みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

「買って買って!」はチャンスかも!?お金の教育をするにはどうしたらいいの?

      2015/09/28

illust143赤ちゃんの頃から不自由なく周りの人がお世話をしてくれ、自分の足で立って歩けるようになりました。幼児期になり、欲しいものが何でも自由に手に入る訳ではないことが分かると「買って〜!」と駄々をこねますよね。そうした時がお金教育のチャンスかもしれませんよ!?

まだ2才だから…お金の話をしてもわからないんじゃないの?

子育てをしているご家庭への「お小遣いはいつから?」というアンケートで「子供が小学生になったのを期にお小遣いをあげるようになった」という回答が多く、その割合は8割を占めていました。次いで「中学校へ入ってから」という結果となり、未就学時でお小遣いをあげるというご家庭はごく少数であると感じました。

しかし、あるファイナンシャルプランナーの方は『買って!』とねだることが増えたら開始のサイン」だとおっしゃっています。

「まだ2才だから…」と思う方もいるかと思いますが、欲しいものを買うには「お金が必要」で、「使ったらなくなるんだよ」という事は理解できるはずです。子供専用の財布を与えて小銭を入れ、欲しいお菓子やおもちゃは、そのお財布から払わせるようにしましょう。

「お財布の中のお金、使ったらなくなっちゃった…」という経験が実体験できるというのは、この年齢でも、お金に対する意識付けになることは間違いありませんね。

小学校、中学校でのお金の使い方で身につけたいこととは?

小学生になると、「お金をやりくりして使う」という事も視野に入れてお金教育をしていきたいですよね。「浪費タイプの子」の場合には最初は数百円程度を渡し、欲しいものがあるものはお小遣いをやりくりしないと買う事が出来ないことを学ばせましょう。「貯めて買う」ことが出来るようになったら、お小遣いの中で文具などの「必要な物」も買えるようにし、お小遣いの金額を少し増やすなどして、さらにやりくり出来るように目指したいところです。

反対に「貯金タイプの子」の場合は、始めから「必要な物」をお小遣いの中から買うようにしていきましょう。このタイプの子供は、自分のお金は使おうとしません。一見、無駄遣いしないで素晴らしいと思ってしまいますが、必要な物は親にねだる、祖父母にねだるなどの「癖」がついてしまうので、注意していかなければならないのです。

電子マネーなどが普及した現代だからこそ、お小遣いは袋に入れて管理させましょう

コンビニなどでは電子マネーでのやりとりが多くなり、子供も現金に触れる機会が減り、お金の実際の流れが分かりにくくなっています。ですからお金に対する意識が薄くなり、上手にやりくり出来ない子供も増えてしまっているのかもしれません。

お小遣いを与える時は袋などに入れて「今、全部でいくらあるんだろう?」などとお小遣いを管理させることも大切です。お手伝いをしてくれた時に「臨時収入」をあげると、働く事の喜びを感じることが出来るので、「手伝ってくれてありがとう」と感謝の気持ちと一緒に渡すのも、時にはいいかもしれませんね。

幼児期からでも「お金教育」は出来そうです。家族でよく相談をして、これから一生の付き合いとなる金銭感覚を養っていきましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

娘の子育て思春期
友達のような関係の親子に潜む危険性。娘は母親のコピーじゃありません

女の子はママにとっても「同性」なので、とにかく仲良しで、まるでお友達みたいな感覚 …

毎日起こる「兄弟ゲンカ」その対処法教えます

お友だちとは仲良く遊べるのに、なんで兄弟だと家でケンカばかりして…そんなご家庭も …

ぐずる子ども
朝の忙しい時に子供をぐずらせない方法。スムーズに幼稚園まで送り届けるコツとは?

子育てをされているご家庭にとって、朝の忙しさと言ったらありません! 共働き家庭な …

授乳中の頭痛…薬って飲んでも大丈夫なの?

授乳中だけれど、お母さんも人間ですから体調不良くらいにはなりますよね。 特に多い …

子供に洗濯干しのお手伝いを頼む6つのメリット

子供にとって、お手伝いに大切なポイントは「考えて出来ること」「やり遂げたという達 …

ストレス社会、子供にとっても同じこと!!子供たちの”SOSサイン”に気づいていますか?

現代社会=ストレス社会と言われています。 ストレスがたまると潰瘍・過食・アトピー …

赤ちゃんや子どもの鼻水!どうやって対処したら良い?

赤ちゃんや子どもが鼻水を出していると、呼吸が苦しそうで息ができなくなってしまうの …

「音育」って知っていますか?脳の発達を促す音育で子供の感性を引き出していきましょう

音楽を使った子供の学習の取り組みは、昔から行なわれてきました。赤ちゃんはママのお …

過保護の違い
子供への「過保護」と「過干渉」の違い、分かりますか?

子供を可愛いと思うあまり、つい「過保護」になったり「過干渉」になってしまったりし …

卒乳のやり方とベストな時期は?授乳を卒業するまでの道のりを大公開!

母乳育児をしているお母さんにとっては、卒乳の時期というのはとても悩ましいところだ …