みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

「口呼吸」だと風邪やインフルエンザになりやすい!「鼻呼吸」になるようにするには?

   

illust1294寒い季節になってくると、風邪やインフルエンザなど、毎年のように猛威をふるう病原菌に怯えて暮らす日々を過ごさなくてはなりませんよね。特に子供が病気になると心配で不安で、夜も眠れなくなってしまいます。そうした病気になってしまう原因のひとつに「口呼吸」があるというのを、知っていましたか?その口呼吸を鼻呼吸に変える方法はあるのでしょうか?

無意識でしている「呼吸」には、「口呼吸」と「鼻呼吸」があるのです

普段私たちは、無意識のうちに呼吸をして酸素を吸い、二酸化炭素を吐き出しています。これは自分の意思とは関係なく生命維持をして身体が自然に働いてくれているのですね。

赤ちゃんの頃は、お母さんのおっぱいを飲むために自然と「鼻呼吸」が身に付くのですが、次第に「口呼吸」へと変わってしまうことが多いのだそうです。花粉症やアレルギー体質のために鼻づまりすることや、固いものを食べない食生活で口の筋肉が衰えている…など、その原因にはさまざまな事が考えられているようです。

では、「口呼吸」と「鼻呼吸」、一体どんな違いが出てくるのでしょうか?

鼻呼吸だと、どんなことが考えられるのでしょうか?デメリットは?

先ほども書きましたように、赤ちゃんの頃、鼻呼吸でお母さんのおっぱいを飲み続けられる行動から見ても分かるように、本来人間は「鼻呼吸」なのです。ですが、言葉を話すようになる、口で物を食べるようになる…など、口で息を吸うことが増えることもあって、鼻からの呼吸では足らない状態が起きてくることによって「口呼吸」になってしまうのです。

鼻呼吸では「吸い込んだ空気の病原菌を粘膜に吸着して処理」したり、「冷たくて乾いた空気を鼻腔で湿度を高める」、「吐く息も鼻腔を通ることで病原菌の繁殖を押さえる効果」など、デメリットはひとつもなく、メリットばかりです。

その結果、免疫力の向上につながり、身体全体に酸素が行き渡ることで脳が活性化されて筋肉もいきいきするので、身体が健康に保たれることになるのですね。

口呼吸だと、どんなことが考えられるのでしょうか?デメリットは?

こうして見てくると、「口呼吸」ではメリットはなく、デメリットしか考えられないという事、もうお分かりかと思います。

口呼吸が習慣化していると、「病原菌がダイレクトに入り込み、白血球の中から身体全体に運ばれてしまう」ことや、「喉を乾燥させ、冷やしてしまうのでリンパ組織を損傷させる」、「鼻腔などにウイルスが溜まりやすく、菌の増殖を手助けしてしまう」など、身体を病気にさせてしまう原因を作り出していると言っても過言ではないのです。

今からでも間に合う!「鼻呼吸」に切り替えて健康な身体を保ちましょう

まず取り組みたいのは「口の筋肉を鍛える」ことです。これは固い食べ物を食べる、口を閉じてガムを噛む…などで効果が期待できます。固いおせんべいやスルメなど、長時間かけて食べるようなものを普段のおやつに取り入れれば、次第に口の筋肉がつくでしょう。両方の奥歯をちゃんと使って噛むことが大切です。

他にも、鼻づまりはすぐに解消する、鼻腔を広げて鼻呼吸を促すテープなど、方法はいくつかあります。今から鼻呼吸を意識して、ウイルスから身体を守る環境を整えていきましょうね!

 




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

運動会シーズン到来!つい言ってしまう「頑張れ!」は子供には逆効果かもしれません

10月になると運動会を行なう幼稚園や小学校もたくさんあり、パパもママもおじいちゃ …

父親の家庭での役割は子供に仕事について語ること。子供に働く大人の背中を見せよう

近年では、父親が子育てに参加することが当たり前になってきましたが、それでも男性の …

中間反抗期といわれる「ギャングエイジ」の子供。どうしてイライラするの?

「ギャングエイジ」って聞いた事ありませんか? 小学生になると友達や仲間との結びつ …

手抜きでOK!おねだり上手ママでパパにも家事参加してもらおう!

共働きをする子育て世代ファミリーはとても増えていますから、家事をママひとりで抱え …

イライラ解消
子供の成長を「実況中継する」とイライラを減らすことができる!親の怒り癖をおさえる方法

幼稚園や小学校へ通うようになると、朝の身支度や持ち物確認、さっさとやって欲しいの …

子供の言葉を「横取り」しているママは要注意!?「話下手な子」になってしまう可能性がある?

「うちの子、なんで話をするのが苦手なんだろう…」人前に出てモジモジしてしまったり …

思春期になっても「パパが大好き」な子供を育てるためには?

「パパ嫌い」「パパはいなくてもいい」という子供たちの声をよく耳にします。時には、 …

パパやママの都合で子供の習い事を安易に決めていませんか?子供の将来を視野に入れて選択を!!

今、子供の習い事はスポーツ系から文科系、学習塾など多種多様にあります。愛する我が …

飽きっぽい子ども
子供の才能を見つけるには飽きっぽい、三日坊主でもいいって本当?何でもチャレンジさせることの大切さとは

「三日坊主」と聞くと、あまり良いイメージではありませんよね? だけど「子供の才能 …

子供を塾に通わせる
子供はいつから塾に通わせる?塾のタイミングと種類まとめ

塾の問題を考えてみましょう 周りの子がどんどん塾に行き始める、3~4年生。うちは …