みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

運動会シーズン到来!つい言ってしまう「頑張れ!」は子供には逆効果かもしれません

   

illust210710月になると運動会を行なう幼稚園や小学校もたくさんあり、パパもママもおじいちゃんもおばあちゃんも、みんなでお子さんを応援して楽しい時間を過ごすことと思います。そしてお子さんに「頑張れ」と声援を送る姿をたくさん見かけます。しかしその「頑張れ」に、お子さんは違和感を感じているかもしれないのです。

「勉強頑張れ」「運動頑張れ」…親から言われる「頑張れ」に、子供はうんざりしている場合があります

待ちに待った運動会に、お子さんはもちろん、楽しみにしているパパママはたくさんいらっしゃることでしょう。みんなが集まる晴れの舞台で、我が子が一生懸命走ったり、踊ったりする姿に、きっと成長を感じる一日になるのでしょうね。

「どうせだったら、かけっこ1番になって欲しい!」そう思う親御さんは少なくなく、子供へも毎日「かけっこ頑張ってる?」「1番になれるように頑張ってね!」など、「頑張れ」という言葉を、多く使っていないでしょうか?

子供も、パパママに応援されて嬉しいとは思うのですが、あまりにも「頑張れ」と言われ続けると、「いつも頑張っているのに分からないのかな…」と悲しい気持ちになってしまう子供もいるのです。

「頑張れ」は応援する気持ちを伝えるのに便利な言葉なようですが、言われる子供の側に立つと、「これ以上まだ頑張れっていうの?」と捉えられてしまう可能性もあるのです。

もうすでに子供たちは「頑張って」います。それ以上応援したいときに掛けたい言葉とは?

そうはいっても、運動会などの大きな舞台に子供を送り出してあげる時など、親としては何か言葉を掛けて応援する気持ちを伝えたいですよね。

そんな時は「楽しんできてね!」と付け加えるのはいかがでしょうか?

「好きこそものの上手なれ」という言葉がありますが、何事も好きなことは楽しんで取り組むので上達が早い…といった意味合いが含まれていますよね。今までの練習で、一生懸命頑張ってきた子供です。本番の日は「思いっきり楽しもうね!」と伝えてあげると、「うん!」と元気に参加してくれるでしょう。

「頑張れ」だと重く受け止めてしまい、体に力が入り過ぎてしまう子供も「楽しんでね」ならスムーズに心に響いていくのかもしれませんね。

「失敗しないで」など、応援する気持ちとは逆効果になってしまう言葉にも気をつけましょう

我が子に運動会で頑張って欲しい気持ちから「失敗しないでね」「ちゃんとできるの?」「○○ちゃんには負けないでね」など、目に見えないプレッシャーをかけるような言葉も避けたいですね。こうした言葉を運動会当日に掛けられたのでは、応援するどころか、子供を不安な気持ちにさせてしまうだけです。

運動会は、お子さんがそれまで頑張ってきた練習の成果を、家族に披露できる大切で大きな舞台です。もし失敗しても、かけっこがビリでも、子供の成長を素直に喜び、「楽しんでくるんだよ〜!」と笑顔で応援してあげたいものです。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

4〜5才になったら「ひらがな」にチャレンジ!楽しく取り組むコツ3つ

小学校に行くと必ず勉強する「ひらがな」ですが、4、5才になると自分から「書いてみ …

過保護の違い
子供の話を聞くことが子育てで大切な理由。子供を受け止めるスキルを磨きましょう

子供のする話を聞いていますか? 「もちろん!」と答えるパパママがほとんどだと思い …

子供のご褒美におもちゃがダメな理由とは?おねだりを許すとわがままになる

「これ買って〜!」と子供におもちゃをおねだりされて、つい買ってしまうことはありま …

子育て中、片付かないお部屋にイライラしてませんか?気持ちがすっきりする「お片づけルール」をご紹介!

育児中は片づけても片づけても部屋が驚くほど汚れますよね。 ですが、それは我慢しま …

子供が風邪をひいてしまった時に食べさせたいものって?熱、咳…症状別に効く食べ物を知っておきましょう

肌寒い季節になってくると子供は風邪をひきやすく、一度かかってしまうとなかなか治ら …

先輩ママの体験談<ピアノ>幼少期の習い事のメリット・デメリット。

成長が著しい幼少期にどんな習い事をさせるか悩む親御さんも多い中、常に人気の習い事 …

潤ってると思われがちな赤ちゃんの肌の皮脂量…実は大人の半分!赤ちゃんの乾燥肌対策していきましょう

よくキレイで潤いのあるお肌のことを「赤ちゃん肌」などと表現する事がありますが、実 …

子供のおんぶには子育てに必要な要素が詰まっています。おんぶのスキンシップ効果とは?

今の時代にはほとんど見かけなくなってしまった「おんぶ」の習慣。 30年ほど前には …

脳科学に基づいた教育方法!「久保田式」の子育てで0才から脳の基礎を作っていきましょう

赤ちゃんを授かり、出産し、我が子に出会えた喜びは何にも変えられる事はできません。 …

子どもの傘の選び方
子供の傘の選び方。身長に合わせたサイズを買おう!

『子供の傘』 天気予報から梅雨入りの話題が増えてきましたね。 雨にかかせない傘は …