みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

グローバルな子供に育てたいなら、まずは「食事のマナー」から!世界中でも重要視されています

   

illust1381現代社会ではグローバル化が進み、これからを生きる子供たちはますます世界へと飛び出していく社会になっていくでしょう。子供の将来を思い、さまざまなしつけをしているかと思いますが、その中でも「食事のマナー」は世界的に見ても重要視されていることのひとつです。食事のマナーはその人の日常を良く表すものですから、小さい頃からきちんと身につけさせてあげたいですね。

まずは「食事は楽しい!」と思えるような雰囲気つくりを心掛けましょう

食事は、人が生活を営む上で欠かせない習慣でありますから、普段の生活の様子が一番あらわれやすい時間とも言えますよね。特に子供では、親のしつけ方によってそれぞれ変わってきますから、まさに「子は親の鏡」です。

食べ方のマナーを覚える前に、まずは「食事は楽しい!」という事を知って欲しいのです。家族みんなで囲む食卓の楽しさ、目で見て、鼻で香りを感じて、舌で味わうことの喜びを知ることで、脳への良い刺激になりますから、「食育」という言葉があるのも頷けますよね。

身につけさせたい食事マナー1、「くちゃくちゃ食べない」

幼い子供に多いのが「くちゃくちゃ音を立てて食べる」ということです。大人になってからもこうした食べ方をしている人をみかける事がありますが、一緒に食事をしていても不快になりますし、やはりマナー違反と言わざるを得ません。欧米などでは、最も軽蔑するべき行動のひとつとして捉えられてしまいます。

大人になってからですと、注意してくれる人も減ってしまいますし、直すのも時間が掛かります。幼い子供時代に親がきちんと「口を閉じて音を出さないで食べなさい」と注意してあげましょう。

身につけさせたい食事マナー2、「食器をがちゃがちゃさせない」

これも欧米などではとても神経質に感じる場合が多いです。食事は楽しく食べることが大前提ですが、その楽しい時間を乱されることを何より嫌います。

日本はお箸の文化ですから、食事中に食器で音を立てることはほとんどありませんが、欧米ではお皿とスプーン、フォークですから、ぶつかれば簡単に音が出てしまいます。時には欧米スタイルの食事にしたりして、お子さんに練習させてあげるといいかもしれませんね。

身につけさせたい食事マナー3、「口の中に食べ物を入れたまましゃべらない」

子供と食事をしていると、突然思い出したかのように「あ!そうだ!」などと、口の中に何か入っている状態でも、思いついたことをしゃべり出してしまうこと、良くあることだと思います。ですが、これもやはり食事をする上ではマナー違反です。話した時に口の中から食べ物が飛び出してしまうなども考えられますし、何より見苦しいですよね。

話をしたい気持ちを尊重しながらも、「口の中が空っぽになってから教えてね」など、その都度根気よく注意していきましょう。

食事マナーは、子供の将来に役立つ習慣となるのです。いきなり身に付くものではありませんから、たとえ家族だけの食事であってもマナーを守って食べるようにしましょうね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供のおんぶには子育てに必要な要素が詰まっています。おんぶのスキンシップ効果とは?

今の時代にはほとんど見かけなくなってしまった「おんぶ」の習慣。 30年ほど前には …

「赤ちゃん言葉」は子供の言語発達に効果的!子育ての時は赤ちゃん言葉を使おう

「赤ちゃんに話しかけるときは、大人の使う言葉の方が良いのでは?」という考えを聞い …

子供のコミュニケーション力
コミュニケーション力の高い子供に育てる方法は?外に遊びに行くことの大切さ

近年、文部科学省では「コミュニケーション教育推進会議」を設置し、子供たにのコミュ …

ガムの取り方
子供の髪の毛やカーペットにガムが付いた時に簡単にガムを取る方法

子供が小さい時、髪の毛にガムがついた!という経験を持つママは少なくないはず。 ま …

姉妹喧嘩の仲裁
小学生女子のおしゃれ、親はどこまで認めるべき?禁止する前に親として教えるべきこと

街を歩いていると、可愛い!というより、まるで大人のようにキレイに着飾った女の子た …

子供を塾に通わせる
子供はいつから塾に通わせる?塾のタイミングと種類まとめ

塾の問題を考えてみましょう 周りの子がどんどん塾に行き始める、3~4年生。うちは …

乳幼児の噛み付く、歯ぎしり、歯をカチカチ…考えられる原因は何?

子供と一緒に寝ている時、突然「ぎしぎし」と耳障りな音が聞こえてビックリした!なん …

過保護すぎる親「ヘリコプター・ペアレント」になっていませんか?子供の自立心を奪うダメ親の代表です

子供の成長を願うあまりに、手をかけ過ぎてしまったり、何でも先回りしてやってあげた …

失敗した時こそ褒めるべきだった!困難にもめげない子供に育てるには?

昨今の若者が社会に出たとき問題になるのは、上司に起こられたからという理由ですぐに …

ぐずる子ども
朝の忙しい時に子供をぐずらせない方法。スムーズに幼稚園まで送り届けるコツとは?

子育てをされているご家庭にとって、朝の忙しさと言ったらありません! 共働き家庭な …