みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供が3才までにお金を貯めたい!子供の貯金額…いくらが理想なのでしょうか?貯める方法は?

   

illust1708子供の教育費を考えた時、将来に渡って相当なお金が必要になる事は間違いありませんよね。一般に大学進学までを考えた時、公立で1000万円、全て私立だとすると2000万円以上掛かるのです。後々焦る事のないように、資金計画はしっかり立てていきたいですね。

子供が小さければ小さいほどチャンス!子供名義のきちんとした通帳を作りましょう

お子さんが産まれて間もないと、赤ちゃんのお世話をすることで必死なパパママは、子供の将来のお金の事までなかなか気が回らないと思うのですが、これから先、大きくなればなるほどお子さんにお金は掛かっていきます。

ですから、将来の教育費を考えた時、一番貯蓄をしやすいのは、お子さんが産まれてから3才までの間なのです。ほとんどのご家庭では満三歳になると幼稚園へ入園しますから、そこで保育料が発生することで月々の出費は大幅に増えてしまうからです。

そこで提案したいのは、産まれてすぐに「お子さん名義の通帳」を作ることです。出来れば定期貯金などにして、お金を自由に引き出す事が出来なくする、というのもいい方法だと思います。

お子さんが3才になるまでに貯金をしましょう。その理想額は…なんと100万円!?

子供の貯金を始めるのに、やはり目標額というものは必要です。これから無理なく生活していく事を考えれば、3年間で貯めたい理想額は100万円です。

「え!?3年間で100万円?」とちょっと驚く額かもしれませんが、実は、そんなに難しいことではないのです。その理由は、自治体から支給される「児童手当」です。

0〜3才までに支給される児童手当額は、月に15000円です。その額に家計の中から子供の為に10000円をプラスしましょう。すると合計で月に25000円貯金出来ますよね。それが3年経ってみると、これだけで90万円貯金出来るのです。

お子さんが3才になるまでには、周りからお祝いを頂いたり、お年玉を頂いたりもしますから、そうしたお金を貯金すれば、「3才までに100万円」の目標が達成できてしまうのですね!

「あれ?今月貯金出来るお金がない…」そんな事にならないように通帳を上手に使い分けましょう

お金が手元に置いてあると「貯金をしなくちゃ…」と理解はしていても、どうしても使ってしまうのが人間です。そうならない為にも、「児童手当用通帳」と「生活用通帳」は分けて管理するのが望ましいでしょう。生活費、給与振込、児童手当…全て一緒の口座だと、使えるお金がいくらなのか分からなくなってしまい、結果的に「あれ?もっとお金残ってると思ったんだけど…」なんていう事態になりかねないのです。

児童手当が振り込まれる専用の通帳を作れば、その通帳は一切触れず管理出来ますから、お子さんの貯金が無理なく進みます。この通帳だけでも3年間で54万円貯めることが可能になるのです。

「 3年間で100万円」という目標は意外にクリア出来そうだと思いませんか?貯金はポジティブに捉えるのが一番ですから、お子さんの将来の為を思って、前向きに続けていきましょう!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

どうしたら寝てくれるの?赤ちゃんが眠ってくれない時はこうしよう!

生後間もなくの赤ちゃんは、授乳におむつ交換に…夜も寝る暇がありませんよね。ママは …

子供の自転車練習は何歳から?自転車デビューはタイミングが大事!

子供が補助輪を外した二輪自転車に乗れるようになるのは、早ければ幼稚園の年少から、 …

子供が風邪をひいてしまった時に食べさせたいものって?熱、咳…症状別に効く食べ物を知っておきましょう

肌寒い季節になってくると子供は風邪をひきやすく、一度かかってしまうとなかなか治ら …

男の子
人の話を聞かない子供はどう注意すれば直るの?男の子が学校のことを話さない理由

小さなころは「ただいま!あのね、先生がね…」と毎日話してくれたのに、大きくなるに …

どうすればいいの?上手な「ママ友付き合い」をする方法とは?

幼稚園や保育園に入園すると、子供も心配ですが、「ママ同士」のお付き合いも気になっ …

嫌がる子供の「歯みがき」は毎日大変…ちょっとした工夫で楽しく磨こう!

子供の歯が生えてくると、虫歯にしないために毎日「歯みがき」をお子さんにしてあげて …

落ち着きのない子供になる?「ながら子育て」は今すぐ止めよう!

時間に追われている現代社会では、子育てと言えども例外ではなく、パパもママも子供と …

乳幼児の噛み付く、歯ぎしり、歯をカチカチ…考えられる原因は何?

子供と一緒に寝ている時、突然「ぎしぎし」と耳障りな音が聞こえてビックリした!なん …

父親の家庭での役割は子供に仕事について語ること。子供に働く大人の背中を見せよう

近年では、父親が子育てに参加することが当たり前になってきましたが、それでも男性の …

授乳ケープおすすめ
赤ちゃんへの公共の場での授乳は反対が6割!授乳スペースを活用しよう

愛おしそうに赤ちゃんを抱っこするお母さん。街で見かけるたびに、その幸せなオーラに …