みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

幼児期にさせたい習い事。月謝はどのくらい?知っておきたい、かかるお金のあれこれ

   

illust2882「何かこの子に習い事をさせてあげたいな…」幼い頃から子供に習い事をさせるパパママはとても多くなりましたね。我が子にはどんな才能があるのか?どんな事が好きなのか?出来る事なら色々チャレンジさせてあげたい!のが希望ではありますが、知らないと、思いがけない出費に悩まされる事になりますよ。

幼稚園ママ100人にアンケート!習い事にかかる1ヶ月の月謝、どのくらいですか?

習い事をさせているママたちにアンケートをしたところ、「スポーツ系」の月謝は3000円まで…13%、5000円まで…23%、8000円まで…61%、10000円まで…3%という結果でした。また「文系」では3000円まで…12%、5000円まで…24%、8000円まで…58%、10000円まで…3%、13000円まで…3%でした。

スポーツ系、文系の習い事ともに「8000円まで」と回答した割合が最も多くて、半数以上もいることに驚きますよね。みなさん、結構な額をお子さんの習い事に費やしていることが分かります。ちなみに月謝が高い習い事のトップにあげられるのは「英会話」「学習教室」「ピアノ」「スイミング」「バレエ」などです。

月謝を払っていればいいワケじゃない!年間を通すと、それ意外に結構なお金を必要とすることもあります

「習い事は月謝さえ払っていれば大丈夫!」そう思っていたら、それは大きな誤解です。毎月の月謝の他にかかってくる「年間数万円〜数十万円単位」のお金が存在するのです。

例えば、英会話教室に通う場合には、数万円単位で教材を揃えなければならない可能性があります。しかもそれは毎年、あるいは毎月かかってくるでしょう。カリキュラムが進むに従って、新しく教材も用意しなくてはならないので、当然といえば当然なのですが、意外と「え?知らなかった…」と後から後から請求されるお金に、参ってしまうケースもあるので、注意が必要です。

他にも、バレエやピアノでは「発表会」が必ずあります。その都度数万円程度の参加費が必要になってくるのはもちろん、衣装を自分で揃える場合がほとんどでしょうから、毎回同じ物を着る訳にもいかないので、発表会のたびに新調するだけでも大幅な出費になります。可愛い我が子のためですが、一気にまとまったお金が出て行ってしまうという現実も知っておかないと、後で大変な事になってしまいますよね。

また、習い事によっては「親睦会」「パーティ」などを企画するところも少なくありません。そこでプレゼントを持ち寄ったり、飲食代の会費など、ここでも出費を余儀なくされてしまいます。

親子で楽しく参加できる習い事なら、家計の負担にならない程度にさせてあげましょう

こうして見てみると、子供の習い事には月謝以外にもかかるお金の存在があり、それは家計に大きな負担を与えてしまうかもしれません。

だけど、お子さんはもちろん、パパママも「やらせてあげて良かった!」と思える習い事であれば、続けさせてあげたいですよね。家族みんなが楽しく参加できるのであれば、習い事自体を「レジャー」と考えてしまってもいいのではないでしょうか?

最近の習い事事情、少しはお分かりいただけましたか?お子さんに合った習い事が見つかるといいですね!

 




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

断捨離の効果で運気改善!断捨離ライフで子育ても楽しくなるその方法とは?

最近はもう聞き慣れたこの「断捨離」という言葉ですが、子育て中のママは育児に忙しく …

過保護すぎる親「ヘリコプター・ペアレント」になっていませんか?子供の自立心を奪うダメ親の代表です

子供の成長を願うあまりに、手をかけ過ぎてしまったり、何でも先回りしてやってあげた …

子供が朝起きない
子供が朝起きない時の対処法。毎日起こすのが大変だと嘆く前に原因を探ってみましょう

朝、学校に行く時間が迫っているのに、起こしても起こしても子供が起きない!とお悩み …

夏休みに子供が宿題に追われないために親が家庭で出来ること。子供に宿題のやる気を出させるコツとは?

子供にとっては楽しみな夏休み。親にとっては・・・。 毎日朝から「宿題は!」「早く …

子供を支配していませんか?子供は親の所有物ではありません!!

自分自身がお腹を痛めて生んだ我が子。 何よりもかけがえのない存在です。 愛して止 …

子どもの関節に湿疹が…!素早く治すには皮膚科に行くことが大切!

ふと気付くと、子どもの関節のところに湿疹ができていること、ありませんか? うちの …

大村智・北里大特別栄誉教授がノーベル賞受賞!「人真似をしない事の大切さ」

北里大格の大村智特別栄誉教授が「ノーベル医学生理学賞」を受賞され、日本列島は早く …

ルール無視な親の行動が子供をマナーを守らない悪い子にしてしまう?

社会には「犯罪者」が多く存在しますが、その人たちも元を正せば「子供」だったわけで …

子供の靴のサイズ
間違った方法で子供の靴選びをしていませんか?サイズが合わないと足の指が曲がってしまう危険性あり

小さな子供に靴を買う時、「すぐに履けなくなってしまうから…」と大きめな靴を買って …

子供のおんぶには子育てに必要な要素が詰まっています。おんぶのスキンシップ効果とは?

今の時代にはほとんど見かけなくなってしまった「おんぶ」の習慣。 30年ほど前には …