みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

赤ちゃんへのキスは虫歯の原因になる可能性あり。キスはほっぺやおでこがいい理由とは

      2015/07/28

子供の虫歯
可愛い赤ちゃんは家族にとってアイドルのような存在です。
抱っこして、キスして…でもちょっと待った!
赤ちゃんへの「キス」、口にしているパパママは要注意です!
その行為があるリスクを伴うこと、知っていましたか?

ついやってしまいがちな赤ちゃんへのキス。口にしてしまうと大変です

「赤ちゃんにキスをすると虫歯が移る」って、聞いた事はありませんか?
まさかキスしたくらいで…と思われるかも知れませんが、実はこれ、本当なんだそうです。
パパママを含め、ほとんどの大人は虫歯になった経験がありますよね?

現在は治療して完治していたとしても、口の中には「虫歯菌」が存在してしまいます。これは一度でも虫歯になったひとなら誰しも持っていますから、パパママも例外ではないでしょう。

生まれたばかりの赤ちゃんは「虫歯菌」を持っていないのです

「虫歯菌」いわゆる「ミュータンス菌」ですが、生まれた赤ちゃんには存在しないことも分かっています。
だけど大きくなるにつれて「虫歯」になってしまうのは、周りからの感染しか考えられませんよね。

これは、直接的なキスだけではなく、「間接キス」でもうつってしまうそうです。例えば、パパママが使ったスプーンで赤ちゃんにあげたり、食べ物を冷まそうとフーフーするだけでもダメだといいます。これはそうとう気をつけないといけませんね。

乳歯が虫歯になってしまった!だけど生え変わるから心配いりませんよね?

乳歯が生えてくると、どうしても虫歯になってしまうことはあります。
「でも全部抜け替わっちゃうんだから、平気でしょ?」というパパママもいらっしゃいますが、これは必ずしも大丈夫、とは言えません。

乳歯が虫歯になってしまうと、柔らかいので進行も早く、ひどいとあっと言う間に神経まで到達してしまいます。あごの発達やその後生えてくる永久歯にまで影響が出ることもあるので、やはり虫歯にならないほうがいいのは言うまでもありません。

赤ちゃんでも「歯みがき」を習慣づけましょう

歯が生え始めたら「歯みがき」をスタートさせましょう。今後の習慣として慣れさせるためにも、赤ちゃんの頃から歯ブラシでパパママが磨いてあげることは、とても大切です。

さらに、フッ素などが入った歯みがきジェルを使うことも、虫歯予防につながりますのでオススメです。

定期的な「歯科検診」は、赤ちゃんからがいいみたい

市などで実施されている歯科検診は1歳半で行われることが多く、そこで「虫歯デビュー」してしまう子も多いのだそうです。
赤ちゃんの頃から歯科検診を定期的に受けることで、虫歯になるリスクを減らす事もできますし、赤ちゃんへのケアをレクチャーしてもらえますから、虫歯対策をきっちり行うことができるのです。歯並びについても相談できますので、かかりつけの歯科医を作っておきましょう。

赤ちゃんは自分で虫歯予防ができません。
小さい頃の口へのキスは、極力避けたいですね。ほっぺにちゅーで我慢しましょう!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供の地頭力を鍛える
ピアノを習っている子供は頭が良くなる。音楽が子供の地頭力を鍛えるのに役立つ理由とは?

英語、体操教室、リトミック…。 お子さんに「何か習い事をさせてあげたいけど、どれ …

妊娠高血圧症候群の危険性!高齢出産でなければ大丈夫!…とも限らない?

妊娠高血圧症候群という病気をご存じですか?妊娠しているママや、そのお腹にいる赤ち …

無駄遣いしていないのに貯金ゼロ…貯金の「出来る」「出来ない」の差のある家庭は何が違うのでしょうか?

「無駄使いなんてしていないのに、全然貯金が出来ないんです…」と、悩む子育て世代の …

子供の防犯
子供の防犯に死角は無い?見晴らしがよい道路でも危険な理由とは?

最近小学校では住んでいる地域の「ハザードマップ」などが作られて、子供の防犯の意識 …

子供を「スマホ依存」にさせたくない!幼児期から気をつけたいこと3つ

近年、スマートフォンの普及により子供を取り巻く環境は大きく様変わりをしています。 …

イヤイヤ期の子供と上手につき合う方法とは?子供の自己形成期に必ずある試練

1〜2歳頃になってくると、突然やってくる「イヤイヤモンスター」。 あれもイヤ、こ …

ママ友付き合いでのトラブル喧嘩防止方法。ママ友との上手な付き合い方のコツ

子供が生まれたら避けて通れないのが、ママ友との付き合い。子供同士が友達、家が近所 …

子供部屋をオシャレな家具や収納道具でスッキリ!インテリアの選び方

子供部屋ってカラフルな玩具が多く、整理整頓しているつもりでも、どうしても見た目に …

過保護の違い
子供への「過保護」と「過干渉」の違い、分かりますか?

子供を可愛いと思うあまり、つい「過保護」になったり「過干渉」になってしまったりし …

幼少期の「なぜなぜ期」を大切にしてあげると勉強好きな子になる!

小学校へ入学すると義務教育が始まり、得意、不得意に関わらず一通りの勉強をすること …