みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

「勉強しなさい!」って言いたくない…進んで勉強する子って、何が違うの?

   

illust2878比べたくはないけど、やっぱりよその子を見ていると「あの子はいつも成績優秀よね、何でうちの子は出来ないんだろう…」とため息をつきたくなってしまうこと、ありますよね。自分から進んで勉強する子って、実は育て方に秘密があったようです。

「勉強しなさい!」のひとこと…実は子供に勉強させるためには逆効果だったのです

学校から帰ってくると、ランドセルを放り投げてゲームを始める子供…、宿題だってきっとあるのに、全然やろうとする気がありません。そんな様子を見かねて思わず「早く宿題やっちゃいなさい!」「勉強しなさいって言ってるでしょ!」など、子供に対して言ってしまいますよね。

そんな、親なら誰でも言っているこの言葉、実は子供にとっては逆効果だったのです。

この言葉を聞いた子供は「ゲームしてるのに…」「今やろうと思っていたのに!」と、反発するような気持ちになるでしょう。そして、勉強そのものが「親にやらされている」という感覚にもなるので、勉強=嫌なもの、という図式が出来上がってしまうのです。

勉強をして欲しいと願うなら、「少しだけ得意」をいっぱい増やしてあげましょう

これから小学校へ入学するお子さんであれば、「もじ」や「かず」など、少しずつ取り組んでいるご家庭もあるかもしれませんね。

もちろん、これも立派に「勉強」です。そしてお子さんにとっては初めての経験になります。親御さんも、初めてお子さんが書いた「ひらがな」には、きっと大喜びしたのではありませんか?「すごーい!上手だね〜!」きっとこんな言葉をお子さんにかけたはずです。それを聞いた子供も嬉しくなり、さらに字を書こう、もっと上手に書こうと、一生懸命取り組むでしょう。

このように字を書く事でもわかるように「少しだけ得意」になることが、お子さん自身の「やりたい」につながっていき、「やりなさい!」と言われなくても、自分から取り組む子供になるのです。

絵でも計算でもピアノでも!人よりもちょっと上手になれる事を見つけて「得意感覚」を養いましょう

小学校では同じクラスの友達と同じ授業を受け、同じテストをしますよね。そこで「自分は人よりもこれは得意なんだ!」と子供自身気づき、「もっと頑張ってみよう!」という感覚になります。これが「得意感覚」です。

この得意感覚が芽生えると、親から言われなくても自主的に取り組んだり、もっと上手になれる方法は何だろう?と、子供自らが進んで行動を起こします。こうなれば、親は子供の頑張りを見守り、困った時に手を差し伸べてあげるだけで十分です。

受験を控えた学習塾では、長時間机と向き合い勉強に取り組ませますが、これは受験には効果があるかもしれませんが、終わった後、その子の知識になっているのかは疑問です。やはり、実力を伸ばすには、子供の学習への意欲を育ててあげることなのです。

いかがでしたか?「勉強しなさい!」を減らすためには「これ得意なんだね!上手だね!」と得意な分野を探して褒めてあげることが大切なのですね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

ポジティブ思考
子供のポジティブ思考はトレーニングできる!前向きな子供は行動力が高くなる

100人の子供がいれば100通りの考え方があって、明るい子もいれば暗い子もいます …

子供の食べ物の「好き嫌い」を克服するには?

お子さんが成長して大きくなるにつれて、食べ物の好き嫌いは、パパママにとっても悩み …

社会マナーは子供時代の集団生活から受け継がれていくものです!!

ゆとり世代以降の言動、行動、社会人マナーが問題とされています。 私は子供の習い事 …

育児腰痛
育児腰痛を和らげる4つのコツとおすすめストレッチ

産後、腰痛に悩まされる女性はとても多いと言われています。 その原因のひとつが“骨 …

子供服を安く手に入れる方法。フリーマーケットやリサイクルショップを使う時のコツは?

子供の服ってサイズアウトが本当に早い!今の季節にしか着れない服は、買っても着るの …

子供が朝起きない
子供が朝起きない時の対処法。毎日起こすのが大変だと嘆く前に原因を探ってみましょう

朝、学校に行く時間が迫っているのに、起こしても起こしても子供が起きない!とお悩み …

「イヤイヤ期」はこう乗り切る!子供の行動別対処法を考えよう

「魔の2歳児」とよく言いますが、あれもイヤ!これもヤダ!と自己主張の表れでありス …

子どもの熱中症
子供の熱中症予防と症状まとめ。6月から気温が高くなるので要注意!

『子供の熱中症』 最近は春の季節から急に気温が上がり春らしい気候があっという間に …

不規則な生活はこんな病気を引き起こす。確認したい子供の症状6点!!

小・中学校の実態に愕然とすること、保健室登校、不登校者が全体の1/3近くを占めて …

赤ちゃんが離乳食を食べてくれない理由とは?はじめての離乳食ガイド

母乳やミルクが卒業に近づくと『離乳食』が待っています。早く1人で食べてほしい、大 …