みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

義務化された小学校での英語授業。親御さんは子供の早期英語教育に賛成?反対?

      2015/07/27

英絵
「英語」が小学校教育で義務化されたことはご存知ですか?
今までのカリキュラムよりもさらに「英語」をたくさん盛り込んでいく方針が決まったようです。

今回は義務化された小学校での英語について調べてみました。

今までの小学校での「英語」って?

これまでも、英語は小学校で扱われていたわけですが、それは高学年(5、6年生)が対象でした。外国から招いた先生に週一度などのペースで「英語に慣れ親しむ」のがこれまでの主な活動内容で、ゲームをしたり、簡単なあいさつを英語でするなどといった、まずは英語に慣れることがその目的でした。

それが現在の小学校では中学年(3、4年生)に引き下げられました。それによって英語に触れる時間は必然と増えますから、より活発な英語活動が期待できるというのが英語を義務化したねらいだと思います。

心配なのは他の教科への影響ですが…

英語の時間が増えるということは、他の教科の時間が減るということですよね。それって心配になりませんか?だけど、今の時代を生きる子供たちの ことを考えたら、グローバル化が進む世の中で生きていくためには、英語は必修課題になってくるでしょう。その先の中学、高校、大学と進学が進むにつれて、 英語は重要性を増していきます。

社会へ出て就職する時にも、英語力があるほうが断然有利ですよね。そうしたことを考えると、他の教科への懸念もあるとは思 うのですが、やはり英語は低年齢から親しむほうがいいのではないでしょうか?

これをきっかけに幼児英語への関心がUP

小学校で英語が義務化したことをきっかけに、幼児教育の現場でもさかんに英語を取り入れていこうという動きが活発になっています。幼稚園などの保育時間に、英語教室の先生を招いて子供たちと英語でゲームをするなど、その内容はとても楽しそうです。

英語が「勉強」認識する前のこの時期の子供は、英語を「遊び」として親しみますから、無理なく習得できるのですね。よく「英語耳」などともいいますが、脳の発達の著しいこの時期に見たり聞いたりしたことは、記憶に定着しやすいという説もあるので、もし英語を習わせたいとお考えであれば、幼児の頃から取り組んでみるのもいいかもしれません。

グローバル化の進む世界に、対応できる子供たちを育てましょう

2020年には東京でオリンピック・パラリンピックが開催されます。世界中からトップアスリートが集まり、その技を競い合うのを東京で見る事が出来るというのは、本当に凄いことですよね。

これを機に、お子さんも世界への興味関心が高くなることは間違いありません。そんなときに、英語が話せるかどうかはとても大きな部分を占めてきます。子供の選択肢を広げてあげられるがどうかは、親の教育方針によって大きく変わるといっても過言ではないのです。

ひとつだけ、お伝えしておきたい事があります。それは、大切なのは学力ではなく、「人間力」だということです。

人として魅力のある「個性」を持った子供たちを育てていけるといいですね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

男の子
人の話を聞かない子供はどう注意すれば直るの?男の子が学校のことを話さない理由

小さなころは「ただいま!あのね、先生がね…」と毎日話してくれたのに、大きくなるに …

親に気を使う子供
親に気を使う「いい子」は問題児になる可能性がある?自分の意見を言えない子供の危険性とは

お利口さんでお行儀のいい子っていますよね。 もちろん、ご両親の育て方が素晴しいか …

子供が歯みがきを嫌がらないように低月齢の頃から歯磨きトレーニングしよう!

1歳半から2歳くらいで、だんだんと歯が生え揃ってきて、それと同時に虫歯になりやす …

子供達に人気の手作りおやつ!とっておきの4選

子供の友達が遊びに来る!そんな時、ポテトチップスやクッキーなど、市販のお菓子を用 …

二人目の子どもが欲しい!3歳差ってどんな特徴があるの?

子どもがある程度大きくなってくると、そろそろ次の子どもが欲しいなと感じます。 で …

親の行動が子供の好奇心を奪ってしまうかも?「無意識過保護」に要注意!

自分でいろいろ出来るようになる2〜3才ごろは、親としては心配な時期でもあるし、成 …

毎日起こる「兄弟ゲンカ」その対処法教えます

お友だちとは仲良く遊べるのに、なんで兄弟だと家でケンカばかりして…そんなご家庭も …

夏風邪
子供の夏風邪トリオ予防方法。夏風邪の症状など詳細まとめ

『夏風邪トリオ』 夏になり、以前こんなママ同士の会話がありました。 「うちの子、 …

不眠、疲れが取れない…これって育児疲れ?育児ストレスを感じたら心と体の休息が必要です

子育てをしているパパママ、特に出産直後のママは眠る時間もほとんどなくて、体も心も …

暑い夏にご用心!子供の大敵「あせも」を防ぐ方法3つ

じめじめした梅雨が終わるとやってくる暑〜い夏!レジャーも楽しくてわくわくしますが …