みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

無駄遣いしていないのに貯金ゼロ…貯金の「出来る」「出来ない」の差のある家庭は何が違うのでしょうか?

   

illust3352「無駄使いなんてしていないのに、全然貯金が出来ないんです…」と、悩む子育て世代のご家庭は、意外に多いように感じます。子供の将来のことを考えれば、やはり貯金をしてないとこれからの生活が不安ですよね。同じ年収世帯でも、貯金がスムーズに出来る家庭、貯金額ゼロになってしまう家庭…そこにはどんな差があるのでしょうか?

常に「お金がない状態」になる家庭には、ある共通点が見られます

あるファイナンシャルプランナーさんによると、同じ年収世帯でもお金の使い方や考え方に違いがあると、その貯金額は大きく差がついてしまうと言います。「お金が貯まらない」家庭の中身を覗いて見ると、ある共通点が見えてくるといいます。

貯金が出来ない家庭の共通点1、「自分へのご褒美が多い」

子育て中のパパママは、常に自分の時間を犠牲にしたり、子供優先の生活になってしまいますから、時にはストレスを感じることも多いかも知れません。すると、「いつも頑張っているんだから!」と自分へのご褒美といっては洋服を買ったり、車の買い替えたりしていませんか?

もちろん、育児のストレスを溜め込むことは良いとは思いませんが、買い物する事がストレス発散になってしまうと、いつまでも貯金をすることが出来ませんね。

貯金が出来ない家庭の共通点2、「今が楽しいからいいじゃない」

小さなお子さんとの思い出をたくさん作ってあげたいと、休日の度に遊園地へ出かけたり、レストランで食事をしたり、年に何度も旅行をしたり、とても良いことだと思います。

しかし、そのレジャーに掛けているお金は、収入と見合っているでしょうか?

子供と作る思い出は、お金を掛けなくても十分に楽しめること、たくさんありますよ。近所の公園に手作りお弁当を持ってピクニックに出かけたり、高い入場料がかからない無料の遊具施設や動物園など、探せばたくさんあるはずです。

貯金が出来ない家庭の共通点3、「エアコンに頼り過ぎてしまう」

季節が変わる度に、暑さ、寒さに耐えなくてはならない時期もありますね。そこでとても便利なのがエアコンですが、少し気温が上がっただけでクーラーを使ったり、寒い時期には暖房を付けてしまっていませんか?適度な気温を保つことが出来るエアコンは、スイッチひとつで快適な空間を作ってくれますが、かなりのガス代、電気代が掛かっていることをつい忘れがちです。

翌月の光熱費をチェックしたらあまりの金額に驚いてしまった…というような状況では、貯金が出来るはずはありませんよね。一年間の光熱費サイクルをきちんと把握することが大切です。

どうしても光熱費のかかる夏場では、エアコンの温度設定を高めにしたり、かき氷を食べて涼しさを味わう工夫、冬場は洋服をもう一枚来て温かくするなど、対策を考えていくようにしましょう。

「無駄遣いしてない」と思っていても実は使い過ぎていた…ということは良くあります。それに気付いて、節約すれば、その分貯金出来るようになるでしょう。家計をこまめにチェックしてみてくださいね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

赤ちゃんが離乳食を食べてくれない理由とは?はじめての離乳食ガイド

母乳やミルクが卒業に近づくと『離乳食』が待っています。早く1人で食べてほしい、大 …

4〜5才になったら「ひらがな」にチャレンジ!楽しく取り組むコツ3つ

小学校に行くと必ず勉強する「ひらがな」ですが、4、5才になると自分から「書いてみ …

卒乳のやり方とベストな時期は?授乳を卒業するまでの道のりを大公開!

母乳育児をしているお母さんにとっては、卒乳の時期というのはとても悩ましいところだ …

赤ちゃん吐き戻し
離乳食の吐き戻しが多い時の対処法。赤ちゃんの嘔吐後の水分補給には経口補水液をあげよう

赤ちゃんは自分で食べる量をセーブできません。 食べたくない!いやいや!と言って拒 …

コミュニケーション能力が低下する?気をつけよう!幼児期の『夜更かし』

赤ちゃんの頃は眠る感覚が短いので、夜も昼も眠る生活でしたが、1〜2歳になると体も …

子供の心に大きな傷を作ってしまう間違った叱り方とは?支配と教育の違いを認識しよう

子供が悪いことをしてしまった時、「叱る」ことはとても大切なことです。 しかし、最 …

子供の日焼けは体に悪い?赤ちゃんのための日焼け対策のおすすめ

ちょっと前までは「日焼けは健康的!」などと言われていましたが、最近の科学医療では …

運動神経のいい子供を育てる方法!遺伝ではなく育て方で運動神経は伸びます

子供は体を動かすのが大好きです。公園へ行くとかけっこする姿に、「私に似ちゃうとか …

嘘
反省のない子供の「嘘」はママの心の問題が大きく関係している

「嘘つきは泥棒の始まりだよ!」子供が何か「嘘」をついてしまったとき、親として悲し …

小さい子どもを連れて行く外食、どんなところが良い?

2歳以下の小さい子どもと一緒に外食をするとなると、様々なことが気になってしまって …