みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

義務化された小学校での英語授業。親御さんは子供の早期英語教育に賛成?反対?

      2015/07/27

英絵
「英語」が小学校教育で義務化されたことはご存知ですか?
今までのカリキュラムよりもさらに「英語」をたくさん盛り込んでいく方針が決まったようです。

今回は義務化された小学校での英語について調べてみました。

今までの小学校での「英語」って?

これまでも、英語は小学校で扱われていたわけですが、それは高学年(5、6年生)が対象でした。外国から招いた先生に週一度などのペースで「英語に慣れ親しむ」のがこれまでの主な活動内容で、ゲームをしたり、簡単なあいさつを英語でするなどといった、まずは英語に慣れることがその目的でした。

それが現在の小学校では中学年(3、4年生)に引き下げられました。それによって英語に触れる時間は必然と増えますから、より活発な英語活動が期待できるというのが英語を義務化したねらいだと思います。

心配なのは他の教科への影響ですが…

英語の時間が増えるということは、他の教科の時間が減るということですよね。それって心配になりませんか?だけど、今の時代を生きる子供たちの ことを考えたら、グローバル化が進む世の中で生きていくためには、英語は必修課題になってくるでしょう。その先の中学、高校、大学と進学が進むにつれて、 英語は重要性を増していきます。

社会へ出て就職する時にも、英語力があるほうが断然有利ですよね。そうしたことを考えると、他の教科への懸念もあるとは思 うのですが、やはり英語は低年齢から親しむほうがいいのではないでしょうか?

これをきっかけに幼児英語への関心がUP

小学校で英語が義務化したことをきっかけに、幼児教育の現場でもさかんに英語を取り入れていこうという動きが活発になっています。幼稚園などの保育時間に、英語教室の先生を招いて子供たちと英語でゲームをするなど、その内容はとても楽しそうです。

英語が「勉強」認識する前のこの時期の子供は、英語を「遊び」として親しみますから、無理なく習得できるのですね。よく「英語耳」などともいいますが、脳の発達の著しいこの時期に見たり聞いたりしたことは、記憶に定着しやすいという説もあるので、もし英語を習わせたいとお考えであれば、幼児の頃から取り組んでみるのもいいかもしれません。

グローバル化の進む世界に、対応できる子供たちを育てましょう

2020年には東京でオリンピック・パラリンピックが開催されます。世界中からトップアスリートが集まり、その技を競い合うのを東京で見る事が出来るというのは、本当に凄いことですよね。

これを機に、お子さんも世界への興味関心が高くなることは間違いありません。そんなときに、英語が話せるかどうかはとても大きな部分を占めてきます。子供の選択肢を広げてあげられるがどうかは、親の教育方針によって大きく変わるといっても過言ではないのです。

ひとつだけ、お伝えしておきたい事があります。それは、大切なのは学力ではなく、「人間力」だということです。

人として魅力のある「個性」を持った子供たちを育てていけるといいですね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

脳科学に基づいた教育方法!「久保田式」の子育てで0才から脳の基礎を作っていきましょう

赤ちゃんを授かり、出産し、我が子に出会えた喜びは何にも変えられる事はできません。 …

失敗した時こそ褒めるべきだった!困難にもめげない子供に育てるには?

昨今の若者が社会に出たとき問題になるのは、上司に起こられたからという理由ですぐに …

謙遜しすぎるのは考えもの!?「自分が好きだ!」と言える子供に育てよう!

「お利口さんなお子さんですね!」と誰かに褒められたとき、あなたはどんな返事を返し …

年収300万円でも貯蓄はできる!?ポジティブ思考でお金と前向きに付き合いましょう

「はあ…また今月も赤字だわ…」と毎月家計簿とにらめっこしているママさん!特に子育 …

「家庭内事故」に気をつけて!赤ちゃん乳幼児の事故で多いものって何?

「まだそんなに動くことはできないから大丈夫!」そう思って赤ちゃんを安全な場所へ寝 …

ダメな所ばかり見ていませんか?夏休みだから子供の「得意」をグングン伸ばそう!

もう夏休みも後半戦が近づいてくると、自由研究や宿題も気になる所ですが、親としては …

幼稚園の選び方
幼稚園の選び方。園の強み(運動や音楽や芸術など)に注目しよう

子供が3歳になる頃、どこの幼稚園に通わせようかと考え始めますね。 幼稚園によって …

0才の赤ちゃんでもお片づけ出来るの!?無理なく「片付け上手」な子供に育てましょう

愛おしい我が子の笑顔は、パパママにとってなによりの宝物ですよね。おもちゃで遊ぶ姿 …

父親の家庭での役割は子供に仕事について語ること。子供に働く大人の背中を見せよう

近年では、父親が子育てに参加することが当たり前になってきましたが、それでも男性の …

乳幼児の誤飲、気をつけて!もしもの時の応急処置を知りましょう

小さな赤ちゃんは好奇心旺盛で、何でも口の中へ入れて確かめたりしますよね。ですから …