みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

妻でも女!何気ないモテ行動で旦那さんを「ドキッ」とさせると子育ても上手くのです

   

illust2323結婚して子供を産んで、毎日バタバタと過ぎてゆく…。ママ業はとっても忙しいので、自分自身はもちろん、旦那さんまで気が回らない…そんな事も増えてしまっているかもしれません。だけど、旦那さんはというと、奥さんに「キュン」とすること、結構多いみたいですよ!

付き合い始めたあの頃の新鮮な気持ち…今でも旦那さんに「胸キュン」しますか?

「結婚後の生活と恋心についての意識調査」というのを、20歳~39歳の配偶者がいる男女1000名を対象にある会社が行なったそうです。その中の質問の1つで「最近1年間にパートナーに対してときめきを感じることがありましたか?」という質問に、「あった」と回答した男性は82.8%、女性は68.2%だったといいます。

とても意外な結果だと思いませんか?旦那さんの方が、奥さんに対して「胸キュン」している確率が圧倒的に多いのです。男性は口には出さないけど、「奥さん」のことをいつまでも愛おしく思い、時々「こいつ可愛いな…」なんてドキドキしていたりするのですね。女性としては、とても嬉しい調査結果です。

反対を言えば、女性はやっぱり現実主義で、忙しい毎日に追われて子育て優先だから、旦那さんに対してもあまり「恋心」のようなものは抱かなくなってしまうのでしょうね。

「夫婦仲良しでいること」は子供が健やかに育つ為に最大の影響力を持つのです

夫婦ケンカが絶えない家庭で子供が育った場合に考えられる弊害は、計り知れません。物心がつかない赤ちゃんの時でも険悪なムードを敏感に感じ取りますから、その事で心理的な負担を抱えてしまいます。

成長するにつれ、「自分のせいでケンカしているのかも知れない」「自分は必要ない人間なのかも」など、自己を否定するようになったり、親に甘えることもできず、距離を置くようになります。その結果、自己肯定感が育たずに、心を閉ざしたまま大人になっていくことになるのです。すると友達に突然キレる行動になったり、誰かを傷つけても平気な子になってしまうなど、気持ちが不安定なままの状態が続くことになるでしょう。

ですから、夫婦が仲のいいところを子供に見せることは、心身ともに健やかに育つ為には必要不可欠なのです。お子さんのためを思うなら、いつまでも夫婦が仲良くいられるようにするべきなのですね。

ちょっとマンネリ気味…な夫婦必見!ちょっとした工夫で旦那さんを「ドキッ」とさせて新鮮さを保ちましょう

例えば、「外出時にはさりげなく腕を組む」などです。やっぱり男性は女性の柔らかさに触れたり、温かさを感じるとドキッとするものです。最初は照れて振りほどかれても、チャレンジする価値はありますよ!

「いつもと違うヘアスタイルや服装」も効果抜群です。うなじを強調してみたり、少し胸元が開いた服装など、「ん!?」と思わせるだけでドキドキします。やり過ぎず、さりげなさを出すのがポイントです。

日常の中でも旦那さんに対して「モテ行動」はちょっとした工夫でできるものです。新鮮さをキープする工夫、見つけて実践してみましょう!

 




おすすめ記事


 - 夫婦関係お役立ちコラム, 子育てお役立ちコラム

  関連記事

「いつまで寝てるの!」子供がひとりで起きられるようにするには?

生活のリズムを整えるためにはやはり「早寝早起き」が大切ですよね。だけど、前の日早 …

ぐずる子ども
朝の忙しい時に子供をぐずらせない方法。スムーズに幼稚園まで送り届けるコツとは?

子育てをされているご家庭にとって、朝の忙しさと言ったらありません! 共働き家庭な …

「赤ちゃん言葉」は子供の言語発達に効果的!子育ての時は赤ちゃん言葉を使おう

「赤ちゃんに話しかけるときは、大人の使う言葉の方が良いのでは?」という考えを聞い …

お出かけには何を持って行く?子育てママに便利な持ち物を見てみよう!

夏休みも真っただ中で、お子さんと一緒にお出かけする機会も多いのではないでしょうか …

ガチャガチャ
スーパーで子供の目をひくガチャガチャ。買ってあげるべき?我慢させるべき?

3~5歳くらいの子供が、スーパーに行くとガチャガチャの前で立ち止まり、決まって「 …

赤ちゃんが離乳食を食べてくれない理由とは?はじめての離乳食ガイド

母乳やミルクが卒業に近づくと『離乳食』が待っています。早く1人で食べてほしい、大 …

子供に過干渉なママは旦那さんに冷たい傾向が?夫婦関係を修復して過干渉から抜け出しましょう

子育てをしていると、子供の思いがけない行動にヒヤヒヤしたり、着替えする様子を見て …

育児日記を続けるコツ
乳幼児期に育児日記を書くことのメリット&育児日記を続けるコツ

みなさんは「育児日記」を付けていますか?出産のお祝いとして、産院から頂くこともあ …

ファーストフードを子供に食べさせて栄養は大丈夫?外食するときの注意点

子供と出かけた時に、帰宅してご飯を作るのが面倒なことってよくありますよね。だから …

赤ちゃんのオムツをテープ式からパンツ式に移行する時期!ずっとテープ式でもおかしくない?

赤ちゃんのオムツは、大きく分けて2つのタイプがあります。 新生児からつける、テー …