みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

気になる子供のお受験…努力だけでは受かりません。失敗しがちな家庭とは?

   

illust873お子さんの教育を考えた時に、幼稚園受験や小学校受験なども頭をよぎると思います。そしていざ、お受験を決意した場合は、その先に待っているのは「合格」「不合格」という分かれ道です。合格するためにはさまざまな努力も必要ですが、それとは無関係なところで不合格という結果になってしまうご家庭もあるのだそうです。

お受験をするのはあくまで子供。だけど、ママばかりが夢中になっていませんか?

「有名私立幼稚園に何が何でも入園させたい!」そんな願望をママが抱き、お子さんを受験の為の塾や幼児教室などに通わせ、幼い頃からとても熱心に受験まっしぐらのママがいます。学習塾での模擬試験などの結果が良いと「まあ!すごいじゃないの!」と満面の笑みになり、反対に出来なかったときには「これじゃ合格できないでしょ?」と不満そうな顔になる…。

子供はママが大好きですから、ママが笑顔になるように一生懸命努力しますが、それはやがてストレスになり、「早くこんな毎日から抜け出したい…」と思うようになるでしょう。そうした中でお受験対策に力を入れても、子供は疲労困憊状態になり、当日も疲れた状態のまま受験することになります。

面接を行なうのは、子供を見るエキスパートです。子供が生き生きしていない様子は一目で分かります。また、子供がママの顔色を伺う様子なども見抜かれてしまいます。

「第一印象」って本当に大切!ドアを開けた瞬間の印象が悪いと…

人は誰でも「第一印象」を元に好きか嫌いか、いい人か悪い人か、瞬時に判断する能力を持っています。面接官に至っては、一目でその人の善し悪しを決める場合もあります。ドアを開けた瞬間の顔の表情がぼーっとしていたり、強ばっていて無表情、さらには歩き方が下品…など、第一印象が悪いと、そこで不合格を決めてしまう面接官もいるほどです。

そんな最悪な第一印象を持たれてしまった後に、「私達がこちらの園へ我が子を入園させたいと思ったのは素晴らしい教育理念が…」などと説明されても、きっと面接官の心には響きません。それほど、第一印象で与えるイメージというのは、とても大切だと言えるでしょう。

こうした所作は、その日だけ取り繕っても身に付くはずもなく、人と接するのが仕事の面接官には全てお見通しです。普段から良い姿勢で座る、笑顔で話す、キレイな歩き方になるように気を配るなど、日頃から自分の動きが丁寧でキレイに見えるように心掛ける事が大切なのです。

 家族みんなが同じ考えで、同じ目標へと向かう事が大切です

幼稚園でも小学校でも、お受験をするのは気力体力を使うことを忘れてはいけません。お子さんの気持ちを尊重し、夫婦ともに良く話し合い、その目標に向けて出来る事は何かを確かめる…そうした一致団結した心構えが必要となってくるでしょう。

お子さんがお受験へ向けて楽しく参加出来るように、パパママは全力でサポートできる環境を整えてあげてくださいね。




おすすめ記事


 - お受験お役立ちコラム

  関連記事

中学受験は塾よりも習い事や体力作りが大事。塾に通うだけじゃ合格は出来ない理由

中学受験をしない場合、塾の使い方は違ってきます 中学受験は、率直に言えば競争です …

no image
中学受験のメリット・デメリット。子供の将来のために親子で進むべき進路を考えよう

小学校も中学年(3,4年生)になると、そろそろ周囲で「塾に行かせる?行かせない? …

子供の塾選び
子供の塾選びは講師を見て決めるのがオススメな理由。有名塾=良い教育ではない

有名塾はなぜ有名になれたのでしょうか? それは、優秀な生徒を集める方法を見つけた …

中学受験のプレッシャー軽減
リラックスして中学受験に挑むコツ。子供のプレッシャーを減らしてあげよう

リラックスして中学受験に臨むために まず最初に、私の子供が通っていた塾の塾長が言 …