みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

大村智・北里大特別栄誉教授がノーベル賞受賞!「人真似をしない事の大切さ」

   

illust2159北里大格の大村智特別栄誉教授が「ノーベル医学生理学賞」を受賞され、日本列島は早くもお祝いムードに包まれています。大村智教授は一体どんな幼少期、学生時代を過ごして来たのか?そこから、我が子の子育てのヒントになるものを探してみましょう。

過去にはクロスカントリーの国体出場選手にもなったことがあるという、アグレッシブな一面もあります

山梨県の大きなの農家に生まれ育ったという大村智教授は、早朝から畑仕事を叩き込まれて育ち、中学までには一通りの仕事は出来るようになったといいます。スポーツが好きな少年は、やがてクロスカントリーで国体に出場するなど、とても活発な高校時代を過ごします。家が農家ということもあり、「勉強は必要ない」そう考えていたそうです。

「農家を継ぐなら勉強は必要ない」と思っていたが英語の勉強だけは勧めてくれた両親の存在

大村智教授が小学校時代に終戦を迎え将来を考えたとき、「農家になるなら勉強は必要ないな」と思っていたそうです。両親も勉強しろとは言わなかったものの、「英語だけは」と、熱心に勧めてくれたのだといいます。この事を振り返り、「後々非常に役に立ったことを考えると、先見の明に驚きました」と話しています。

そうして祖母からは「世の中のために働きなさい」と言われ、「勉強したいのなら大学へ行っても良い」と、父からの言葉で大学進学を決めたのです。

睡眠時間は3時間の大学生活。過酷なスキートレーニングで得たものとは?

高校時代からのスキーは大学でも辞めることはなく、それどころか名手と知られる人物の元でトレーニングを積むことになります。それはとても過酷なもので、睡眠時間はわずか3時間ほど…それでもぐんぐん上達していきます。しかし、同じトレーニングをしている中には自分よりも遥かに年齢が下の少年もいて、負けず嫌いの大村教授は「どうしたら上手くなるのか?」と感情を揺さぶられるのです。そこで発見したのが「やり方を真似ているだけでは先生を超えることは出来ない」という事でした。

体力、精神力…厳しい環境に身をおいたからこそ、辿り着いた結論なのかもしれません

こうして厳しいスキートレーニングを受け、さらに上に立つためにはどうしたらいいのかを発見した事が、大村智教授のその後の研究に大きく影響を与えています。

体力、精神力はスポーツに限ったことではありません。研究の分野においても、夜を徹する作業に追われ、記録を事細かく記し、各地を走り回って見えないゴールを目指すのです。結果が出せずに心が折れてしまうことも珍しくない研究の世界で、「最後まで諦めず、人真似をせず、とにかく負けない!」という人生の教訓を得たのは、こうした学生時代に築き上げたもの、経験したことが軸になっていることは間違いなさそうです。

日本人が世界で高い評価を受ける度に、日本人を素晴らしさを改めて実感します。そうした偉人たちからヒントをもらい、今日からの子育てに役立ててみてはいかがですか?

 




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

気をつけて!「熱中症」は炎天下だけじゃない!室内でも起こるので注意しよう!

夏がやってくるとプールや海など楽しい遊びも盛りだくさんでワクワクしますが、小さい …

夏休みに子供が宿題に追われないために親が家庭で出来ること。子供に宿題のやる気を出させるコツとは?

子供にとっては楽しみな夏休み。親にとっては・・・。 毎日朝から「宿題は!」「早く …

子ども部屋
子供部屋の必要性。小さいうちから与えることのメリット・デメリット

子供には小学校入学をきっかけに1人の専用部屋を与えるご家庭が多いと思います。 し …

母乳が出にくい…でも母乳育児をしたい!産後に食べると母乳に良い食事や過ごし方

赤ちゃんを授かって、おっぱいをあげて…と、お産をしたばかりでもママは大忙しです。 …

「あれ買って〜!」はこれで解決!子供の心理を上手に利用しよう

幼児期になると自分の好きな物やお気に入りのキャラクターなどが出て来て、高価なゲー …

不眠、疲れが取れない…これって育児疲れ?育児ストレスを感じたら心と体の休息が必要です

子育てをしているパパママ、特に出産直後のママは眠る時間もほとんどなくて、体も心も …

「奴隷おじさん」が書類送検された事件…こうした事件から子供を守るにはどうしたらいいのでしょうか?

最近のニュースで「奴隷おじさん」と呼ばれる50代の男性が女性に声をかけ、書類送検 …

オムツが外れるまではダメ?赤ちゃんと温泉に入れる時期について

赤ちゃんのお世話をしていると、たまにはほっと一息つけるようなたいけんをしたくなり …

評判の良い小児科探しのコツ。子供のかかりつけのお医者さんを見つけるには?

子供が病気になった時のために、“かかりつけ”の小児科を早いうちに決めておくのはと …

ランドセルの選び方のコツ!何色がいい?

子供が幼稚園の年長さんになって数か月・・・夏休み明けにはランドセルが店頭に並び始 …