みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

脳科学に基づいた教育方法!「久保田式」の子育てで0才から脳の基礎を作っていきましょう

   

illust1985赤ちゃんを授かり、出産し、我が子に出会えた喜びは何にも変えられる事はできません。この子の幸せを願い、素晴らしい人生が送れますようにと心から思います。その為にはやはり「教育」は必要不可欠ですね。そこで今回は「久保田式育児法」に注目してみました。

開発者の「久保田カヨ子」さんとは?「久保田式育児法」ってどんなものなの?

京都大学の名誉教授でもあるご主人は、脳神経学の世界的な権威でもある久保田競さんです。その奥様である久保田カヨ子さんはご主人の文献から脳神経学を学び、昔ながらの子育てと脳科学には密接な関係があることを確信したのです。

「おんぶ」「いないいないばあ」など、昔から親しまれてきた子育てに関することを脳科学的に分析し、それらの行動がいかに大切であるかを教えてくれるのが「久保田式育児法」なのです。

昔からの子育ては理にかなっていた!「おんぶ」が「抱っこ」よりも優れている理由とは?

現代のママたちはほとんどしなくなってしまった「おんぶ」ですが、久保田式によると、「おんぶは脳内のミラーニューロンシステムが働く」のだそうです。

おんぶの利点はなんといっても「親と同じ視線で物事を見る事ができる」ということです。抱っこではママの胸の中しか視野がないので世界が広がりませんが、おんぶでは、ママと同じ高さの世界を見ていますから、何をするのにも見本を見せてあげられるのです。赤ちゃんはその動作を覚え、インプットし、それを真似るようになる…これがミラーニューロンシステムです。

赤ちゃんをあやすためにしていた「いないいないばあ」、実はトレーニングになっていました

では「いないいないばあ」ではどういう働きがあるのか…それは「記憶力」です。

ただ赤ちゃんをあやすだけだと思っていた「いないいないばあ」ですが、これはママが「いないいない…」と顔を隠している間に、そこにあったママの顔のことを覚えている作業が脳内で行なわれており、記憶力を鍛えるトレーニングになるのだと言います。

何かに視線を集中している、何か起きるのを期待して待つ…という行動は、前頭連合野の訓練に最も適しているので、知的発達にはとても効果的なのですね。

いかがでしたか?昔から受け継がれている「おんぶ」「いないいないばあ」に、脳科学の観点からみるとこんな素晴らしい効果があるなんて、ちょっとビックリしませんか?久保田式育児法には、他にも「おむつを替える時は必ず話しかける→神経回路の発達」「歩くより止まれ!を覚えさせよう→自分の命を守る」など、赤ちゃんの脳を刺激する子育て方法がいくつも紹介されています。

「三つ子の魂百まで」という言葉があります。脳の発達が、およそ3才までで80%の脳が出来上がるという脳科学の研究結果からみても、昔から伝えられてきたこの言葉というのは、とても重みを感じますよね。久保田式育児法を見習って、赤ちゃんの脳をどんどん活性化させてあげてはいかがですか?




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供の話を聞く事の重要性。子供との信頼関係は聞くことから始まる

子供にとって、親に話を聞いてもらうことはとても大切なことです。親子のコミュニケー …

子どもの熱中症
子供の熱中症予防と症状まとめ。6月から気温が高くなるので要注意!

『子供の熱中症』 最近は春の季節から急に気温が上がり春らしい気候があっという間に …

子どもは親の行動をよく見ている!真似っこ上手な1、2歳児の特徴とは?

普段の何気ない行動でも、完全コピーをしてくる侮れない子どもの観察力。 挨拶だった …

子供はママの背中も見ています!ワークママに育てられた子供は高収入になる!?

お子さんが小さくてもお仕事を続けているママはとても多くて、帰りが遅くなって子供が …

インフルエンザも流行し始めている!子供の平熱、ちゃんと分かっていますか?

毎年冬が近づいてくるとインフルエンザの流行がニュースで取りざたされ、小さなお子さ …

幼児期にさせたい習い事。月謝はどのくらい?知っておきたい、かかるお金のあれこれ

「何かこの子に習い事をさせてあげたいな…」幼い頃から子供に習い事をさせるパパママ …

中間反抗期といわれる「ギャングエイジ」の子供。どうしてイライラするの?

「ギャングエイジ」って聞いた事ありませんか? 小学生になると友達や仲間との結びつ …

子供と一緒にキッチンで料理しよう!料理が子供の教育に良い理由とは?

女の子であれば、興味のある子であれば2~3歳で包丁を使いたがるようになります。 …

「歯は命」 子供の大切な歯を虫歯から守る方法!!

初めての小児歯科には苦い思い出があります。歯が生えそろった頃から気をつけて歯磨き …

育児日記を続けるコツ
乳幼児期に育児日記を書くことのメリット&育児日記を続けるコツ

みなさんは「育児日記」を付けていますか?出産のお祝いとして、産院から頂くこともあ …