みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供に過干渉なママは旦那さんに冷たい傾向が?夫婦関係を修復して過干渉から抜け出しましょう

   

illust3236子育てをしていると、子供の思いがけない行動にヒヤヒヤしたり、着替えする様子を見てじれったくなってしまう事、きっとあると思います。ここで過干渉のママは「危ないからダメ」「着替え手伝ってあげるね」など、子供の事全てを把握し、手を出してしまうでしょう。そうした過干渉なママの中には、旦那さんには全然無関心…という場合も多いのだと言います。

旦那さんとの関係が上手くいっていない不満が、子供への「過干渉」になっている可能性もあるようです

普段の生活の中で旦那さんとの関係が険悪な状況にあると、奥さんは多大なストレスを感じ、自分の不安な気持ちや空虚感に押しつぶされそうになります。すると、側にいる子供へと目が向くのですね。子供を愛するが余りに必要以上の愛情を注ぎ過ぎてしまうことで、「過干渉」という行動になるのです。

過干渉なママは、子供の行動や考えること、全てが気になって仕方がありませんから、すぐに手を差し伸べたり、口を出したり、子供を自分の都合のいいようにコントロールしようとします。

子供はママに絶大な信頼を寄せていますから、ママの言うことは絶対ですし、着替えを手伝ってくれれば優しいと感じるかもしれません。こうして、自分の言うことを聞く子供がますます愛おしくなり、そしてますます支配することで、自分に出来た溝を埋めようとするのです。

「過干渉な親」に育てられた子供はいつまでたっても「自立」することが出来なくなってしまいます

言葉を話したり、自分の足で立って歩いたり走ったり…子供が健やかに成長するに従って「自分で出来る」ことが増えていきますよね。それに伴い失敗することも増えますが、子供はそんな失敗をして学びながら、さらに次へのステップへとつながっていくのです。

しかし、過干渉な親に育てられると子供は「失敗」をする機会を奪われてしまう事になり、自分で考え、自分で思ったとおり行動することが出来ません。ですから、自尊心や自己肯定感が低くなり、自分に自信を持てない子供になってしまいます。こうした環境で育った子供は出来事に過剰に反応したり、落ち込みやすくなり、不登校やうつの原因にもなりかねません。

夫婦関係を修復するには「ケンカ」も必要!お互いを改めて良く知る機会を作りましょう

何となく会話が無くなって、何となくお互いを気にしなくなってしまった…長年夫婦をしていれば、そうした事は良くあることです。そこで「どうせ言ったって直らないから…」と諦めてしまってはいませんか?

もしも不満があるのなら、思い切ってぶつけてしまいましょう!お互いに言いたことを我慢して、その分の不安や不満が子供への過干渉になっているのであれば、その方が子供にとっては大迷惑です。改めて話す機会を設けることで、今まで思っていたことを伝え、相手の気持ちも良く聞きましょう。トラブルを避けるのを選ぶより、お互い言い合ってスッキリした方が、きっと気持ちも晴れやかになるはずです。

過干渉で子供の将来を潰してしまう事のないように、小さな不満は小さいうちに取り除いていきましょうね。




おすすめ記事


 - 夫婦関係お役立ちコラム

  関連記事

夫の『自分の時間が欲しい』を理解出来ないと夫婦喧嘩が絶えない家庭になる

女性にとって最も理解し難い男性の習性として『自分の時間が欲しい』というものがあり …

結婚生活を長続きさせるコツはお互いに余裕(ゆとり)を持つこと。ストレスを溜めないようにする方法とは?

家庭は夫婦で支えるものですから、互いに気を配り、どちらかがへばったら、もう一方が …

夫婦関係改善
子育てが原因の夫婦喧嘩を防ぐ方法。パパとママの意見の違いを上手に利用しよう

パパもママも、子供を同じように可愛いと思っているはずなのに・・・ 子育てにおいて …

価値観が一緒だと夫婦円満って本当?価値観を近づける為にこうしよう!

結婚して子供が出来て家庭生活を過ごしていく中で、「何だか旦那と価値観が合わない気 …

旦那さんへの小さな不満が「離活」につながる!?奥さんを「イラッ」とさせてしまう旦那さんの行動とは?

今や離婚する夫婦は珍しくない時代となっていますが、お子さんが小さいご家庭では、そ …

今こそ見直そう!子供と同じくらいに「旦那さんへの愛情」注いでいますか?

「あなたはお子さんと旦那さん、どちらを大切に思っていますか?」と聞かれたとき、あ …

「もしかして妊娠?」妊婦生活でしても良い事、悪いこと、食生活などについて知っておくと安心です

赤ちゃんがお腹に宿ったと分かった時、喜びと同時に「これからの生活、どうなるのかな …

へそくりの正しい使い方って知ってる?へそくりは共有財産か特有財産かどっち

家計をやりくりする主婦にとって、密かなへそくりをコツコツ貯めることは楽しみのひと …

小さい子どもがいても良好な夫婦関係を築くコツを大公開!

小さい子どもを育てていると、どうしても子どもばかりに意識がいって旦那さんに対して …

パパに不満を持つママ、こんなに多いの?パパに知ってもらいたい子育てママたちの本音!

子育て中のパパさん、ご存じですか? 子供がいるママの、なんと60%以上が「パパへ …