みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

口癖で節約できるって本当!?家計大助かりの「節約口癖」を習慣にして賢い買い物をしていきましょう

   

illust3497毎月の家計簿をつけていると「なんでまた赤字になっちゃうの?…」と、節約を頑張っているのに効果が出なくてがっかり…なんていう事ありませんか?そうすると、節約に対する意欲も無くなってしまいますから「もう節約やーめた!」と、投げやりになってしまいがちです。節約を諦める前に、ちょっとした「口癖」をつぶやいてみませんか?

節約しているようで節約になっていなかった、失敗しがちなパターン、あなたもやっていませんか?

主婦になって家族の生活費をやりくりするようになると、「少しでも貯金出来るように節約しなくちゃ!」と奮起し、さまざまな努力をすると思います。そんな思いが強過ぎるあまり、ついやってしまいがちな失敗は「バーゲン」「セール」「安売り」といったキャッチコピーで惑わされてしまう事です。

確かに、いつもの値段に比べると安くてお得な品物ばかりかも知れませんが、家に帰ってきてその品物をまじまじと見てみると、「あんまり好みじゃないかも…」と、そのまま放置する事になってしまったり、結局誰かにあげたりと、必要ではない物まで買ってしまう可能性が高いのです。

「大安売り!」などというキャッチコピーは魅力的ですが、惑わされない気持ちを持ちましょう。

節約口癖1、「これって、本当に必要な物かしら?」

先ほどの魅力的な「バーゲン」に遭遇してしまうと、その誘惑に負けそうな時がありますよね?そんな時に思い出して欲しいのが「節約口癖」なのです。

「確かに安いけど…これって本当に必要かしら?」目の前の品物を見て、こうつぶやいてみましょう。そこで一瞬冷静になることで、目の前の品物の必要性を再確認するのです。ただ単に「安さ」に踊らされているだけだと判断できれば、ここで買う事はありませんから、余計な出費にならずに済みますよね。

節約口癖2、「この品物…1週間経っても欲しいと思うのかな?」

これも節約にはとっても効果的な口癖です。例えば、を見つけて欲しい気持ちが揺さぶられたとします。バーゲン品ですからそれはとっても魅力的です。だけど、そのワンピース、1週間後に同じ状況になっても本当に欲しいと思えるでしょうか?今は凄く魅力的に見えるけど、時間が経ったら着なくなるかも知れないな…。

「一週間後も欲しいものかな?」と思うだけで、自分の今後の状況を判断する事ができ、そのワンピースを着る機会や頻度など、きっと瞬時で考えるでしょう。すると、不思議と「たぶんいらない」という判断になる事が多く、ここでも節約、大成功です。

節約口癖3、「これを買ったら、どれだけ効果があるのかな?」

やはり、買い物をする目的はその「効果」です。食べ物でも衣類でも趣味の物でも、最大限のパフォーマンスが期待できるのであれば、そのお買い物は「効果的」なはずです。

子供の絵が入選した!今日はちょっと奮発して高いお肉ですき焼きにしよう!という時、少し値段は張っても、最大限の効果をもたらしてくれますよね。

「節約口癖」を習慣にすると、毎月の節約にきっと効果が出てきます。節約は緩急も大切!ぜひトライして下さいね。




おすすめ記事


 - 未分類

  関連記事

子供(2歳~3歳)のトイレトレーニングってどんなことから始めて行ったらいいの?

2歳を過ぎて、おしゃべりもだんだんできるようになってきたら、そろそろトイレトレー …

子どもの仕上げ磨きっていつまで必要?仕上げ磨きは親子のスキンシップにもなる!

歯が生えて来たら、歯磨きをしてあげたり、子どもが自分で磨くようになっても仕上げ磨 …

子どもはいびきをかかないって本当?そのいびき、睡眠時無呼吸症候群かも!

子どもが大人のようにガーガーと大きないびきをかいていたら、寝苦しいのかな?と気に …

赤ちゃんの肌がカサカサに!乾燥肌を防ぐ方法とは?

赤ちゃんの肌というと、ぷにぷにしていて柔らかく滑らかなのを想像しますが… 実は肌 …

もうすぐ敬老の日。でもこんな行動になってはNG!感謝を気持ちよく伝えましょう

日頃からお世話になっているおじいちゃん、おばあちゃん。普段は忙しい毎日だからこそ …

駄々っ子な子どもに苦労していませんか?だだをこねるには理由があるんです!

スーパーで「買ってかってー!泣」と駄々をこねている子どもを一度は見たことあります …

炊飯器でご飯とおかず、一緒に作って節約生活!時間短縮の炊飯器活用していきましょう

仕事に家事に子育てに…と、毎日忙しくて自分の時間を作ることでさえ難しい主婦業は、 …

子供への絵本
子供におすすめの絵本や教本ベスト7!心を育てる読書をしよう

子供にとって幼少期には、ママが絵本を読んであげることで本に親しむことが心の成長に …

10年後もきれいな可愛いママでいるために!!今から始める「3つ」の取り組み

毎日が育児と家事に追われ、はっと気づくと今日は一日中部屋着だった、お化粧するのを …

子どものお昼寝っていつまで必要?お昼寝卒業っていつ?

赤ちゃんの頃は毎日自然としていたお昼寝ですが、大きくなってくるにつれていつまで必 …