みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

整理整頓や片付けで子供に考える力をつける!「収育」教育法とは?

      2015/07/27

0seiード
「収育」という言葉を聞いた事はありますか?
今までの「整理整頓」とはちょっと違ったこの「収育」。

今の時代にあったお片づけをしていこうというものです。では「収育」とはどういうものなのか、調べてみました。

いま話題の「収育」ってどういうものなの?

あまり聞き慣れない方も多いかもしれませんが、子供のお片づけを話題にするとき、出てくるようになった「収育」という言葉。昔から言われてきた「整理整頓」という考えかたを現代風にパワーアップさせた、というと分かりやすいでしょうか。

昔は家庭に兄弟姉妹が多数いたので、ひとりで「モノ」を占める割合も少なかったので、片付けすることもさほど大変ではありませんでした。しかし、今の子供たちは「モノ」を豊富に持っていますから、単なる「片付け」だけでは処理しきれないのが現状です。

それをきちんと仕分けられる子供に育てていこうというのが、そもそもの「収育」の考えだといえます。

「収育」で、どんな子が育つのでしょうか?

「片付けられない子供たち」が急増している昨今ですが、一人当たりのモノの多さが一因であることは間違いなさそうです。そこで必要となるのが「収育」です。

まずは「考える力を養う」ことがあげられます。

多くの物の中で、いる、いらないを仕分けたり、片付けるときに「大きさや色で分ける」「いつも使うものは手前にしまう」など工夫をすることで、判断力や優先順位を考える力が身に付きます。

そして「ものを大切にしようとする心」が生まれます。

いる、いらないを考えて片付けるということは、「いる」と決めたものは大切にしたい「モノ」ですよね。自分自身で決断を下したのですから、よりいっそう愛着がわくでしょうし、大切にしようと思うはずです。

さらには「自立心を育む」ことにつながるのです。

自分が大切にしているオモチャを、自分の力できちんと片付けができた…これは「成功体験」をしたことになりますから、達成感や充実感をともないますよね。さらにそのことを褒めてもらったりすることで、「今度もきちんと片付けよう!」という気持ちが生じ、自分で順序立てて片付けられるようになるでしょう。こうして自分で考えて行動できる子供へと育っていくのですね。

「お片付け」のなかにある「教育」を見つけました

子供は、普段の生活の中から「学ぶ」ことはたくさんありますよね。
この「お片付け」ひとつにしても、これだけ学ぶことがあり、育つ部分がいっぱいあるのです。

そう考えると、「まったく片付けられなくて嫌になっちゃう」と思っていた事も、子供にとっては「学び」なんだと思えば、時間をかけてじっくり育てていきたいですよね。

「収育」は、とても奥が深そうです。収納を学ぶだけではなくて、そこで出てくる問題に立ち向かうこと、片付けられた達成感、いる、いらないの判断力。いろんな分野において成長期に育てていきたい要素が詰まっているのかもしれませんね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供達に人気の手作りおやつ!とっておきの4選

子供の友達が遊びに来る!そんな時、ポテトチップスやクッキーなど、市販のお菓子を用 …

ママ友の家にお呼ばれ!お土産はどんなものを持っていけば良い?

ママ友ができて、ある程度親しくなるとお互いの家に遊びに行く機会も増えてきます。 …

先輩ママの体験談<ピアノ>幼少期の習い事のメリット・デメリット。

成長が著しい幼少期にどんな習い事をさせるか悩む親御さんも多い中、常に人気の習い事 …

子供の「言葉遣い」気になりませんか?ママの言葉や話し方が子供のコミュニケーションに影響します!!

子供が使う「言葉」について考えたことがありますか?また、ご自身が使っている「言葉 …

子供を「スマホ依存」にさせたくない!幼児期から気をつけたいこと3つ

近年、スマートフォンの普及により子供を取り巻く環境は大きく様変わりをしています。 …

離乳食を始めた途端、便秘で苦しがる!なんとかならないの?

離乳食が始まる前はなんともなかったのに、離乳食が始まった途端に便秘になったという …

秋こそお出かけ!子どもと動物園に行くメリットとは?

暑い夏が終わって秋になると、なんだかホッとしますよね。 夏の間は熱中症などが気に …

「きちんとしている子ね!」と思われるのは礼儀の基本「あいさつ」出来る子

「こんにちは!」と自分があいさつした時の相手の反応って、すごく気になりますよね。 …

実の母から昔の育児論を押し付けられる!うまくかわすための3つの秘策

  なかなか良い関係を築くのが難しい義理のお母さんならば、育児に対して …

子供が喜ぶホットプレートを使った簡単アイデアレシピ

毎日の食事に、どれくらいの頻度でホットプレートを活用していますか? 大きな調理器 …