みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供はママの背中も見ています!ワークママに育てられた子供は高収入になる!?

   

illust1449お子さんが小さくてもお仕事を続けているママはとても多くて、帰りが遅くなって子供が就寝した後に帰宅などしてしまうと「寂しい思いをさせてごめんね…」そんなやり切れない気持ちになることもあるでしょう。しかし、あるアメリカの大学が行なった研究結果に驚かされました。

知らず知らずに良い影響を与えていた!?子供にとってワーキングママの存在は大きいのです

最近では、女性の社会進出が日本でも大きく進んでいて、家庭や子供を持ってからも仕事に復帰するママがたくさんいますよね。子育てと仕事の両立は大変なことも多く、何より「子供への愛情が伝わりづらいのではないかしら…」と母親としての感情に悩む事もあるでしょう。

そんなママたちにぜひ知って貰いたい研究結果があります!あるアメリカの大学機関が発表した「仕事を持つ母親が子供に与える恩恵」が今とても注目されているのです。

先進国24カ国を対象に、男性女性、合わせて3万人以上を対象に行なった調査で、「ワーキングママに育てられた娘は、専業主婦のママの娘と比較すると、高収入である」というのです。さらには「重要なポストを任される割合」、「バリバリのキャリアウーマンになる確率」も、ともにワーキングママの娘の方が高いという結果だったそうです。

育児だってちゃんとしてます!家族のために使う時間、専業主婦と比べてもほとんど変わりはありません

ワーキングママをしていて一番の気がかりなのは、やはり「子育てがちゃんと出来ているか?」ということだと思うのですが、仕事を抱えるママが家族の世話ために使っている時間は、週平均17.7時間で、17.8時間は家事に当てているというのです。

こうした結果から見えてくるのは、家族のために頑張っている時間は、専業主婦と大きく違いはないという事なのです。仕事をしながらも、家族の為に頑張ってる姿は、ちゃんと子供たちに伝わっているのですね。

「娘」だけではない!「息子」たちもこんなに素敵な「理想の男性」に育っているんですよ!

娘は、働くママの姿を見て「私もこうなりたい!」と憧れを抱いて同じ道に進むことも考えられますが、息子たちはというと、収入や役職などはワーキングママと専業主婦で大きな差は見られませんが、家庭においては違ってくるようです。

ワーキングママに育てられた息子は、家庭をとても大事にする傾向があり、家事や育児にも積極的に参加する傾向にあると言うのです。子供の頃から仕事も家事もこなすママの姿を見てきているので、「仕事も家庭も大切にする」というのが自然と身に付いているのかも知れませんね。

いかがでしたか?ワーキングママは、お子さんがまだ小さかったりすると、子供への後ろめたさなどで押しつぶされてしまいそうになる時もありますよね。だけど実際子供は、頑張るママを見て育ち、立派に大きくなっていくのです。

時間に余裕のある時にはいっぱいスキンシップして、仕事ではカッコいいキャリアウーマンに変身!そんな素敵なママ、子供たちはきっと応援していますよ!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供部屋をオシャレな家具や収納道具でスッキリ!インテリアの選び方

子供部屋ってカラフルな玩具が多く、整理整頓しているつもりでも、どうしても見た目に …

どうすればいいの?上手な「ママ友付き合い」をする方法とは?

幼稚園や保育園に入園すると、子供も心配ですが、「ママ同士」のお付き合いも気になっ …

お父さんにも育児に参加してほしい!心強いパートナーに育てよう!

今はもはや当たり前の存在になりつつある「イクメン」。 しかし、まだまだイクメンに …

「あれ買って〜!」はこれで解決!子供の心理を上手に利用しよう

幼児期になると自分の好きな物やお気に入りのキャラクターなどが出て来て、高価なゲー …

ファーストフードを子供に食べさせて栄養は大丈夫?外食するときの注意点

子供と出かけた時に、帰宅してご飯を作るのが面倒なことってよくありますよね。だから …

子育てに余裕
子供にダメ出しは逆効果!子供の将来を考えるなら気持ちに余裕を持ちましょう

子供は親の思うように育たないとは言いますが、まさにその通り。 子供の事を心配する …

子供の心に大きな傷を作ってしまう間違った叱り方とは?支配と教育の違いを認識しよう

子供が悪いことをしてしまった時、「叱る」ことはとても大切なことです。 しかし、最 …

脳科学に基づいた教育方法!「久保田式」の子育てで0才から脳の基礎を作っていきましょう

赤ちゃんを授かり、出産し、我が子に出会えた喜びは何にも変えられる事はできません。 …

ママ友との付き合いって必要?ママ友グループに入るメリットとは

子供を育てるうえで、どのママも一度は考えてしまうであろう“ママ友”との付き合い方 …

0才の赤ちゃんでもお片づけ出来るの!?無理なく「片付け上手」な子供に育てましょう

愛おしい我が子の笑顔は、パパママにとってなによりの宝物ですよね。おもちゃで遊ぶ姿 …