みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供はママの背中も見ています!ワークママに育てられた子供は高収入になる!?

   

illust1449お子さんが小さくてもお仕事を続けているママはとても多くて、帰りが遅くなって子供が就寝した後に帰宅などしてしまうと「寂しい思いをさせてごめんね…」そんなやり切れない気持ちになることもあるでしょう。しかし、あるアメリカの大学が行なった研究結果に驚かされました。

知らず知らずに良い影響を与えていた!?子供にとってワーキングママの存在は大きいのです

最近では、女性の社会進出が日本でも大きく進んでいて、家庭や子供を持ってからも仕事に復帰するママがたくさんいますよね。子育てと仕事の両立は大変なことも多く、何より「子供への愛情が伝わりづらいのではないかしら…」と母親としての感情に悩む事もあるでしょう。

そんなママたちにぜひ知って貰いたい研究結果があります!あるアメリカの大学機関が発表した「仕事を持つ母親が子供に与える恩恵」が今とても注目されているのです。

先進国24カ国を対象に、男性女性、合わせて3万人以上を対象に行なった調査で、「ワーキングママに育てられた娘は、専業主婦のママの娘と比較すると、高収入である」というのです。さらには「重要なポストを任される割合」、「バリバリのキャリアウーマンになる確率」も、ともにワーキングママの娘の方が高いという結果だったそうです。

育児だってちゃんとしてます!家族のために使う時間、専業主婦と比べてもほとんど変わりはありません

ワーキングママをしていて一番の気がかりなのは、やはり「子育てがちゃんと出来ているか?」ということだと思うのですが、仕事を抱えるママが家族の世話ために使っている時間は、週平均17.7時間で、17.8時間は家事に当てているというのです。

こうした結果から見えてくるのは、家族のために頑張っている時間は、専業主婦と大きく違いはないという事なのです。仕事をしながらも、家族の為に頑張ってる姿は、ちゃんと子供たちに伝わっているのですね。

「娘」だけではない!「息子」たちもこんなに素敵な「理想の男性」に育っているんですよ!

娘は、働くママの姿を見て「私もこうなりたい!」と憧れを抱いて同じ道に進むことも考えられますが、息子たちはというと、収入や役職などはワーキングママと専業主婦で大きな差は見られませんが、家庭においては違ってくるようです。

ワーキングママに育てられた息子は、家庭をとても大事にする傾向があり、家事や育児にも積極的に参加する傾向にあると言うのです。子供の頃から仕事も家事もこなすママの姿を見てきているので、「仕事も家庭も大切にする」というのが自然と身に付いているのかも知れませんね。

いかがでしたか?ワーキングママは、お子さんがまだ小さかったりすると、子供への後ろめたさなどで押しつぶされてしまいそうになる時もありますよね。だけど実際子供は、頑張るママを見て育ち、立派に大きくなっていくのです。

時間に余裕のある時にはいっぱいスキンシップして、仕事ではカッコいいキャリアウーマンに変身!そんな素敵なママ、子供たちはきっと応援していますよ!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

暑い夏にご用心!子供の大敵「あせも」を防ぐ方法3つ

じめじめした梅雨が終わるとやってくる暑〜い夏!レジャーも楽しくてわくわくしますが …

子供のスマホは危険がいっぱい!情報リテラシーの大切さを再度考えてみませんか?

今は幼い子供でもママもスマホを使いこなし、小学生では自分専用の携帯を持っている子 …

離乳食を始めた途端、便秘で苦しがる!なんとかならないの?

離乳食が始まる前はなんともなかったのに、離乳食が始まった途端に便秘になったという …

コミュニケーション能力が低下する?気をつけよう!幼児期の『夜更かし』

赤ちゃんの頃は眠る感覚が短いので、夜も昼も眠る生活でしたが、1〜2歳になると体も …

父親の家庭での役割は子供に仕事について語ること。子供に働く大人の背中を見せよう

近年では、父親が子育てに参加することが当たり前になってきましたが、それでも男性の …

子供が朝起きない
子供が朝起きない時の対処法。毎日起こすのが大変だと嘆く前に原因を探ってみましょう

朝、学校に行く時間が迫っているのに、起こしても起こしても子供が起きない!とお悩み …

過保護の違い
子供への「過保護」と「過干渉」の違い、分かりますか?

子供を可愛いと思うあまり、つい「過保護」になったり「過干渉」になってしまったりし …

子供の食べ物の「好き嫌い」を克服するには?

お子さんが成長して大きくなるにつれて、食べ物の好き嫌いは、パパママにとっても悩み …

育児ノイローゼ対策
育児を一人で抱え込まないことが大切。母親の育児ノイローゼを防ぐ方法は?

毎日かわいいお子さんとの生活。話しかけたらにっこり微笑んでくれたり、作ったものを …

小さい子どもを連れて行く外食、どんなところが良い?

2歳以下の小さい子どもと一緒に外食をするとなると、様々なことが気になってしまって …