みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

毎日起こる「兄弟ゲンカ」その対処法教えます

      2015/07/27

0ふたごロード
お友だちとは仲良く遊べるのに、なんで兄弟だと家でケンカばかりして…そんなご家庭も多いのではないでしょうか?
パパママのイライラにもつながってしまう「兄弟ゲンカ」ですが、きちんと対処できていますか?

パパママは子供たちの「裁判官」じゃありません

兄弟ゲンカになると、「また始まった…」とイライラしてしまいますよね。そのほとんどはちょっとした些細な事が原因だったりするので、ますます「そんなことでケンカするな!」と言いたくなってしまいます。
そして、パパママがよくやってしまいがちな事があります。それはケンカの「裁判官」になってしまうことです。「意地悪したお前が悪い」「そんなことも我慢できないのか?ダメだな」など、一方的に決めつけて判断を下し、その場をしのいでしまうことがありませんか?とにかくケンカをなんとか収めたいパパママの気持ちもわかりますが、これでは子供自身が考えて行動できるようにはならず、「決断力」を育てるきっかけを失ってしまうのです。

兄弟だからこそぶつかり合える大切さがあります

兄弟ですからそこには遠慮がありません。思ったことはズバズバ言うし、好き勝手に振る舞うこともあるでしょう。だからこそぶつかり合ってしまいますが、これは「トラブルを乗り越える力」を養う良い機会でもあるのです。
そこで先ほどのように親がジャッジをして、「はい、おしまい。」と片付けてしまっては、そうした成長の機会を逃してしまうことになってしまいます。

それぞれから言い分を聞いてあげることが「仲裁」することなのです

ケンカの原因はさまざまだと思いますが、どうしてケンカになってしまったのか、それぞれひとりずつから話を聞いてあげましょう。そのときどんな気持ちだったのか、きっと相手に対して悪い事ばかりを言うかもしれません。それでも全部言い終わるまで最後まで耳を傾け、子供の思いを汲み取ってあげて欲しいのです。

お互いから話をよく聞いてあげると、子供も少し気分が落ち着きます。すると冷静になった子供は「さっきはゴメンね」などと、自分に悪い部分があったことを思い出したり、そのことを反省できるようになるのです。
そこで初めて「仲裁」が成り立ったと言えるのではないでしょうか。

子供たち自身が「こうしたら良かったね」と思えるような言葉がけを

もしも、兄弟ゲンカが起こったとき、パパやママが頭ごなしに怒りつけたとしたらどうでしょう?子供は怒られたショックと怖いという気持ちでいっぱいになってしまうのではないでしょうか。そして「ごめんなさい」と思う前に「なんで自分が怒られなくちゃいけないんだ?」「あっちが悪いのに」という気分のままやり過ごされてしまうのです。これでは、なんの解決にもならず、もやもやが残るだけです。

ですからお互いの話を聞く時は「それで悔しかったんだね」「でも叩いちゃったら相手はどう思う?」と、これからどうしたらいいのかな?と問いかけるように聞きましょう。そうすると、子供のほうから「じゃあ順番にオモチャ使おうね」などと解決方法を見つけるはずです。

兄弟ゲンカは解決方法を学ぶチャンスです。温かく見守ってくださいね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

声掛け変換
発達障害の子供にオススメの「声かけ変換表」は大人でも使えて凄い!

みなさんは「声かえ変換表」って聞いたことありますか? これは発達障害を持つお子さ …

幼稚園お受験は良く考えてから!身の丈にあった育児をしないと家計破綻してしまいます

子供の教育を考えたとき「できればいい環境の中で学ばせてあげたい」と思うのは、きっ …

親の行動が子供の好奇心を奪ってしまうかも?「無意識過保護」に要注意!

自分でいろいろ出来るようになる2〜3才ごろは、親としては心配な時期でもあるし、成 …

子どものおもちゃ、厳選したほうがいい?それともたくさんあったほうがいいの?

子どものおもちゃは、赤ちゃん用品店などに行くと実に様々なものが売られていて、次か …

ママ友トラブルを避ける方法!ママ友と適度な距離を保つための秘訣とは?

ママ友とのトラブル、ドラマの題材になってしまうほど、身近なものになってしまってい …

天才児
高いIQを持つ天才児を指す言葉「ギフテッド」。学校嫌いの子供で天才肌なら可能性あり

「IQ」が高い子供の中には「ギフテッド」と呼ばれる子がいます。これは知能の高い人 …

夏休みに子供が宿題に追われないために親が家庭で出来ること。子供に宿題のやる気を出させるコツとは?

子供にとっては楽しみな夏休み。親にとっては・・・。 毎日朝から「宿題は!」「早く …

楽しいはずの食事の時間が「しつけの時間」になっていませんか?意外とやってしまうことに気をつけよう

最近の子育て世代のママたちは共働きなどでとても忙しく、子供と一緒に食事の時間を取 …

野菜嫌いの子供に毎日の野菜ジュースはちょっと待った!手足が黄色くなってしまう!?

子供に食べ物の好き嫌いがあると、栄養の面からもとても心配です。特に野菜を食べない …

子供の育てたい「個性」は生後3年間で決まる!赤ちゃんにはいっぱい触れましょう

今は時代もグローバル化が進み、どんどん世界へ進出していく人たちが増えています。こ …