みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供はママの背中も見ています!ワークママに育てられた子供は高収入になる!?

   

illust1449お子さんが小さくてもお仕事を続けているママはとても多くて、帰りが遅くなって子供が就寝した後に帰宅などしてしまうと「寂しい思いをさせてごめんね…」そんなやり切れない気持ちになることもあるでしょう。しかし、あるアメリカの大学が行なった研究結果に驚かされました。

知らず知らずに良い影響を与えていた!?子供にとってワーキングママの存在は大きいのです

最近では、女性の社会進出が日本でも大きく進んでいて、家庭や子供を持ってからも仕事に復帰するママがたくさんいますよね。子育てと仕事の両立は大変なことも多く、何より「子供への愛情が伝わりづらいのではないかしら…」と母親としての感情に悩む事もあるでしょう。

そんなママたちにぜひ知って貰いたい研究結果があります!あるアメリカの大学機関が発表した「仕事を持つ母親が子供に与える恩恵」が今とても注目されているのです。

先進国24カ国を対象に、男性女性、合わせて3万人以上を対象に行なった調査で、「ワーキングママに育てられた娘は、専業主婦のママの娘と比較すると、高収入である」というのです。さらには「重要なポストを任される割合」、「バリバリのキャリアウーマンになる確率」も、ともにワーキングママの娘の方が高いという結果だったそうです。

育児だってちゃんとしてます!家族のために使う時間、専業主婦と比べてもほとんど変わりはありません

ワーキングママをしていて一番の気がかりなのは、やはり「子育てがちゃんと出来ているか?」ということだと思うのですが、仕事を抱えるママが家族の世話ために使っている時間は、週平均17.7時間で、17.8時間は家事に当てているというのです。

こうした結果から見えてくるのは、家族のために頑張っている時間は、専業主婦と大きく違いはないという事なのです。仕事をしながらも、家族の為に頑張ってる姿は、ちゃんと子供たちに伝わっているのですね。

「娘」だけではない!「息子」たちもこんなに素敵な「理想の男性」に育っているんですよ!

娘は、働くママの姿を見て「私もこうなりたい!」と憧れを抱いて同じ道に進むことも考えられますが、息子たちはというと、収入や役職などはワーキングママと専業主婦で大きな差は見られませんが、家庭においては違ってくるようです。

ワーキングママに育てられた息子は、家庭をとても大事にする傾向があり、家事や育児にも積極的に参加する傾向にあると言うのです。子供の頃から仕事も家事もこなすママの姿を見てきているので、「仕事も家庭も大切にする」というのが自然と身に付いているのかも知れませんね。

いかがでしたか?ワーキングママは、お子さんがまだ小さかったりすると、子供への後ろめたさなどで押しつぶされてしまいそうになる時もありますよね。だけど実際子供は、頑張るママを見て育ち、立派に大きくなっていくのです。

時間に余裕のある時にはいっぱいスキンシップして、仕事ではカッコいいキャリアウーマンに変身!そんな素敵なママ、子供たちはきっと応援していますよ!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

発達障害の子供との付き合い方。子供にどう説明したらいい?

ここ数年、育児をしている方は「発達障害」という言葉を必ずと言って良いほど耳にして …

「食育」は家族の笑顔がいちばん大切。ママに任せず家族も協力しよう。

2005年に食育基本法が成立されました。今では一般的に使われる「食育」という言葉 …

先輩ママの体験談<ピアノ>幼少期の習い事のメリット・デメリット。

成長が著しい幼少期にどんな習い事をさせるか悩む親御さんも多い中、常に人気の習い事 …

幼児期に存分にさせてあげたい3つの「遊び」。好奇心と脳を刺激して語彙力を高めよう!

2歳ころになると言葉の数も少しずつ増えてきて、パパママとの意思の疎通もできるよう …

テープ式からパンツ式へ替えるのっていつ?オムツ替えもっと楽にしよう!

あなたは紙オムツを使っていますか?生後まもなくの赤ちゃんのほとんどは「テープ式」 …

幼稚園の選び方
幼稚園の選び方。園の強み(運動や音楽や芸術など)に注目しよう

子供が3歳になる頃、どこの幼稚園に通わせようかと考え始めますね。 幼稚園によって …

赤ちゃんが離乳食を食べてくれない理由とは?はじめての離乳食ガイド

母乳やミルクが卒業に近づくと『離乳食』が待っています。早く1人で食べてほしい、大 …

発達障がいで「自閉症スペクトラム」って言われたけど、どういうこと?

お子さんが年齢を重ねていて検診を受けたとき「自閉症スペクトラムかもしれませんね」 …

嫌がる子供の「歯みがき」は毎日大変…ちょっとした工夫で楽しく磨こう!

子供の歯が生えてくると、虫歯にしないために毎日「歯みがき」をお子さんにしてあげて …

ママも子供も幸せになれる方法は「下から目線」の子育て

寝返りができて、お座りが出来るようになって、歩けるようになって…どんどん成長して …