みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

運動会シーズン到来!つい言ってしまう「頑張れ!」は子供には逆効果かもしれません

   

illust210710月になると運動会を行なう幼稚園や小学校もたくさんあり、パパもママもおじいちゃんもおばあちゃんも、みんなでお子さんを応援して楽しい時間を過ごすことと思います。そしてお子さんに「頑張れ」と声援を送る姿をたくさん見かけます。しかしその「頑張れ」に、お子さんは違和感を感じているかもしれないのです。

「勉強頑張れ」「運動頑張れ」…親から言われる「頑張れ」に、子供はうんざりしている場合があります

待ちに待った運動会に、お子さんはもちろん、楽しみにしているパパママはたくさんいらっしゃることでしょう。みんなが集まる晴れの舞台で、我が子が一生懸命走ったり、踊ったりする姿に、きっと成長を感じる一日になるのでしょうね。

「どうせだったら、かけっこ1番になって欲しい!」そう思う親御さんは少なくなく、子供へも毎日「かけっこ頑張ってる?」「1番になれるように頑張ってね!」など、「頑張れ」という言葉を、多く使っていないでしょうか?

子供も、パパママに応援されて嬉しいとは思うのですが、あまりにも「頑張れ」と言われ続けると、「いつも頑張っているのに分からないのかな…」と悲しい気持ちになってしまう子供もいるのです。

「頑張れ」は応援する気持ちを伝えるのに便利な言葉なようですが、言われる子供の側に立つと、「これ以上まだ頑張れっていうの?」と捉えられてしまう可能性もあるのです。

もうすでに子供たちは「頑張って」います。それ以上応援したいときに掛けたい言葉とは?

そうはいっても、運動会などの大きな舞台に子供を送り出してあげる時など、親としては何か言葉を掛けて応援する気持ちを伝えたいですよね。

そんな時は「楽しんできてね!」と付け加えるのはいかがでしょうか?

「好きこそものの上手なれ」という言葉がありますが、何事も好きなことは楽しんで取り組むので上達が早い…といった意味合いが含まれていますよね。今までの練習で、一生懸命頑張ってきた子供です。本番の日は「思いっきり楽しもうね!」と伝えてあげると、「うん!」と元気に参加してくれるでしょう。

「頑張れ」だと重く受け止めてしまい、体に力が入り過ぎてしまう子供も「楽しんでね」ならスムーズに心に響いていくのかもしれませんね。

「失敗しないで」など、応援する気持ちとは逆効果になってしまう言葉にも気をつけましょう

我が子に運動会で頑張って欲しい気持ちから「失敗しないでね」「ちゃんとできるの?」「○○ちゃんには負けないでね」など、目に見えないプレッシャーをかけるような言葉も避けたいですね。こうした言葉を運動会当日に掛けられたのでは、応援するどころか、子供を不安な気持ちにさせてしまうだけです。

運動会は、お子さんがそれまで頑張ってきた練習の成果を、家族に披露できる大切で大きな舞台です。もし失敗しても、かけっこがビリでも、子供の成長を素直に喜び、「楽しんでくるんだよ〜!」と笑顔で応援してあげたいものです。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

男の子
人の話を聞かない子供はどう注意すれば直るの?男の子が学校のことを話さない理由

小さなころは「ただいま!あのね、先生がね…」と毎日話してくれたのに、大きくなるに …

子供の爪噛み
子供の爪を噛む癖を止めさせたい!爪噛み習慣の原因と辞めさせる方法

たまに大人の人にも見かけますが「爪を噛む」というこの行為、あまり気持ちのいいもの …

過保護の違い
子供への「過保護」と「過干渉」の違い、分かりますか?

子供を可愛いと思うあまり、つい「過保護」になったり「過干渉」になってしまったりし …

「家庭内事故」に気をつけて!赤ちゃん乳幼児の事故で多いものって何?

「まだそんなに動くことはできないから大丈夫!」そう思って赤ちゃんを安全な場所へ寝 …

楽しいはずの食事の時間が「しつけの時間」になっていませんか?意外とやってしまうことに気をつけよう

最近の子育て世代のママたちは共働きなどでとても忙しく、子供と一緒に食事の時間を取 …

子供遊び
子供は遊びで脳を鍛えているって知ってましたか?めいっぱい遊んで脳をフル回転させてあげよう!

子供が静かに遊んでいると思って子供部屋を覗いてみると、おもちゃ箱がひっくり返った …

自分の子供と遊んで欲しくない悪い友達との付き合い方、どうしたらいいの?

子供の友達が家に遊びに来たとき、「あれ?この子ちょっと乱暴かな?」「あいさつもし …

パパも子育てに悩んでいた!?もっと自信を持ってパパにも育児に参加してもらおう!

昔の家庭環境と今を比べると、子供を取り巻く環境は目まぐるしく変化し、父親の積極的 …

ママ友との付き合いって必要?ママ友グループに入るメリットとは

子供を育てるうえで、どのママも一度は考えてしまうであろう“ママ友”との付き合い方 …

子供がトイレトレーニングを始める時期・年齢はいつから?

2才を過ぎて幼稚園入園を意識しはじめると、「そろそろおむつはずしも始めないと…」 …