みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

「勉強しなさい!」って言いたくない…進んで勉強する子って、何が違うの?

   

illust2878比べたくはないけど、やっぱりよその子を見ていると「あの子はいつも成績優秀よね、何でうちの子は出来ないんだろう…」とため息をつきたくなってしまうこと、ありますよね。自分から進んで勉強する子って、実は育て方に秘密があったようです。

「勉強しなさい!」のひとこと…実は子供に勉強させるためには逆効果だったのです

学校から帰ってくると、ランドセルを放り投げてゲームを始める子供…、宿題だってきっとあるのに、全然やろうとする気がありません。そんな様子を見かねて思わず「早く宿題やっちゃいなさい!」「勉強しなさいって言ってるでしょ!」など、子供に対して言ってしまいますよね。

そんな、親なら誰でも言っているこの言葉、実は子供にとっては逆効果だったのです。

この言葉を聞いた子供は「ゲームしてるのに…」「今やろうと思っていたのに!」と、反発するような気持ちになるでしょう。そして、勉強そのものが「親にやらされている」という感覚にもなるので、勉強=嫌なもの、という図式が出来上がってしまうのです。

勉強をして欲しいと願うなら、「少しだけ得意」をいっぱい増やしてあげましょう

これから小学校へ入学するお子さんであれば、「もじ」や「かず」など、少しずつ取り組んでいるご家庭もあるかもしれませんね。

もちろん、これも立派に「勉強」です。そしてお子さんにとっては初めての経験になります。親御さんも、初めてお子さんが書いた「ひらがな」には、きっと大喜びしたのではありませんか?「すごーい!上手だね〜!」きっとこんな言葉をお子さんにかけたはずです。それを聞いた子供も嬉しくなり、さらに字を書こう、もっと上手に書こうと、一生懸命取り組むでしょう。

このように字を書く事でもわかるように「少しだけ得意」になることが、お子さん自身の「やりたい」につながっていき、「やりなさい!」と言われなくても、自分から取り組む子供になるのです。

絵でも計算でもピアノでも!人よりもちょっと上手になれる事を見つけて「得意感覚」を養いましょう

小学校では同じクラスの友達と同じ授業を受け、同じテストをしますよね。そこで「自分は人よりもこれは得意なんだ!」と子供自身気づき、「もっと頑張ってみよう!」という感覚になります。これが「得意感覚」です。

この得意感覚が芽生えると、親から言われなくても自主的に取り組んだり、もっと上手になれる方法は何だろう?と、子供自らが進んで行動を起こします。こうなれば、親は子供の頑張りを見守り、困った時に手を差し伸べてあげるだけで十分です。

受験を控えた学習塾では、長時間机と向き合い勉強に取り組ませますが、これは受験には効果があるかもしれませんが、終わった後、その子の知識になっているのかは疑問です。やはり、実力を伸ばすには、子供の学習への意欲を育ててあげることなのです。

いかがでしたか?「勉強しなさい!」を減らすためには「これ得意なんだね!上手だね!」と得意な分野を探して褒めてあげることが大切なのですね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

知らないうちに「ダメな子」に育てていた?見直したい親の行動5つ

「わが子がいい子に育ちますように…」そう願うのは親であれば誰しも思うことでしょう …

発達障害の子供との付き合い方。子供にどう説明したらいい?

ここ数年、育児をしている方は「発達障害」という言葉を必ずと言って良いほど耳にして …

先輩ママの体験談<スイミング>幼少期の習い事のメリット・デメリット

人気の習い事ランキングで1位になることが多いスイミング。オリンピックなど世界で活 …

暑い夏休み、低予算で子供と一緒に遊ぶ方法まとめ

ながいながい夏休み。さらにここ数年、外の気温は異様なまでに上昇しています。 暑さ …

育てたい子供の「決断力」。見極める力をトレーニングしよう!

人間が生活を営んで行く上で、大切な場面では必ずといっていいほど「決断」を迫られま …

ミキハウスの服
子供服の選び方。おすすめの二大ブランド『ファミリア』『ミキハウス』の違いとは?

子供服コーナーへ足を運ぶと色とりどりのかわいい服や大人顔負けのおしゃれな服など目 …

子供を支配していませんか?子供は親の所有物ではありません!!

自分自身がお腹を痛めて生んだ我が子。 何よりもかけがえのない存在です。 愛して止 …

ママ友との付き合いって必要?ママ友グループに入るメリットとは

子供を育てるうえで、どのママも一度は考えてしまうであろう“ママ友”との付き合い方 …

子供とふれあう時間が少ない共働きのママは『絵本の読み聞かせ』をしてみよう。心を豊かにする絵本の話

ママの一日は忙しい。朝からお弁当を作って(家庭によっては数個作る場合もあります) …

ダラダラ叱るのは逆効果!?「一発」で子供に届く叱り方に切り替えよう!

子供を叱るのは、今後、同じ間違いをしないようにして欲しい…という親の気持ちを子供 …