みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

「完璧主義」な子育てになっていませんか?完璧主義過ぎると神経質な子供になってしまいます

   

illust3236子育てをしていると「なんでこんな事も出来ないの…?」など、あまりにも簡単な事を失敗する我が子にウンザリしたり、情けなく思ったりすることありませんか?そんな子供の姿に一喜一憂するのが親だと思いますが、あまりにも「完璧」を目指してしまうと、子供は神経質な人間になってしまうかもしれません。

「100点取らなくてはダメよ!」いい点数を求める親のプレッシャーが、子供の心を縮めてしまっているのです

学校で行なわれるテストは、その子の勉強の進み具合を知るためや、理解力をはかるために行なわれるものですよね。「今度算数のテストがあるの」と聞くと、「絶対100点取らなくてはダメだからね!」などと、お子さんに言ってはいないでしょうか?

それは、お子さんに頑張って欲しいからだと思うのですが、そうした言葉を繰り返されていたとすると、子供はだんだん重荷になり、「いい点数を取らないと褒めて貰えない、認めてもらえない…」とプレッシャーに感じ始めてしまうのです。

お子さんに、テストでいい成績を修めて欲しいと願う気持ちは良く分かりますが、あまりにも「100点」「いい点数」にこだわりを持つことは避けましょう。もし悪い点数だとしても「いつも漢字は出来るんだよね!」など励ます言葉をかけてあげることが大切です。

「絶対『嘘』だけはつくんじゃないよ!」…子供の嘘がバレた時、一方的に怒っていませんか?

「嘘つきは泥棒の始まり」などと言いますが、「嘘はつかない!」と子供に教育するのは基本です。もちろん、嘘つきは良くありませんし、悪い事をして逃れようと嘘をつくような人間に育ってほしくはありません。

しかし、「絶対に」と逃げ道を無くしてしまうのはどうでしょうか?

例えば、友達が漫画を貸してくれるって言ったけど、貸し借りはダメって言われてる…でもやっぱり読みたいから借りちゃった…。そんな時、親に内緒で漫画を借りた事に罪悪感を感じているものです。だけど何かの拍子で発覚した時、「嘘をつくなって言ったでしょ!なんで黙ってたの!」と親御さんは怒るでしょう。

「貸してくれる友達の気持ちが嬉しかった…」そこには、そうした理由があるかもしれないのです。嘘をついてしまった事はいけない事かもしれませんが、そこに含まれる理由をきちんと聞こうともしないで、一方的に「嘘をついた事」を怒るのは、子供の気持ちを無視していることにもなってしまいます。

「中途半端なのは認めない!」…そうした完璧主義がもたらす弊害とは?

「100点じゃなきゃダメ」「忘れ物をしない」など、完璧な行動を求められると、子供の心の中では「100点以外は価値がない」「忘れ物をしたらダメ人間」など、とても極端な感情を持ってしまうので、100点とらなきゃ…100点とらなきゃ…と脅迫されたかのように神経質な子供に育ちます。常に完璧でないと恐怖に感じたり、曖昧な結果が出た場合に、自分の気持ちをコントロール出来ないような状態に追いつめられてしまうのです。

いかがでしたか?完璧主義過ぎる子育ては、いつか子供が崩壊してしまうかもしれません。何でも失敗はつきものです。「平気平気!」と笑う飛ばしてしまうくらいの気持ちで子育てできるといいですね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

もしかしてウチの子左利き?!右利きに直したほうがいいの?そのままにする?

    全国には、10〜20%の割合で左利きの人が存在しています。 これは、三万 …

ママ友から人望を集める素敵なママになりたい!ママ友グループで好かれるタイプの女性とは?

幼稚園や保育園へ通うようになると、やっぱり気になるのは「ママ友」の存在です。 「 …

子供同士の喧嘩・トラブルに親はどこまで介入すべき?親には知られたくない子供の気持ち

小学生、特に3年生頃になると、子供は自分の意見をしっかり持つようになります。それ …

子供の論理的思考能力を伸ばす方法は子供同士の喧嘩にあり!喧嘩の終わらせ方は問題解決の基本

「ケンカ」をすることは良くないことだと、子供たちは教わってきました。 最近では幼 …

「食育」は家族の笑顔がいちばん大切。ママに任せず家族も協力しよう。

2005年に食育基本法が成立されました。今では一般的に使われる「食育」という言葉 …

赤ちゃんのオムツをテープ式からパンツ式に移行する時期!ずっとテープ式でもおかしくない?

赤ちゃんのオムツは、大きく分けて2つのタイプがあります。 新生児からつける、テー …

天才の子供教育法
上手な子育てによって天才児を作ることができる。天才を生み出す教育法とは?

時に世間を騒がせる「天才児」の存在は「スゴいな!」と思う反面、「うちの子だっても …

服飾品、レジャー、家族旅行…やりたい事はきりがない!浪費体質から脱出する方法とは?

「私って浪費家主婦かしら…」毎月の家計簿を見て赤字が多かったりすると、お金のやり …

子供のお小遣い
子供のお小遣い制度は月額制と報酬制どっちがおすすめ?海外ではお手伝いをさせる報酬制が主流

だんだん大きくなってくると、パパママにとっては悩みの種にもなる「お小遣い」。 い …

グローバルな子供に育てたいなら、まずは「食事のマナー」から!世界中でも重要視されています

現代社会ではグローバル化が進み、これからを生きる子供たちはますます世界へと飛び出 …