みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

先回りし過ぎて子供の「表現力」を潰してしまっていませんか?豊かな表現力を身につける為にできる事とは?

   

illust2016世の中を見渡してみると、社会で成功していたり、家庭で幸せを築いている人たちって、とても「表現力」に秀でていると思いませんか?例えば面白い発想を思いついても、人の前だとモジモジしていたのではその発想や才能を伝える手段がありませんから、学校での評価もなかなか上がらない…ということも考えられます。子供の才能を伸ばしてあげたいと思うのが親心ですが、先回りし過ぎると子供の表現力を潰してしまうので注意が必要です。

子供の気持ちを読み取り過ぎて、先回りした行動をしていませんか?

子供の事を大好きで、子供の事なら何でも分かってしまうような子育てに一生懸命なパパママ、とても素敵だと思います。ただ、あまりにも子供の事を理解し過ぎているパパママは、「あれ?遊び疲れて喉が渇いているかも?」と思うと「はいジュース」と子供へ差し出し、「もしかしたらお絵描きして遊びたい?」と思えば「はいクレヨンとお絵描き帳」といった具合に、子供から何も言われていないし、要求されていないのにも関わらず、先回りして行動してはいないでしょうか?

これでは、子供自身が言葉にする機会を奪っていると思いませんか?「欲しい」と思っていたものが自動的に目の前にある…これでは自分の気持ちを誰かに伝える事がいつになっても出来ない状態を作り出してしまっているのです。

「喉が渇いているかも」と察知したとしても、子供が「ジュース飲みたい」と言ってくるまで待つ、ということも表現力を養う意味では必要だといえます。

「あそこに猫がいる!」「見て!花が咲いてるよ!」何でもパパママが子供に伝えていませんか?

公園にお出かけをした時、家の中では味わえないような自然に触れたりすると、子供もワクワクして楽しい時間を過ごせると思います。そんな時、パパママが「ねえ!あそこに猫ちゃんがいるよ!」「ほら!お花が咲いてる。きれいだね!」などと子供に声かけするでしょう。

もちろん、こうした声かけは子供の気持ちをワクワクさせますし、親子のコミュニケーションとなりますから大切なことです。しかし、パパママが見たもの全てを「ほら見て!」と子供に教えていたのでは、子供自身が何かに気付く、考える、その時感じた気持ちを伝える、という行動が出来ないままでは思考力さえも成長できなくなってしまいます。

時には、子供自身に周りの変化や面白いものに気付かせてあげる事で、その時の驚きや感激した気持ちを子供発信で体験させてあげましょう。「ねえ!ママあれ見て!ちょうちょさん!」など、子供が教えてきてくれた時は、「ほんとだね!可愛いね〜!」などパパママもワクワクした気持ちで聞いてあげるといいですね。

いかがでしたか?ついやってしまっている行動が、子供の表現力を奪ってしまうことにもなるのですね。子育ては「待つ」「気付かせる」「考えさせる」のもとても重要です。先回りし過ぎないように、お子さんとも触れ合いを大切にしていきましょう。

 




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

我が子を大学まで進学させたい…無理なく貯金するのはいつがベスト?

お子さんが産まれると、その子の将来を考えたり夢を見たり…親御さんの期待は膨らむで …

発達障がいで「自閉症スペクトラム」って言われたけど、どういうこと?

お子さんが年齢を重ねていて検診を受けたとき「自閉症スペクトラムかもしれませんね」 …

七五三って、数え年がいいの?それとも満年齢がいいの?

夏が過ぎれば、本格的に七五三シーズンに入りますね。 多くの写真館が、早い段階で七 …

妊娠高血圧症候群の危険性!高齢出産でなければ大丈夫!…とも限らない?

妊娠高血圧症候群という病気をご存じですか?妊娠しているママや、そのお腹にいる赤ち …

外出先での子供の迷惑行為…子供に腹を立てているのではなく、見られているのは「親の態度」です

最近のニュースで、ベビーカーで赤ちゃんを連れたママがバスに乗ったとき、赤ちゃんが …

子供のアレルギー対策
赤ちゃんのアレルギー対策。自治体主催のアレルギー予防教室で守る方法を学びましょう

アレルギーを持つ子供は年々増えていますよね。 原因はさまざまですが、なってしまっ …

なかなか思う通りに言うことを聞いてくれない!イライラしないためには?

イヤイヤ期に突入すると、今まで思い通りにならなかった我が子が、ますます思い通りに …

ママ友から人望を集める素敵なママになりたい!ママ友グループで好かれるタイプの女性とは?

幼稚園や保育園へ通うようになると、やっぱり気になるのは「ママ友」の存在です。 「 …

子どもは親の行動をよく見ている!真似っこ上手な1、2歳児の特徴とは?

普段の何気ない行動でも、完全コピーをしてくる侮れない子どもの観察力。 挨拶だった …

グローバルな子供に育てたいなら、まずは「食事のマナー」から!世界中でも重要視されています

現代社会ではグローバル化が進み、これからを生きる子供たちはますます世界へと飛び出 …