みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

「買って買って!」はチャンスかも!?お金の教育をするにはどうしたらいいの?

      2015/09/28

illust143赤ちゃんの頃から不自由なく周りの人がお世話をしてくれ、自分の足で立って歩けるようになりました。幼児期になり、欲しいものが何でも自由に手に入る訳ではないことが分かると「買って〜!」と駄々をこねますよね。そうした時がお金教育のチャンスかもしれませんよ!?

まだ2才だから…お金の話をしてもわからないんじゃないの?

子育てをしているご家庭への「お小遣いはいつから?」というアンケートで「子供が小学生になったのを期にお小遣いをあげるようになった」という回答が多く、その割合は8割を占めていました。次いで「中学校へ入ってから」という結果となり、未就学時でお小遣いをあげるというご家庭はごく少数であると感じました。

しかし、あるファイナンシャルプランナーの方は『買って!』とねだることが増えたら開始のサイン」だとおっしゃっています。

「まだ2才だから…」と思う方もいるかと思いますが、欲しいものを買うには「お金が必要」で、「使ったらなくなるんだよ」という事は理解できるはずです。子供専用の財布を与えて小銭を入れ、欲しいお菓子やおもちゃは、そのお財布から払わせるようにしましょう。

「お財布の中のお金、使ったらなくなっちゃった…」という経験が実体験できるというのは、この年齢でも、お金に対する意識付けになることは間違いありませんね。

小学校、中学校でのお金の使い方で身につけたいこととは?

小学生になると、「お金をやりくりして使う」という事も視野に入れてお金教育をしていきたいですよね。「浪費タイプの子」の場合には最初は数百円程度を渡し、欲しいものがあるものはお小遣いをやりくりしないと買う事が出来ないことを学ばせましょう。「貯めて買う」ことが出来るようになったら、お小遣いの中で文具などの「必要な物」も買えるようにし、お小遣いの金額を少し増やすなどして、さらにやりくり出来るように目指したいところです。

反対に「貯金タイプの子」の場合は、始めから「必要な物」をお小遣いの中から買うようにしていきましょう。このタイプの子供は、自分のお金は使おうとしません。一見、無駄遣いしないで素晴らしいと思ってしまいますが、必要な物は親にねだる、祖父母にねだるなどの「癖」がついてしまうので、注意していかなければならないのです。

電子マネーなどが普及した現代だからこそ、お小遣いは袋に入れて管理させましょう

コンビニなどでは電子マネーでのやりとりが多くなり、子供も現金に触れる機会が減り、お金の実際の流れが分かりにくくなっています。ですからお金に対する意識が薄くなり、上手にやりくり出来ない子供も増えてしまっているのかもしれません。

お小遣いを与える時は袋などに入れて「今、全部でいくらあるんだろう?」などとお小遣いを管理させることも大切です。お手伝いをしてくれた時に「臨時収入」をあげると、働く事の喜びを感じることが出来るので、「手伝ってくれてありがとう」と感謝の気持ちと一緒に渡すのも、時にはいいかもしれませんね。

幼児期からでも「お金教育」は出来そうです。家族でよく相談をして、これから一生の付き合いとなる金銭感覚を養っていきましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

駄々っ子な子どもに苦労していませんか?だだをこねるには理由があるんです!

スーパーで「買ってかってー!泣」と駄々をこねている子どもを一度は見たことあります …

子育て期はお金がかかる…ちょっとの見直しで「子育て浪費」をグンと減らす方法とは?

赤ちゃんから幼児期になるまでの子供の成長は著しく、すぐに大きくなってしまうので洋 …

知らないうちに「ダメな子」に育てていた?見直したい親の行動5つ

「わが子がいい子に育ちますように…」そう願うのは親であれば誰しも思うことでしょう …

テープ式からパンツ式へ替えるのっていつ?オムツ替えもっと楽にしよう!

あなたは紙オムツを使っていますか?生後まもなくの赤ちゃんのほとんどは「テープ式」 …

子育てに重要な生活リズム。子供の生活の質を考えていますか?

QOLとは「Quality of Life」の略で「生活の質」を意味します。 あ …

ガムの取り方
子供の髪の毛やカーペットにガムが付いた時に簡単にガムを取る方法

子供が小さい時、髪の毛にガムがついた!という経験を持つママは少なくないはず。 ま …

「食育」は家族の笑顔がいちばん大切。ママに任せず家族も協力しよう。

2005年に食育基本法が成立されました。今では一般的に使われる「食育」という言葉 …

子供の送り迎え
子供に塾や習い事をさせると親の負担は倍増!送り迎えなどでストレスの限界を迎えたらスケジュールの見直しを

塾や習い事と親の負担について 学校では、子供に必要な経験がおぼつかない。その思い …

夏休み
子供の学びは好奇心から始まる。将来につながる色んな経験をさせてあげよう

産まれてきた赤ちゃん。 か弱くて、無垢で100%守ってあげないとと思います。 そ …

集中力のない子供。勉強も習い事も毎日の「ちょっとずつ」で集中力を高めましょう

家で遊んでいる子供の様子を見ていると、やはり好きな事をしている時は「集中している …