みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

「買って買って!」はチャンスかも!?お金の教育をするにはどうしたらいいの?

      2015/09/28

illust143赤ちゃんの頃から不自由なく周りの人がお世話をしてくれ、自分の足で立って歩けるようになりました。幼児期になり、欲しいものが何でも自由に手に入る訳ではないことが分かると「買って〜!」と駄々をこねますよね。そうした時がお金教育のチャンスかもしれませんよ!?

まだ2才だから…お金の話をしてもわからないんじゃないの?

子育てをしているご家庭への「お小遣いはいつから?」というアンケートで「子供が小学生になったのを期にお小遣いをあげるようになった」という回答が多く、その割合は8割を占めていました。次いで「中学校へ入ってから」という結果となり、未就学時でお小遣いをあげるというご家庭はごく少数であると感じました。

しかし、あるファイナンシャルプランナーの方は『買って!』とねだることが増えたら開始のサイン」だとおっしゃっています。

「まだ2才だから…」と思う方もいるかと思いますが、欲しいものを買うには「お金が必要」で、「使ったらなくなるんだよ」という事は理解できるはずです。子供専用の財布を与えて小銭を入れ、欲しいお菓子やおもちゃは、そのお財布から払わせるようにしましょう。

「お財布の中のお金、使ったらなくなっちゃった…」という経験が実体験できるというのは、この年齢でも、お金に対する意識付けになることは間違いありませんね。

小学校、中学校でのお金の使い方で身につけたいこととは?

小学生になると、「お金をやりくりして使う」という事も視野に入れてお金教育をしていきたいですよね。「浪費タイプの子」の場合には最初は数百円程度を渡し、欲しいものがあるものはお小遣いをやりくりしないと買う事が出来ないことを学ばせましょう。「貯めて買う」ことが出来るようになったら、お小遣いの中で文具などの「必要な物」も買えるようにし、お小遣いの金額を少し増やすなどして、さらにやりくり出来るように目指したいところです。

反対に「貯金タイプの子」の場合は、始めから「必要な物」をお小遣いの中から買うようにしていきましょう。このタイプの子供は、自分のお金は使おうとしません。一見、無駄遣いしないで素晴らしいと思ってしまいますが、必要な物は親にねだる、祖父母にねだるなどの「癖」がついてしまうので、注意していかなければならないのです。

電子マネーなどが普及した現代だからこそ、お小遣いは袋に入れて管理させましょう

コンビニなどでは電子マネーでのやりとりが多くなり、子供も現金に触れる機会が減り、お金の実際の流れが分かりにくくなっています。ですからお金に対する意識が薄くなり、上手にやりくり出来ない子供も増えてしまっているのかもしれません。

お小遣いを与える時は袋などに入れて「今、全部でいくらあるんだろう?」などとお小遣いを管理させることも大切です。お手伝いをしてくれた時に「臨時収入」をあげると、働く事の喜びを感じることが出来るので、「手伝ってくれてありがとう」と感謝の気持ちと一緒に渡すのも、時にはいいかもしれませんね。

幼児期からでも「お金教育」は出来そうです。家族でよく相談をして、これから一生の付き合いとなる金銭感覚を養っていきましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

嘘
反省のない子供の「嘘」はママの心の問題が大きく関係している

「嘘つきは泥棒の始まりだよ!」子供が何か「嘘」をついてしまったとき、親として悲し …

紫外線が子供に与える悪影響を知ろう!目を保湿して子供の視力を守る方法

人は常に紫外線にさらされて生活をしています。外で直射日光に当たるときだけでなく、 …

子供に「自分を知る」機会を与えていますか?親の押しつけは子供の希望を奪ってしまう!?

幼児期のお子さんを持つパパママにとって、わが子がどんな大人になるのか心配、あるい …

泣き止まない赤ちゃんの対処法。覚えておくとお出かけも安心!

0〜1才の赤ちゃんは、まだ言葉も話せませんから、周りの人へ自分の意思表示をするた …

子供を公園デビューさせる時の注意点!ジャングルジムや滑り台で怪我をしないよう親がするべきこと

子供が1歳を過ぎ、歩き始めるようになると公園デビュー!という親子は多くいるでしょ …

長所子ども
子供の直したい「マイナス行動」短所も裏を返せば長所になる

「落ち着きがない」 「あれもこれも人にやってもらう」 などなど、子供の行動には「 …

幼児期に存分にさせてあげたい3つの「遊び」。好奇心と脳を刺激して語彙力を高めよう!

2歳ころになると言葉の数も少しずつ増えてきて、パパママとの意思の疎通もできるよう …

叱るとき・怒るとき・注意するとき、上手に使い分けて怒りんぼママから素敵ママに大変身!

育児中は、叱る・怒る・注意、この3つを無意識に使っていると思います。ですが、無意 …

子供の料理の腕を磨くコツ。子供が料理をやりたい!と言った時はチャンスです。

子供に料理をさせることは、正直、大変です。包丁を持つたどたどしい手つきは、見てい …

子供とふれあう時間が少ない共働きのママは『絵本の読み聞かせ』をしてみよう。心を豊かにする絵本の話

ママの一日は忙しい。朝からお弁当を作って(家庭によっては数個作る場合もあります) …