みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

大村智・北里大特別栄誉教授がノーベル賞受賞!「人真似をしない事の大切さ」

   

illust2159北里大格の大村智特別栄誉教授が「ノーベル医学生理学賞」を受賞され、日本列島は早くもお祝いムードに包まれています。大村智教授は一体どんな幼少期、学生時代を過ごして来たのか?そこから、我が子の子育てのヒントになるものを探してみましょう。

過去にはクロスカントリーの国体出場選手にもなったことがあるという、アグレッシブな一面もあります

山梨県の大きなの農家に生まれ育ったという大村智教授は、早朝から畑仕事を叩き込まれて育ち、中学までには一通りの仕事は出来るようになったといいます。スポーツが好きな少年は、やがてクロスカントリーで国体に出場するなど、とても活発な高校時代を過ごします。家が農家ということもあり、「勉強は必要ない」そう考えていたそうです。

「農家を継ぐなら勉強は必要ない」と思っていたが英語の勉強だけは勧めてくれた両親の存在

大村智教授が小学校時代に終戦を迎え将来を考えたとき、「農家になるなら勉強は必要ないな」と思っていたそうです。両親も勉強しろとは言わなかったものの、「英語だけは」と、熱心に勧めてくれたのだといいます。この事を振り返り、「後々非常に役に立ったことを考えると、先見の明に驚きました」と話しています。

そうして祖母からは「世の中のために働きなさい」と言われ、「勉強したいのなら大学へ行っても良い」と、父からの言葉で大学進学を決めたのです。

睡眠時間は3時間の大学生活。過酷なスキートレーニングで得たものとは?

高校時代からのスキーは大学でも辞めることはなく、それどころか名手と知られる人物の元でトレーニングを積むことになります。それはとても過酷なもので、睡眠時間はわずか3時間ほど…それでもぐんぐん上達していきます。しかし、同じトレーニングをしている中には自分よりも遥かに年齢が下の少年もいて、負けず嫌いの大村教授は「どうしたら上手くなるのか?」と感情を揺さぶられるのです。そこで発見したのが「やり方を真似ているだけでは先生を超えることは出来ない」という事でした。

体力、精神力…厳しい環境に身をおいたからこそ、辿り着いた結論なのかもしれません

こうして厳しいスキートレーニングを受け、さらに上に立つためにはどうしたらいいのかを発見した事が、大村智教授のその後の研究に大きく影響を与えています。

体力、精神力はスポーツに限ったことではありません。研究の分野においても、夜を徹する作業に追われ、記録を事細かく記し、各地を走り回って見えないゴールを目指すのです。結果が出せずに心が折れてしまうことも珍しくない研究の世界で、「最後まで諦めず、人真似をせず、とにかく負けない!」という人生の教訓を得たのは、こうした学生時代に築き上げたもの、経験したことが軸になっていることは間違いなさそうです。

日本人が世界で高い評価を受ける度に、日本人を素晴らしさを改めて実感します。そうした偉人たちからヒントをもらい、今日からの子育てに役立ててみてはいかがですか?

 




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

育児日記
育児日記をつけることの勧め。子供が小学生になったとき悩み解消に役立つ!

子供は成長と共に、自分の居場所を家庭より友達関係に求めるようになります。 小学生 …

読書
子供の言語理解力やコミュニケーション力も高める「素話」を始めましょう!

「本を読む子」は就学後の学習においてもスムーズに勉強出来るので、読まない子に比べ …

最初は良かったのに…苦手になってしまったママ友との付き合い、どうする?

子育てをするうえで必ずと言っていいほどついて回る「ママ友」という存在。 あるとき …

子どもの関節に湿疹が…!素早く治すには皮膚科に行くことが大切!

ふと気付くと、子どもの関節のところに湿疹ができていること、ありませんか? うちの …

評判の良い小児科探しのコツ。子供のかかりつけのお医者さんを見つけるには?

子供が病気になった時のために、“かかりつけ”の小児科を早いうちに決めておくのはと …

服飾品、レジャー、家族旅行…やりたい事はきりがない!浪費体質から脱出する方法とは?

「私って浪費家主婦かしら…」毎月の家計簿を見て赤字が多かったりすると、お金のやり …

野菜嫌いの子供に毎日の野菜ジュースはちょっと待った!手足が黄色くなってしまう!?

子供に食べ物の好き嫌いがあると、栄養の面からもとても心配です。特に野菜を食べない …

叱り方を間違えて「無気力な子供」になってしまう育て方していませんか?

子供は環境で育つと言われています。 どんなふうにパパやママと関わって来たのかは、 …

オムツが外れるまではダメ?赤ちゃんと温泉に入れる時期について

赤ちゃんのお世話をしていると、たまにはほっと一息つけるようなたいけんをしたくなり …

子どもは親の行動をよく見ている!真似っこ上手な1、2歳児の特徴とは?

普段の何気ない行動でも、完全コピーをしてくる侮れない子どもの観察力。 挨拶だった …