みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

「五郎丸ポーズ」でラグビーが子供にも大人気!ラグビーを習うと得られる効果とは?

   

illust2332ラグビーの第8回ワールドカップイングランド大会で、初の1大会3勝を挙げた日本代表が帰国し、日本は今ラグビー旋風真っただ中ですよね。五郎丸歩選手をはじめ、素晴らしい選手たちの活躍に、「これを機会にラグビーを習わせてみたい、やってみたい!」という親子も多いのではないでしょうか?子供がラグビーをすると、どんな効果があるのかも含め、調べてみました。

五郎丸選手、実は小中時代はサッカーをやっていたんだそうです!

今や話題の人、五郎丸歩選手ですが、幼少の頃からラグビー漬け?と思いきや、小学校ではサッカーもしていて、なんと福岡選抜に選ばれるほどだったといいます。そこまでサッカーをしていたのに、なんでラグビーなの?と疑問に思うのですが、そもそもは、両親が二人ともラグビー好きということもあって、家の近くにあったラグビースクールに兄弟揃って全員一緒に入れられたのだそうです。

そして、中学時代ではサッカーとラグビー、両方掛け持ちしていたそうです。もう、この時点ですごい体力の持ち主だということがわかりますよね。それからラグビー一筋になるのですが、そのきっかけは、「サッカーよりもラグビーの方が男らしいんじゃないか」というお兄さんからのアドバイスとプレッシャーだった、と笑いまじりにおっしゃっていたようです。

ラグビーを習う事で、子供にどんな影響が生まれるのでしょうか?

実際ラグビーの監督をやっている方によりますと、『子供たちに合った役割や責任が生じ、その中で、仲間の信頼、大切さを知ることになる。ラグビーの試合中、例えば自分がやらねばならないことをしないことで、周りの人に迷惑を掛けるんだと気付くことが出来る。こうしたことはスポーツからしか学べない。勝ち負けを経験することで成長できる。僕は、子どもたちに平等 意識を植え付けるつもりはないんです。勝つためには努力が必要だということを身をもって知ってほしい。芝生の上でスポーツをする楽しさを知ってほしい』という思いがあるようです。

さらには、ラグビーを通じて「ルールを守り」、「礼儀正しく」、「どんなことでもやり遂げる根性」、そして「年代に適した体つくり」に適したスポーツだといい、そこを重点的に行なっているラグビースクールが多いようです。連携プレーが非常に多いので、「コミュニケーション能力」も身に付くようです。

球技としては「類い希なる屈強な選手が育つ可能性」も秘めている競技です

まだサッカーなどに比べてしまうとメジャーではなく、ルールも知らない方も多いかもしれません。ラグビーでは優秀なプレイスキッカーは「スーパーブーツ」と呼ばれますが、そうなりたい!と毎日キックの練習を欠かさない少年は、集中力とプレッシャーに負けない精神的強さが備わるでしょう。

ただし負傷の危険性が常にあり、タックルの練習は不可欠ですから、ケガが多い競技である事も確かなようです。

ラグビーでは「タフな精神力と体力」が養われるようです。ラガーマンになる夢、親子で体験してみてはいかがですか?




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

赤ちゃんや子どもの鼻水!どうやって対処したら良い?

赤ちゃんや子どもが鼻水を出していると、呼吸が苦しそうで息ができなくなってしまうの …

子供のご褒美におもちゃがダメな理由とは?おねだりを許すとわがままになる

「これ買って〜!」と子供におもちゃをおねだりされて、つい買ってしまうことはありま …

子供の将来は「しつけ」で決まる!育ちのいい環境はこう作る!

「あの人は育ちが良いわ」「品のない食べ方ね…」人間は、立ち振る舞いや行動を、常に …

娘に質問してみました!!「子育て中のママたちに言いたいことってどんなこと?」

同じ屋根の下に一緒に住んでいる以上、子供のことを気にしないっていうのは無理!! …

子供同士の喧嘩・トラブルに親はどこまで介入すべき?親には知られたくない子供の気持ち

小学生、特に3年生頃になると、子供は自分の意見をしっかり持つようになります。それ …

紫外線が子供に与える悪影響を知ろう!目を保湿して子供の視力を守る方法

人は常に紫外線にさらされて生活をしています。外で直射日光に当たるときだけでなく、 …

中間反抗期といわれる「ギャングエイジ」の子供。どうしてイライラするの?

「ギャングエイジ」って聞いた事ありませんか? 小学生になると友達や仲間との結びつ …

子供の洗濯物
子供の洋服はぐちゃぐちゃにせず綺麗に整理しよう。子供の洋服整理術

子供は幼稚園くらいになると、自分の好みが出てくるために、その日に着る服も自分で選 …

子供がトイレトレーニングを始める時期・年齢はいつから?

2才を過ぎて幼稚園入園を意識しはじめると、「そろそろおむつはずしも始めないと…」 …

寝不足でつらい…短くても「良質な睡眠」でリフレッシュしましょう

子育てをしているママは、時間に負われて何かと大変ですよね。赤ちゃんの授乳期だと、 …