みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

「奴隷おじさん」が書類送検された事件…こうした事件から子供を守るにはどうしたらいいのでしょうか?

   

illust255最近のニュースで「奴隷おじさん」と呼ばれる50代の男性が女性に声をかけ、書類送検された事件が発生しました。今回はそれ以上の被害はなかったと言う事ですが、一歩間違えればさまざまな事件に巻き込まれかねない事案です。子供たちをこうした事件から守るために親として出来る事を考えてみたいと思います。

「奴隷おじさん」は50代の男性…「いじめてほしい。奴隷にしてください」

岐阜県岐阜市内のコンビニ駐車場で通り掛かった女性に「いじめてほしい。奴隷にしてください」などと声を掛け、公共の場でみだらな言動をし、女性をはずかしめたとして県迷惑防止条例違反の疑いで書類送検されました。男性は「他人に支配されたい願望を満たしてくれる女性を見付けたかった」と供述し、これまでもJR岐阜駅などで不特定多数の女性に声を掛けていた、という事件です。

こうした事件は後を立たず、子供に声をかけて連れ去って監禁したり、暴行被害にあったりする事件も多く聞きます。しかし、24時間子供と一緒の行動を取れるはずもありません。子供を犯罪から守るためには、まず、「何が危険なのか」を知る必要があるでしょう。

住んでいる地域で危険な場所を知る、ひとりで行動しないこと…何度も繰り返し教えていきましょう

小学校などでは「ハザードマップ」として地域の危険箇所を地図にしたものを子供に知らせたり、不審者には近づかないなどの指導をしていると思います。しかし子供は好奇心の塊ですから、多少の危険を経験してみたい…そんな欲求も持ち合わせています。ですから、こうした指導をしていても、何かの拍子に「好奇心」が勝ってしまい、危険な場所へ立ち寄ってしまう…そんなことも想定しておかなくてはなりません。

ここで大切なのは「男の人に無理矢理車で連れ去られたらどうする?」「道を聞くふりして身体を触られたら嫌でしょ?」と、具体的に「どんな事件が起こりうるか?」を子供に分かりやすく説明しておく事です。そうすることで子供も「危険ってこういう事なんだ」と自覚し、自分自身を守る為の行動を考えるきっかけになるでしょう。

子供ひとりひとりに合った「オーダーメードの防犯対策」をしましょう

子供の性格はもちろん、体力なども人それぞれですよね。学校の先生よりも「親」が子供の特性を一番良く知っているはずです。ですから、その子に応じた「オーダーメードの防犯対策」が必要なのです。

例えば、おとなしいタイプの女の子には「あなたの大切な体は、知らない人には絶対に触らせてはダメなのよ?もしそんな事があったら大きな声で助けを呼ぶの。全然恥ずかしいことじゃないからね!」など、見ず知らずの不審者が体を触ろうとする事があるかも知れない、でもそれは絶対に許してはいけない、と明確に伝えましょう。

何時の時代にも子供をターゲットにした事件は無くなりません。だけど、事件に合わない為にはどうすればいいかの理解を深める事で、事件を未然に防ぐことに繋がります。子供を守る為に親が出来る事、もう一度考えてみませんか?

 




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

断捨離の効果で運気改善!断捨離ライフで子育ても楽しくなるその方法とは?

最近はもう聞き慣れたこの「断捨離」という言葉ですが、子育て中のママは育児に忙しく …

子供の食べ物の好き嫌いを直す方法。叱るのではなく時間をかけて直そう

野菜嫌い、お肉きらい、果物嫌い!子供の好き嫌いに頭を悩ませるママはとても多いと思 …

毒親問題
一所懸命に子育てをする親ほど毒親になる危険性が高い。拡大化する「毒親問題」あなたは大丈夫ですか?

最近よく聞くようになった「毒親」という言葉ですが、ここには根深い闇が潜んでいるこ …

失敗した時こそ褒めるべきだった!困難にもめげない子供に育てるには?

昨今の若者が社会に出たとき問題になるのは、上司に起こられたからという理由ですぐに …

「きちんとしている子ね!」と思われるのは礼儀の基本「あいさつ」出来る子

「こんにちは!」と自分があいさつした時の相手の反応って、すごく気になりますよね。 …

テープ式からパンツ式へ替えるのっていつ?オムツ替えもっと楽にしよう!

あなたは紙オムツを使っていますか?生後まもなくの赤ちゃんのほとんどは「テープ式」 …

夏風邪
子供の夏風邪トリオ予防方法。夏風邪の症状など詳細まとめ

『夏風邪トリオ』 夏になり、以前こんなママ同士の会話がありました。 「うちの子、 …

子供が喜ぶ昼食に冷たい麺類のレシピご紹介!トマトパスタなど美味しい麺類メニュー

夏休みが近付くと、ママの頭を悩ませるのが毎日のお昼ご飯ではありませんか?自分だけ …

出しっ放しのおもちゃはもう卒業!「片付け上手」な子どもに育てる方法とは?

「おもちゃ片付けなさい!」と口を酸っぱくして言い続けても、毎日毎日散らかり放題の …

子どもは親の行動をよく見ている!真似っこ上手な1、2歳児の特徴とは?

普段の何気ない行動でも、完全コピーをしてくる侮れない子どもの観察力。 挨拶だった …