みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供が片付けたくなる部屋作りをしてみませんか?親子で片付け上手を目指しましょう

   

illust3308「片付けられない女たち」など、ゴミ屋敷のような部屋に住む若い女性が度々テレビで取り上げられることがありますよね。時間が無いから…片付け面倒だから…など、理由はどうあれ大人になってもこの状態では親としては心配です。幼い頃から片付けることを習慣化してしまえば、こうしてゴミ屋敷にはならないはずです。

子供の目線になって部屋を見渡すと、自然と片付け方法が見えてくるものです

散らかっている子供部屋を見ると、つい「早く片付けなさい!」と子供を叱ってしまいますよね。それは、子供自身で、自分の手で片付けをさせたいと思う親の気持ちからですが、片付けが苦手な子供が、ただ「片付けなさい!」と言われても、その方法が分からないのでは片付けようがないのです。

そこで、親も一緒におもちゃを片付けてみましょう。

すると、いつも使うブロックの入れ物が子供の手に届きにくい場所にあったり、おままごとの食べ物を入れる箱のフタが開け閉めしづらかったりと、子供にとって、片付けが大変だったり難しい場合がある事に気付くでしょう。

「簡単!」「ササッと!」「もうできた!」これが片付けの合い言葉です

整理整頓をきちんとしたい几帳面でキレイ好きのママさんの場合、子供部屋であっても「とことんキレイに」したくなる気持ちは分かります。しかし、子供は大人のように片付けをするのは、そもそも無理だということを理解しなくてはなりません。

子供に片付けを身につけて欲しいと願うのであれば「簡単!」「ササッと!」「もうできた!」です。

例えば、ブロック用の箱、おままごとの食べ物用の箱、人形用の箱…など、おおまかな種類別にフタのない箱を用意します。箱にはそれぞれ中身を示すラベルを貼ると、子供にも分かりやすいですね。これなら、片付けする時、「ササッ」と入れるだけで「簡単」です。中に入れるだけで終わりますから、子供の片付けることが苦にならず、「もうできた!」と短時間で部屋の中がキレイになるので、子供自身も充実感に満たされるでしょう。

学校用具、洋服、おもちゃ、本、布団…収納を一緒に考えて、スッキリな部屋を作っていきましょう

子供部屋には、おもちゃの他にも洋服など、さまざまな物でいっぱいです。これらを収納管理するのは、やはり子供だけでは難しいですよね。おもちゃの片付けが出来るようになったら、洋服の片付けにもチャレンジしてみましょう。ハンガーにかけるタイプのラックなら洋服屋さんみたいですし、本も図書館のように表紙が見えるようなコーナーを作るなど、子供自身が楽しくなる部屋作りを心掛けてあげるといいでしょう。

「じゃあ、ここはお布団コーナーにする?」などと、子供と一緒に片付ける場所を考えたり、子供の意見を取り入れた部屋作りをすると、子供も自分の部屋に愛着を持つようになり、お気に入りの場所は汚したくありませんから、片付けをすることも自主的にするようになっていくのです。

将来、ゴミ屋敷のような部屋でも平気な大人にならないように、キレイな部屋で過ごす気持ち良さを身につけさせてあげたいですね。

 




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供のとびひ
子供に肌のかゆみの症状が出たら「とびひ」を疑おう。とびひの予防法まとめ

これから迎える暑い夏。夏の子供達は髪の毛がシャワーを浴びたように汗びっしょり。 …

子供に教える食事のマナー。よく噛んで食べることの大切さを教えよう

食事中、子供に「早く食べなさい!」と急かしたり、「片付かない・・・」とイライラす …

知っておくと便利!離乳食の冷凍保存方法

子供の離乳食作りは、生後5~6カ月から始まり、1歳を過ぎるまで続きます。 特にス …

ダラダラ叱るのは逆効果!?「一発」で子供に届く叱り方に切り替えよう!

子供を叱るのは、今後、同じ間違いをしないようにして欲しい…という親の気持ちを子供 …

子供の話を聞く事の重要性。子供との信頼関係は聞くことから始まる

子供にとって、親に話を聞いてもらうことはとても大切なことです。親子のコミュニケー …

子供の問題で迷った時は夫婦で決断する。妻に子育てを丸投げしない事が大切です

小学生や保育園、幼稚園などに通っている子供がいる家庭では、毎日、実に多くの仕事が …

二人目の子どもが欲しい!3歳差ってどんな特徴があるの?

子どもがある程度大きくなってくると、そろそろ次の子どもが欲しいなと感じます。 で …

怒り過ぎたかな…子供が可哀想?「毒親」にならないための方法とは?

子供が何か悪い事をしたとき、親としてはしつけなければなりませんから、「怒る」こと …

「熱性けいれん」ってどんな症状?起こってしまった時の対処法を知り、パニックを起こさず冷静に処置しましょう

小さなお子さんを持つパパママには「熱性けいれん」という言葉、一度は聞いた事あるか …

子供に洗濯干しのお手伝いを頼む6つのメリット

子供にとって、お手伝いに大切なポイントは「考えて出来ること」「やり遂げたという達 …