みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

クレジットカードでスマートに会計してお得をゲット!年間2万円節約になるクレジットカード活用術

   

illust3472日々の生活の中では食費に光熱費、住居費、学費…あげるとキリがないほどの出費をしている事に気付かされます。これらは生活を営む上で必要最低限かかるお金なので、節約しようと思ってもなかなか削れる部分ではありませんよね。しかし、こうした生活費をある方法で支払うだけで、年間2万円の節約になるとしたら嬉しいと思いませんか?その方法とは?見ていきましょう。

クレジットカードを利用しないなんてもったいない!クレジットカードを使うとどんな節約になるのでしょうか?

普段の生活でお買い物をする時、お財布からお金を取り出してお支払いすると思います。至って普通の光景です。しかし、現金で会計した場合、その後には何もメリットはありませんよね?

ところが、クレジットカードでお支払いをした場合はどうでしょうか。

クレジットカードを活用することで利用額に応じてポイントが還元されたり、ポイントを貯めて商品券やマイルに交換したり、最近多いのは電子マネーへチャージ出来たりと、今買い物の支払いをして終わりではなく、色んな形態にはなりますが最終的には「お金」として利用出来る形になって戻ってくるのです。

還元率2%のカードの場合を見てみましょう。もしも月10万円をクレジットカードで払ったとすると、年間120万円の利用となり、その還元される額は24000円です。年間で2万円以上も節約できてしまう計算になるのです。

どんな場面でクレジットカードが使えるのか知っておくと便利です

最近では、スパーマーケットやコンビニ、ガソリンスタンドなど、クレジットカードが使える所がほとんどですので、お財布にクレジットカードを入れておいて買い物の際に利用するだけで、自然とお金を貯めることが出来ます。また、現在銀行引き落としにしている生活費の中でも、クレジット払いが出来る場合があるので要チェックです。

例えば、電話、携帯電話、インターネット、電気、ガス、水道、新聞などもそうですし、生命保険料や損害保険料もクレジット対応している会社はとても多いです。最近では家賃や医療費などもクレジットで払う事が出来るところも増えてきているので、チェックしてみる価値はありそうです。

こうした生活費は固定された金額ですし、通帳に入れておくだけで自動的に引き落とされますよね。銀行引き落としよりも、さまざまな形で還元されるクレジットカードで支払うようにするだけで、大きく節約できてしまうのです。

クレジットカードは多く持たずに1、2枚だけで集中して使うようにしましょう

こうして様々なところでクレジットカードを使えるわけですが、なるべく1、2枚だけにして、ポイントを集中して集めましょう。その理由は、貯めたポイントには期限があり、1〜2年で失効してしまう場合があるからです。そのため、1、2枚に集中してポイントを貯めることで、有効にポイント利用が出来るという訳です。

クレジットカードでの支払いはスマートな上に節約もできるのですから、利用しない手はありませんね!




おすすめ記事


 - 未分類

  関連記事

症状別!子どもの体調が悪いときにできるホームケアって?

子どもが風邪を引いてしまったとき、とても不安ですよね。 病院で薬はもらって来たけ …

フライング検査って知ってる?メリット3つ、デメリット2つ紹介します!

  妊娠を望んでいる女性にとっては生理予定日が近付くと、「妊娠してるか …

テレビが子どもに悪影響って本当?どんな影響があるの?

「子どもにテレビを見せると良くない」と聞いたこと、みなさん一度はあるのではないで …

赤ちゃんの目ヤニが多い!これって異常なの?

なんだかいつもよりも目の開きが良くない!良く見てみると…目ヤニがびっしりと付着し …

里帰り出産した方がいいの?里帰り出産のメリットとデメリットって?

妊娠がわかったらまずは病院選びが始まりますよね。 健診に通う産婦人科が決まれば、 …

駄々っ子な子どもに苦労していませんか?だだをこねるには理由があるんです!

スーパーで「買ってかってー!泣」と駄々をこねている子どもを一度は見たことあります …

炊飯器でご飯とおかず、一緒に作って節約生活!時間短縮の炊飯器活用していきましょう

仕事に家事に子育てに…と、毎日忙しくて自分の時間を作ることでさえ難しい主婦業は、 …

高級掃除機やサプリメントを買ったけど子供のアトピー性皮膚炎が治らなかった。無理に対策するのではなく付き合い方を考えた方が得策です

アトピー性皮膚炎。大人も子供も同じ数の人が耐えがたい痒みと闘っているのではないで …

子どもが上手に片付けをするコツってあるの?片付けやすい工夫をしよう!

  まだお片付けを出来ない時期は子どもの散らかしたおもちゃはママが片付 …

赤ちゃんの肌がカサカサに!乾燥肌を防ぐ方法とは?

赤ちゃんの肌というと、ぷにぷにしていて柔らかく滑らかなのを想像しますが… 実は肌 …