みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

潤ってると思われがちな赤ちゃんの肌の皮脂量…実は大人の半分!赤ちゃんの乾燥肌対策していきましょう

   

illust953よくキレイで潤いのあるお肌のことを「赤ちゃん肌」などと表現する事がありますが、実は赤ちゃんは大人よりも乾燥しやすく、とてもデリケートなのです。乾燥が進むこれからの季節は、健康な肌を守る為に、より気を付けてあげなくてはいけませんよね。

生後2ヶ月を境目に水分量を保つ皮脂が急激に減っていく赤ちゃんの肌…

イメージだと赤ちゃんの肌はいつでもツヤツヤでプニプニしていて…女性たちが憧れる肌ですが、実際には、赤ちゃんの肌の皮脂量は半分以下で、水分量にしても3分の2以下なんだそうです。そうすると、肌を守る役割である皮脂が少ないことで肌トラブルにもなりやすく、乾燥してかゆくなり、掻きむしってしまうなどもこのためです。

生後2ヶ月を過ぎた頃から、お肌の水分を保つために必要な皮脂が急激に減るので、その頃に乾燥肌になる赤ちゃんがとても多いのですね。乾燥は不快感を与えるだけでなく、無意識で掻いてしまうので傷になり、広がってしまったり、深い傷になったりするので、早めにケアしてあげたいですよね。

夏に汗びっしょりになる赤ちゃんの肌。冬なら安心?いいえ冬こそ心配です

赤ちゃんの頭を見てみると、いつもシャンプーした後みたいにびっしょり濡れてて驚いたことありませんか?赤ちゃんは新陳代謝がとても激しいので、常に汗をかいています。あせもにもなりやすく、夏場の暑い季節はもちろんですが、寒い冬でも注意が必要なのです。それは、寒さで風邪を引かないようにと、赤ちゃんに衣類を着せ過ぎてしまうからです。

自分で体温調節できないことに加えて、暑くても「暑い!」と言葉に出来ません。着替えてからぐずり出し、お腹もすいていない、おむつも汚れていない、なのに機嫌が悪い…と理由が見つからないときは、「着せ過ぎて暑がっている」可能性もあります。赤ちゃんは代謝が良いという事を考慮して、衣類調節するように心がけてあげて下さいね。

塩分を含む汗は赤ちゃんの肌の大敵!清潔に保って十分に保湿してあげましょう

夏場などは、汗をかいたらシャワーを浴びたりプールに入ったりと、昼間でも汗を流してキレイな肌を保つことができ、それと同時に赤ちゃんの裸をチェックする機会も多くありましたが、冬場になると汗を流すのが夜のお風呂くらいになってしまいますよね。そうすると、意外と赤ちゃんの肌トラブルに気づかず放置していまい、気づいた時には悪化させてしまった…という事もあるようです。

そうなってしまったらお医者様に見てもらうのが一番ですが、そうならない為のスキンケアも大切です。低刺激で安心なものを選び、毎日のお風呂上がりなどでベビーマッサージしながら乳液、ベビーオイルなどを数滴、ママの手のひらで温めて伸ばしてから、赤ちゃんの肌に馴染ませてあげるといいでしょう。

赤ちゃんの肌は大人に比べて非常にデリケートにできています。冬場の着せ過ぎはもちろん、暖房による乾燥なども要注意です。大人も子供も快適に過ごせる環境を整えていきましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供を公園デビューさせる時の注意点!ジャングルジムや滑り台で怪我をしないよう親がするべきこと

子供が1歳を過ぎ、歩き始めるようになると公園デビュー!という親子は多くいるでしょ …

時計
子供に時間の大切さを教える方法。少しずつタイムマネジメントを教えましょう!

遊びに夢中になっている子供は、何時間でも遊び続けていたりしませんか? 「ご飯の時 …

子供パソコン注意点
小さな子供に自宅でパソコンを使わせる際の注意点。これだけは絶対に覚えておきたい3つのポイント!

小学校の指導要綱にパソコンが導入され、自宅では一家に1台・・・いえ1人1台パソコ …

子供への絵本
スキンシップは肌の触れ合いだけじゃない!絵本のすすめ

赤ちゃんはパパママとスキンシップをするのが大好きです。抱っこにミルクにおむつ替え …

赤ちゃんが離乳食を食べてくれない理由とは?はじめての離乳食ガイド

母乳やミルクが卒業に近づくと『離乳食』が待っています。早く1人で食べてほしい、大 …

スイミングの習い事
子供にオススメの習い事ランキング(男の子編)体力増強をメインにするならスイミングが一番人気

幼稚園に通うようになると、周りのお友だちが習い事を始めたのを聞いたりすると「うち …

そろそろ接種時期が来ます!インフルエンザワクチンについて

毎年冬に猛威を振るっているインフルエンザ。 一度かかったことのある人ならわかりま …

ストレス社会、子供にとっても同じこと!!子供たちの”SOSサイン”に気づいていますか?

現代社会=ストレス社会と言われています。 ストレスがたまると潰瘍・過食・アトピー …

どうすればいいの?上手な「ママ友付き合い」をする方法とは?

幼稚園や保育園に入園すると、子供も心配ですが、「ママ同士」のお付き合いも気になっ …

年収300万円でも貯蓄はできる!?ポジティブ思考でお金と前向きに付き合いましょう

「はあ…また今月も赤字だわ…」と毎月家計簿とにらめっこしているママさん!特に子育 …