みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

運動会シーズン到来!つい言ってしまう「頑張れ!」は子供には逆効果かもしれません

   

illust210710月になると運動会を行なう幼稚園や小学校もたくさんあり、パパもママもおじいちゃんもおばあちゃんも、みんなでお子さんを応援して楽しい時間を過ごすことと思います。そしてお子さんに「頑張れ」と声援を送る姿をたくさん見かけます。しかしその「頑張れ」に、お子さんは違和感を感じているかもしれないのです。

「勉強頑張れ」「運動頑張れ」…親から言われる「頑張れ」に、子供はうんざりしている場合があります

待ちに待った運動会に、お子さんはもちろん、楽しみにしているパパママはたくさんいらっしゃることでしょう。みんなが集まる晴れの舞台で、我が子が一生懸命走ったり、踊ったりする姿に、きっと成長を感じる一日になるのでしょうね。

「どうせだったら、かけっこ1番になって欲しい!」そう思う親御さんは少なくなく、子供へも毎日「かけっこ頑張ってる?」「1番になれるように頑張ってね!」など、「頑張れ」という言葉を、多く使っていないでしょうか?

子供も、パパママに応援されて嬉しいとは思うのですが、あまりにも「頑張れ」と言われ続けると、「いつも頑張っているのに分からないのかな…」と悲しい気持ちになってしまう子供もいるのです。

「頑張れ」は応援する気持ちを伝えるのに便利な言葉なようですが、言われる子供の側に立つと、「これ以上まだ頑張れっていうの?」と捉えられてしまう可能性もあるのです。

もうすでに子供たちは「頑張って」います。それ以上応援したいときに掛けたい言葉とは?

そうはいっても、運動会などの大きな舞台に子供を送り出してあげる時など、親としては何か言葉を掛けて応援する気持ちを伝えたいですよね。

そんな時は「楽しんできてね!」と付け加えるのはいかがでしょうか?

「好きこそものの上手なれ」という言葉がありますが、何事も好きなことは楽しんで取り組むので上達が早い…といった意味合いが含まれていますよね。今までの練習で、一生懸命頑張ってきた子供です。本番の日は「思いっきり楽しもうね!」と伝えてあげると、「うん!」と元気に参加してくれるでしょう。

「頑張れ」だと重く受け止めてしまい、体に力が入り過ぎてしまう子供も「楽しんでね」ならスムーズに心に響いていくのかもしれませんね。

「失敗しないで」など、応援する気持ちとは逆効果になってしまう言葉にも気をつけましょう

我が子に運動会で頑張って欲しい気持ちから「失敗しないでね」「ちゃんとできるの?」「○○ちゃんには負けないでね」など、目に見えないプレッシャーをかけるような言葉も避けたいですね。こうした言葉を運動会当日に掛けられたのでは、応援するどころか、子供を不安な気持ちにさせてしまうだけです。

運動会は、お子さんがそれまで頑張ってきた練習の成果を、家族に披露できる大切で大きな舞台です。もし失敗しても、かけっこがビリでも、子供の成長を素直に喜び、「楽しんでくるんだよ〜!」と笑顔で応援してあげたいものです。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

ファーストフードを子供に食べさせて栄養は大丈夫?外食するときの注意点

子供と出かけた時に、帰宅してご飯を作るのが面倒なことってよくありますよね。だから …

子育てで溜まるストレスを撃退しよう!お手軽簡単解消法

一生懸命に子育てをしていると、思い通りにならない事の方が多いので、パパママはスト …

子供の問題で迷った時は夫婦で決断する。妻に子育てを丸投げしない事が大切です

小学生や保育園、幼稚園などに通っている子供がいる家庭では、毎日、実に多くの仕事が …

子供の「言葉遣い」気になりませんか?ママの言葉や話し方が子供のコミュニケーションに影響します!!

子供が使う「言葉」について考えたことがありますか?また、ご自身が使っている「言葉 …

子供の食べ物の「好き嫌い」を克服するには?

お子さんが成長して大きくなるにつれて、食べ物の好き嫌いは、パパママにとっても悩み …

どうしたら寝てくれるの?赤ちゃんが眠ってくれない時はこうしよう!

生後間もなくの赤ちゃんは、授乳におむつ交換に…夜も寝る暇がありませんよね。ママは …

早くしなさい
子供が指示待ち人間になってしまう「早くしなさい」という親の口癖

朝の登園準備をしているのに、テレビを見たまま動かない子供… 「何してるの!早くし …

乳幼児の噛み付く、歯ぎしり、歯をカチカチ…考えられる原因は何?

子供と一緒に寝ている時、突然「ぎしぎし」と耳障りな音が聞こえてビックリした!なん …

親は思春期の女の子にどう接するのが正しいの?思春期の子供との付き合い方

女の子は早くて4年生頃から、平均して高学年のうちに思春期がやってきます。 親に向 …

育てたい子供の「決断力」。見極める力をトレーニングしよう!

人間が生活を営んで行く上で、大切な場面では必ずといっていいほど「決断」を迫られま …