みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供の健全な人格を作る幸せホルモン「オキシトシン」って凄い!スキンシップで生まれる幸せホルモンと心理的効果

      2015/07/27

子供の人格形成
赤ちゃんから幼児期にかけて、その子の「人格」が形成されていくわけですが、その鍵を握っているのが「幸せホルモン」と呼ばれるものなのです。

この「幸せホルモン」がいっぱいになるにはどうしたらいいのでしょうか?

「幸せホルモン」の正体は「オキシトシン」というものです

人は、人に触れ合うと幸せな気持ちになったり、安らぎを感じたりしますよね。それは、大人でも、小さな赤ちゃんでも同じことです。このとき脳からは「オキシトシン」というホルモンが分泌されていて、気持ちを安定させたり、もっと愛情を深めたりする効果があるという研究結果があるそうです。

これは、スキンシップをすることがとても効果的で、「だ〜いすき!」とお子さんをぎゅっと抱きしめるとその分泌が盛んになることが分かっています。ですから、小さい頃からの子供との触れ合いって、とても大切なのですね。

お子さんの脳内だけではなく、このとき、パパママの脳内にもオキシトシンは分泌されます。お子さんと触れ合うことで、一緒に幸せな気分になれるということが、科学的にも証明されているというのは、びっくりですよね。

心理学からみた人格形成は0〜3歳なんだそう

人格形成は幼少期に経験したことや、感じたことなどが大きく関係しているのはご存知のとおりですが、心理学において重要な年齢というのが、0〜3歳で、さらに6歳までの親子関係も起因しているんだとか。
もしもこの頃に虐待を受けるなど、心に大きな傷を負ってしまうと、先ほどの「幸せホルモン」の分泌は十分になされませんよね。
そうすると、オキシトシンは社会性を高めたり、信頼感の形成にも効果をもたらすともいわれていますから、そうした部分が育たないまま、大人になってしまうのです。

スキンシップは「幸せホルモン」をいっぱいにする近道なんです

この「幸せホルモン」の凄さは分かっていただけたと思いますが、ではどうすれば、オキシトシンはいっぱい分泌されるようになるのでしょうか?それはとっても簡単なことです。お子さんとの「スキンシップ」なのです。

「おはよう!」の抱っこや「いってらっしゃい!」のチュッ、「おかえりなさい!」のむぎゅ〜まで、どれをとっても、オキシトシンが盛んに分泌されるためにはとても効果的なのです。実に簡単だと思いませんか?

仕事で疲れているときなどは、正直「面倒くさい…」ときもあるかも知れません。
だけど一瞬でいいのです。
「大好きだよ!」と言いながら抱っこをするだけです。
愛情表現の多さが子供の心を育てるのです。

これをするのとしないのでは、人格形成に大きな差を生んでしまう事になりますから、普段から習慣にしてしまいましょう。パパママの心の安定にとっても効果的なのですから、やらない方がもったいないですよ。

それに、とっても寂しいことですが、大きくなると抱っこもチュッもいずれさせてくれなくなりますよ!幼い今がチャンスです!
思う存分スキンシップして、幸せオーラ全開の子育て、楽しんでくださいね!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

お父さんにも育児に参加してほしい!心強いパートナーに育てよう!

今はもはや当たり前の存在になりつつある「イクメン」。 しかし、まだまだイクメンに …

先輩ママの体験談<ピアノ>幼少期の習い事のメリット・デメリット。

成長が著しい幼少期にどんな習い事をさせるか悩む親御さんも多い中、常に人気の習い事 …

中学生のニキビ治療
中学生の思春期ニキビ治療法&予防法。スキンケアで10代の肌荒れは防げます

早い子で小学校高学年になると、顔にニキビが出始めます。 中学生特有の思春期ニキビ …

落ち着きのない子供になる?「ながら子育て」は今すぐ止めよう!

時間に追われている現代社会では、子育てと言えども例外ではなく、パパもママも子供と …

子供を甘やかす
子供を甘やかすのと甘えさせるの違いとは?子供の言いなりになるのは親としてダメな理由

「甘えん坊だなあ」「そんなに甘やかしちゃダメだよ」どちらも同じ「甘える」という言 …

子供の日焼けは体に悪い?赤ちゃんのための日焼け対策のおすすめ

ちょっと前までは「日焼けは健康的!」などと言われていましたが、最近の科学医療では …

早くしなさい
子供が指示待ち人間になってしまう「早くしなさい」という親の口癖

朝の登園準備をしているのに、テレビを見たまま動かない子供… 「何してるの!早くし …

育児ノイローゼ対策
育児を一人で抱え込まないことが大切。母親の育児ノイローゼを防ぐ方法は?

毎日かわいいお子さんとの生活。話しかけたらにっこり微笑んでくれたり、作ったものを …

「家庭内事故」に気をつけて!赤ちゃん乳幼児の事故で多いものって何?

「まだそんなに動くことはできないから大丈夫!」そう思って赤ちゃんを安全な場所へ寝 …

子どものおもちゃ、厳選したほうがいい?それともたくさんあったほうがいいの?

子どものおもちゃは、赤ちゃん用品店などに行くと実に様々なものが売られていて、次か …