みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

思春期になっても「パパが大好き」な子供を育てるためには?

   

father_kids

「パパ嫌い」「パパはいなくてもいい」という子供たちの声をよく耳にします。時には、パパに向かってひどい言葉を投げかける子供さえいます。家族のために一生懸命お仕事してくれているパパが、なぜこんなにも嫌われるのでしょうか?
本当は、力強いパパ・優しいパパ・時には怖いパパが大好きなはずなのに・・残念なことですね。反抗期になると、子供は大好きだったママに反発するようになります。言い争いになることもあるでしょう。
そんな時、パパの存在がとても大事になってくるのです。家庭を平和に保つためのキーマンとなります。パパ・ママ・子供の関係が円満であれば、家庭の中が落ち着いていたら、思春期以降の子供の心は安定しています。
学校生活も問題なく過ごすことができるでしょう。では、どのように過ごせば、そんな親子関係が作れるのでしょうか?

パパを大切にできていますか?

私たち家族が安心して生活できるのは「パパ」の存在があるからです。家の中に居てくれるだけで心が安定するのです。もし、パパがこの家からいなくなったら・・ということを想像してみて下さい。

経済面・パパのお給料があるから今の生活が保てていませんか?これがママだけのお給料になったら、もしくは全てなくなったらどうなりますか?
防犯面・大人の男性が家の中にいなくなるということは女性や子供にとっては不安がいっぱい。夜になったら帰ってくるという安心は大きいものです。
生活面・家事や育児、多少なりとも手伝ってもらいながら生活しています。それをママが全て一人で行うことを考えるだけで疲れませんか?

毎日生活していると、当たり前のことになってしまいます。「一緒に暮らしているんだから当たり前よ」とさえ、思ってしまいがち。
ここで、パパに感謝の気持ちを持って下さい。「ありがとう」と思うだけで、ママのからだから幸せホルモン「オキシトシン」が放出されます。

パパを大切に思っていると、言葉や態度に現れるものです。そんな幸せそうなママの姿を子供はよく見ているのです。そして子供はパパとママの愛をたくさん浴びて幸福感に包まれます。
ママが大切にしているパパのことを、子供が嫌いになるはずがありませんね!(逆パターンも同じことが言えます)

 

 

子供の前でパパの悪口を言ってませんか?

夫婦とはいえ、もともとは他人同士。異なる家庭で育ったわけですから、どんなに素晴らしい人でも、生活の中でちょっとしたズレは必ず出てきます。

「もう!!○○してくれたらいいのに」「どうしてこんなことをするの?」ということもあると思います。そのたびに、思ったこと感じたことを怒りとしてストレートにぶつけていませんか?

その後も、普段からの怒りを子供たちに愚痴っていませんか?愚痴るどころか、怒りの方向を弱い子供たちに向けていませんか?このとき、子供たちはどんな気持ちでしょうか?

「パパがママを怒らせた」「パパはママが嫌がることばかりしてる」「そんなパパなんて嫌い」という感情が湧きます。自分ではただの一時的な感情の爆発が、パパの愚痴や悪口を聞かされる子供は「パパ嫌い」という感情がどんどん大きくなっていくのです。これは不本意です。

ちょぴり腹が立っても、ちょっぴり思っていたことと違っても、子供の前では懐の大きいママでいましょう。前述したようにパパを大切にしていたら、ちょっとしたことは気になりません。これも含めてパパなんだ!!と思うことができますよ。
子供はいつだってママの行動や言動を見ていること、忘れないで下さいね。

 

子供にはママが一番なのです

10歳になるころまで、子供にとって一番大切なのは「ママ」です。心理学的にいうと最重要他者!ママの言うこと、することが何よりも大切。だから、ママが好きなものは自分も好き・ママが嫌いなものは自分も嫌いなのです。ママがどのようにパパに接するかで、子供のパパに対する想いや態度が変わっていくのです。

もちろん、パパが子供に愛情を持って接していくことは大切だし、それがなければ子供に好かれることはないでしょうが、大抵のパパは「子供に嫌われたくない」と思っているはずです。

最近では子供に嫌われたくないばかりに、子供のご機嫌取りをしたり、子供の言うなりになっているパパを見かけますが、これでは反抗期・思春期以降の親子関係が心配ですね。
子供のご機嫌取りをする必要はありません。そんなことをするよりも、パパとママが仲良く、お互いを大切に生活すればそれで良いのです。パパとママが仲良しなら、子供はパパとママが大好きです。
家の中はオキシトシンで溢れ、家族中がいつも仲良しです。

 

まとめ

子供がパパ大好きでいるためには、最重要他者であるママの舵取りではないでしょうか?ママの言葉・態度・表情が全て子供に影響します。小さい子供にとってママは「全て」なのです。
そんなママがパパと喧嘩ばかりしていたら、悪口ばかり言ってたら、パパを嫌いになるのは当然です。将来の親子関係が悲しい結果にならないよう、パパ・子供たちとうまく接して下さいね!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

食事で育脳!頭の良い子を育てる食事の仕方

子供の脳は勉強だけでは育ちません。勉強した内容を上手に取り入れるためには、勉強の …

子供に「自分を知る」機会を与えていますか?親の押しつけは子供の希望を奪ってしまう!?

幼児期のお子さんを持つパパママにとって、わが子がどんな大人になるのか心配、あるい …

赤ちゃんの「イタズラ」は怒っちゃダメ!?脳が育っているって本当?

赤ちゃんがハイハイ出来るようになり、歩けるようになり…と、だんだん行動範囲も広が …

鍵っ子の子供たちに教えておきたい7つの心得

夫婦共働きが多い現代、小学生の子供たちが自分で鍵を持って学校へ行き、帰宅後は自宅 …

子供にお金の教育をする上手な方法は小学生の頃からお小遣いを与えること

子供には“お小遣い”をあげていますか? また、それはいつからですか? 我が家では …

子育てならぬ「孤育て」に悩むママが増えている…「孤育て」にならない為に出来る事を実践していきましょう

「何で私だけが子育てしなくちゃいけないの?」「子供と二人きりの毎日で社会から取り …

子供が片付けたくなる部屋作りをしてみませんか?親子で片付け上手を目指しましょう

「片付けられない女たち」など、ゴミ屋敷のような部屋に住む若い女性が度々テレビで取 …

子供の日焼けは体に悪い?赤ちゃんのための日焼け対策のおすすめ

ちょっと前までは「日焼けは健康的!」などと言われていましたが、最近の科学医療では …

子供パソコン注意点
小さな子供に自宅でパソコンを使わせる際の注意点。これだけは絶対に覚えておきたい3つのポイント!

小学校の指導要綱にパソコンが導入され、自宅では一家に1台・・・いえ1人1台パソコ …

どうしたらいい?子供の反抗期、小学校の子供の反抗期にはこう接していきましょう

「小さい頃はあんなに可愛かったのに…」小学校や中学校へ行く年齢になると、親との関 …