みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

「勉強しなさい!」って言いたくない…進んで勉強する子って、何が違うの?

   

illust2878比べたくはないけど、やっぱりよその子を見ていると「あの子はいつも成績優秀よね、何でうちの子は出来ないんだろう…」とため息をつきたくなってしまうこと、ありますよね。自分から進んで勉強する子って、実は育て方に秘密があったようです。

「勉強しなさい!」のひとこと…実は子供に勉強させるためには逆効果だったのです

学校から帰ってくると、ランドセルを放り投げてゲームを始める子供…、宿題だってきっとあるのに、全然やろうとする気がありません。そんな様子を見かねて思わず「早く宿題やっちゃいなさい!」「勉強しなさいって言ってるでしょ!」など、子供に対して言ってしまいますよね。

そんな、親なら誰でも言っているこの言葉、実は子供にとっては逆効果だったのです。

この言葉を聞いた子供は「ゲームしてるのに…」「今やろうと思っていたのに!」と、反発するような気持ちになるでしょう。そして、勉強そのものが「親にやらされている」という感覚にもなるので、勉強=嫌なもの、という図式が出来上がってしまうのです。

勉強をして欲しいと願うなら、「少しだけ得意」をいっぱい増やしてあげましょう

これから小学校へ入学するお子さんであれば、「もじ」や「かず」など、少しずつ取り組んでいるご家庭もあるかもしれませんね。

もちろん、これも立派に「勉強」です。そしてお子さんにとっては初めての経験になります。親御さんも、初めてお子さんが書いた「ひらがな」には、きっと大喜びしたのではありませんか?「すごーい!上手だね〜!」きっとこんな言葉をお子さんにかけたはずです。それを聞いた子供も嬉しくなり、さらに字を書こう、もっと上手に書こうと、一生懸命取り組むでしょう。

このように字を書く事でもわかるように「少しだけ得意」になることが、お子さん自身の「やりたい」につながっていき、「やりなさい!」と言われなくても、自分から取り組む子供になるのです。

絵でも計算でもピアノでも!人よりもちょっと上手になれる事を見つけて「得意感覚」を養いましょう

小学校では同じクラスの友達と同じ授業を受け、同じテストをしますよね。そこで「自分は人よりもこれは得意なんだ!」と子供自身気づき、「もっと頑張ってみよう!」という感覚になります。これが「得意感覚」です。

この得意感覚が芽生えると、親から言われなくても自主的に取り組んだり、もっと上手になれる方法は何だろう?と、子供自らが進んで行動を起こします。こうなれば、親は子供の頑張りを見守り、困った時に手を差し伸べてあげるだけで十分です。

受験を控えた学習塾では、長時間机と向き合い勉強に取り組ませますが、これは受験には効果があるかもしれませんが、終わった後、その子の知識になっているのかは疑問です。やはり、実力を伸ばすには、子供の学習への意欲を育ててあげることなのです。

いかがでしたか?「勉強しなさい!」を減らすためには「これ得意なんだね!上手だね!」と得意な分野を探して褒めてあげることが大切なのですね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

怒り過ぎたかな…子供が可哀想?「毒親」にならないための方法とは?

子供が何か悪い事をしたとき、親としてはしつけなければなりませんから、「怒る」こと …

ママ友付き合いでのトラブル喧嘩防止方法。ママ友との上手な付き合い方のコツ

子供が生まれたら避けて通れないのが、ママ友との付き合い。子供同士が友達、家が近所 …

駄々っ子な子どもに苦労していませんか?だだをこねるには理由があるんです!

スーパーで「買ってかってー!泣」と駄々をこねている子どもを一度は見たことあります …

手抜きでOK!おねだり上手ママでパパにも家事参加してもらおう!

共働きをする子育て世代ファミリーはとても増えていますから、家事をママひとりで抱え …

早くしなさい
子供が指示待ち人間になってしまう「早くしなさい」という親の口癖

朝の登園準備をしているのに、テレビを見たまま動かない子供… 「何してるの!早くし …

「あれ買って〜!」はこれで解決!子供の心理を上手に利用しよう

幼児期になると自分の好きな物やお気に入りのキャラクターなどが出て来て、高価なゲー …

子供のおねだり
わがままな子供のおねだり。デパートやお店で泣きわめく子供の対処法とは?

お買い物に出かけると「ママこれ買って!」「ダメです!」という会話の風景はよく見か …

泣き止まない赤ちゃんの対処法。覚えておくとお出かけも安心!

0〜1才の赤ちゃんは、まだ言葉も話せませんから、周りの人へ自分の意思表示をするた …

「叩いちゃダメ!」は効果なし?友達に手が出てしまった時の対処法とは?

子供同士で遊んでいるとき、わが子がお友達を叩いてしまってビックリしてしまったこと …

ダメな所ばかり見ていませんか?夏休みだから子供の「得意」をグングン伸ばそう!

もう夏休みも後半戦が近づいてくると、自由研究や宿題も気になる所ですが、親としては …