みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

妻でも女!何気ないモテ行動で旦那さんを「ドキッ」とさせると子育ても上手くのです

   

illust2323結婚して子供を産んで、毎日バタバタと過ぎてゆく…。ママ業はとっても忙しいので、自分自身はもちろん、旦那さんまで気が回らない…そんな事も増えてしまっているかもしれません。だけど、旦那さんはというと、奥さんに「キュン」とすること、結構多いみたいですよ!

付き合い始めたあの頃の新鮮な気持ち…今でも旦那さんに「胸キュン」しますか?

「結婚後の生活と恋心についての意識調査」というのを、20歳~39歳の配偶者がいる男女1000名を対象にある会社が行なったそうです。その中の質問の1つで「最近1年間にパートナーに対してときめきを感じることがありましたか?」という質問に、「あった」と回答した男性は82.8%、女性は68.2%だったといいます。

とても意外な結果だと思いませんか?旦那さんの方が、奥さんに対して「胸キュン」している確率が圧倒的に多いのです。男性は口には出さないけど、「奥さん」のことをいつまでも愛おしく思い、時々「こいつ可愛いな…」なんてドキドキしていたりするのですね。女性としては、とても嬉しい調査結果です。

反対を言えば、女性はやっぱり現実主義で、忙しい毎日に追われて子育て優先だから、旦那さんに対してもあまり「恋心」のようなものは抱かなくなってしまうのでしょうね。

「夫婦仲良しでいること」は子供が健やかに育つ為に最大の影響力を持つのです

夫婦ケンカが絶えない家庭で子供が育った場合に考えられる弊害は、計り知れません。物心がつかない赤ちゃんの時でも険悪なムードを敏感に感じ取りますから、その事で心理的な負担を抱えてしまいます。

成長するにつれ、「自分のせいでケンカしているのかも知れない」「自分は必要ない人間なのかも」など、自己を否定するようになったり、親に甘えることもできず、距離を置くようになります。その結果、自己肯定感が育たずに、心を閉ざしたまま大人になっていくことになるのです。すると友達に突然キレる行動になったり、誰かを傷つけても平気な子になってしまうなど、気持ちが不安定なままの状態が続くことになるでしょう。

ですから、夫婦が仲のいいところを子供に見せることは、心身ともに健やかに育つ為には必要不可欠なのです。お子さんのためを思うなら、いつまでも夫婦が仲良くいられるようにするべきなのですね。

ちょっとマンネリ気味…な夫婦必見!ちょっとした工夫で旦那さんを「ドキッ」とさせて新鮮さを保ちましょう

例えば、「外出時にはさりげなく腕を組む」などです。やっぱり男性は女性の柔らかさに触れたり、温かさを感じるとドキッとするものです。最初は照れて振りほどかれても、チャレンジする価値はありますよ!

「いつもと違うヘアスタイルや服装」も効果抜群です。うなじを強調してみたり、少し胸元が開いた服装など、「ん!?」と思わせるだけでドキドキします。やり過ぎず、さりげなさを出すのがポイントです。

日常の中でも旦那さんに対して「モテ行動」はちょっとした工夫でできるものです。新鮮さをキープする工夫、見つけて実践してみましょう!

 




おすすめ記事


 - 夫婦関係お役立ちコラム, 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供にお金の教育をする上手な方法は小学生の頃からお小遣いを与えること

子供には“お小遣い”をあげていますか? また、それはいつからですか? 我が家では …

パパやママの都合で子供の習い事を安易に決めていませんか?子供の将来を視野に入れて選択を!!

今、子供の習い事はスポーツ系から文科系、学習塾など多種多様にあります。愛する我が …

小学生の子供に本を読ませる方法はお金で釣ること。邪道な教育法で頭のいい子が育つ

子供が勉強しない、ゲームばかりやっている、漫画ばかり読む、本を買ってきたのに読ん …

no image
子どものおやつはどうする?子どもとおやつの悩みを解決する方法をご紹介!

  「まだ食べる!」と怪獣のように泣き叫び、「もう今日のおやつは終わり …

夏野菜を食べてキレイに痩せる!?ダイエットママ必見の食べ方とは?

夏の日差しを浴びた野菜たちはどれも栄養満点で美味しいものです。「ダイエットしたい …

子供の仕上げ磨きは何歳まで?小学生になれば大丈夫?

生後5~6カ月くらいになると、赤ちゃんには可愛い乳歯が生え始めますね。ママは毎日 …

子供の誕生日をお祝いすることが実は「育脳」にとても効果絶大だった!その効果とは?

我が子が生まれてきてくれた喜びは、子供がいくつになっても色褪せることはなく、子供 …

楽しいはずの食事の時間が「しつけの時間」になっていませんか?意外とやってしまうことに気をつけよう

最近の子育て世代のママたちは共働きなどでとても忙しく、子供と一緒に食事の時間を取 …

幼少期の「なぜなぜ期」を大切にしてあげると勉強好きな子になる!

小学校へ入学すると義務教育が始まり、得意、不得意に関わらず一通りの勉強をすること …

子供に洗濯干しのお手伝いを頼む6つのメリット

子供にとって、お手伝いに大切なポイントは「考えて出来ること」「やり遂げたという達 …