …