みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

集中力のない子供。勉強も習い事も毎日の「ちょっとずつ」で集中力を高めましょう

   

illust1341家で遊んでいる子供の様子を見ていると、やはり好きな事をしている時は「集中しているな」と感じでも、「じゃあ文字のお勉強しようか!」となると長時間座っていられないなど、急激に集中力がなくなってしまうと思いませんか?勉強を集中してやらせるには、一体どうすればいいのでしょうか?

子供の集中力は「年齢プラス1分」とも言われています

さまざまな事に興味を持ち始める2才頃になると、目についたものに駆け寄り、確かめ、また次に興味が出てきた事へ…と、ひとつの事を集中して行なうというのは、なかなか難しいものです。子供の集中力は「年齢プラス1分しか持たない」と言われることもあるように、幼児期の子供はどんな事でもすぐに飽きてしまうのですね。

ですから、2歳児の子供に「この色」何かな?」などと教えてあげたい事があっても数分しか興味が持てない、じっとしていられないのは当然の事なのです。

集中力を高めるためには「毎日ちょっとずつ」の繰り返しを続けましょう

もう少し大きくなってくると、文字やすうじのお勉強もさせたいと考えますよね。そうすると、勉強ドリルなどを子供に取り組ませようと考えるパパママもいることでしょう。

「とにかくたくさん勉強させなくちゃ!」と、1日のうちに、長いと1時間近く机に向かわせて勉強させる勉強熱心なママさんもいるかと思うのですが、子供の成長過程から見ても、「長く勉強してるから良い」とは言い切れません。なぜなら、子供の集中力はとっくに切れていますから、勉強しているように見えても、本当に身に付いているかどうかは疑問だからです。

ここで大切なのは、「毎日ちょっとずつ」を心掛けるということです。

何事においてもそうですが、「繰り返す事」「続ける事」、この2つの事をしっかり守れば、身に付くのは早いのです。

毎日のお勉強を子供にさせるなら、1回5分が限度です!

子供の特性を見てきて分かるように、小学校へ上がる前にお勉強をさせようとお考えならば、「1日1回5分程度」というのを目安にするのがいいと思います。

これはだいたいドリル1ページが終わる程度ですから、場合によっては子供自身が「もっとやりたい!」となるかも知れません。親からしてみたら素晴らしいことなので、その要求に応えてさらに増やしてあげたくなりますよね。しかし、実際に勉強時間を増やしてしまうと子供は勉強したことに満足し、次への意欲が薄れてしまうのです。

「もっと勉強がやりたい!」と、枯渇感をあたえてみるというのも、子供が勉強好きになるポイントです。どうしてもやらせたいなら、朝1回、夕方1回など、時間をあけて取り組ませてあげましょう。

いかがでしたか?子供の集中力を高める為には、「毎日5分を繰り返し続けてみる」という方法がいいかもしれませんね。子供の成長には個人差がありますから、何が何でも5分、という訳ではなく、子供が勉強や習い事を楽しく取り組める時間設定をするようにしてあげましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供と一緒にキッチンで料理しよう!料理が子供の教育に良い理由とは?

女の子であれば、興味のある子であれば2~3歳で包丁を使いたがるようになります。 …

不眠、疲れが取れない…これって育児疲れ?育児ストレスを感じたら心と体の休息が必要です

子育てをしているパパママ、特に出産直後のママは眠る時間もほとんどなくて、体も心も …

姉妹喧嘩の仲裁
小学生女子のおしゃれ、親はどこまで認めるべき?禁止する前に親として教えるべきこと

街を歩いていると、可愛い!というより、まるで大人のようにキレイに着飾った女の子た …

七五三って、数え年がいいの?それとも満年齢がいいの?

夏が過ぎれば、本格的に七五三シーズンに入りますね。 多くの写真館が、早い段階で七 …

子供の料理の腕を磨くコツ。子供が料理をやりたい!と言った時はチャンスです。

子供に料理をさせることは、正直、大変です。包丁を持つたどたどしい手つきは、見てい …

親は思春期の女の子にどう接するのが正しいの?思春期の子供との付き合い方

女の子は早くて4年生頃から、平均して高学年のうちに思春期がやってきます。 親に向 …

野菜嫌いの子供に毎日の野菜ジュースはちょっと待った!手足が黄色くなってしまう!?

子供に食べ物の好き嫌いがあると、栄養の面からもとても心配です。特に野菜を食べない …

子供の誕生日をお祝いすることが実は「育脳」にとても効果絶大だった!その効果とは?

我が子が生まれてきてくれた喜びは、子供がいくつになっても色褪せることはなく、子供 …

「子育てでイライラ」はみんなある!気持ちを上手に切り替える方法

小さいお子さんのいるパパママならば、誰だって「イライラ」したことがあるでしょう。 …

ママ友との付き合いって必要?ママ友グループに入るメリットとは

子供を育てるうえで、どのママも一度は考えてしまうであろう“ママ友”との付き合い方 …