みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

我が子を大学まで進学させたい…無理なく貯金するのはいつがベスト?

   

illust842お子さんが産まれると、その子の将来を考えたり夢を見たり…親御さんの期待は膨らむでしょう。しかし現実を見てみると、大学進学までの教育費は、1000〜2000万円とも言われています。大学進学までを考えているのなら、貯金をすることも必修になってきますが、そのタイミングはいつがベストなのでしょうか?

やっぱり出来る事なら…赤ちゃんが産まれた時から「貯金」は始めてあげたいものです

赤ちゃんが授かって新しい生活がスタートする若い世帯の夫婦にとっては、何かと重なる出費に頭を抱えてしまう事も多く、「貯金なんて…」と考えられないかもしれませんね。今、目の前にある生活の事でいっぱいで、子供の将来を考える余裕もちょっと持てない世帯がいるのも現実です。

しかし、やはり子育ては長いのです。ここで思い切って「月1万円」を貯金してみてはいかがですか?オススメなのは「こども保険」です。

これは、もし万が一親に何かあった場合の生命保険もついている場合が多いので、もしもの時にも安心ですし、無事に大学進学になる年齢の18才満期になると、およそ200万円もの資金として使えるようになるのです。

若夫婦にとって月1万円は大きな額かもしれませんが、将来の子供の学費のことを考えたとき、きっと心強い貯金となるでしょう。

一番教育費がかからない時期といえば…「小学校低学年」ここが貯金をするには最適かもしれません

幼稚園、保育園では毎月の保育料がかかり、子供もぐんぐん成長する時期ですから、洋服、靴など、身の回りのものにも意外とお金が必要となります。そうすると、生活もあまり自由がきかなくて貯金は厳しくなってしまうのは想像できますよね…。

そこで!貯金を始めるのにベストなタイミングは「小学校入学時」です。

公立の小学校へ入学した場合、授業料は0円ですから、施設費給食費など、毎月数千円〜1万円程度しか教育費は必要としません。これは、今まで幼稚園、保育園で掛かっていたお金を、貯金に回す絶好のチャンスです。

もし毎月2万円貯金することが出来た場合、小学校を卒業する時に144万円もの貯金ができるのです。この方法なら、そんなに無理をして貯金をしていないのでオススメです。

幼稚園から大学まで、全て私立学校に通った場合は…教育費は2000万円を超えると考えておきましょう

近年の大学進学率は、今や50%を超えていて、東京都だけに限ってみた場合だと、なんと70%もの子供達が大学進学を果たしているのだそうです。すごい結果に驚きますよね。

もちろん、大学進学だけが全てではありませんが、子供が大きくなったとき、選択肢のひとつとして大学へ進む、という道もある限りは、親なら応援してあげたいと思いますよね。そこで経済的な理由で断念せざるを得ないとなってしまわないよう、子供が幼い頃からの貯金がとても大切になってくるのです。

お子さんが大きくなってから慌てて貯金を考えても間に合いません!赤ちゃんが産まれた時、小学校へ入学する時が貯金を無理なく始めるのにベストのようです。ぜひ、参考にしてみてくださいね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

「子育てでイライラ」はみんなある!気持ちを上手に切り替える方法

小さいお子さんのいるパパママならば、誰だって「イライラ」したことがあるでしょう。 …

子供の日焼けは体に悪い?赤ちゃんのための日焼け対策のおすすめ

ちょっと前までは「日焼けは健康的!」などと言われていましたが、最近の科学医療では …

「しっかりご近所つきあい」でなにかと騒がしい子育て中も快適ライフ!

みなさん、ご近所つきあいはしていますか?このご時世ですから住んでいる環境によって …

ガチャガチャ
スーパーで子供の目をひくガチャガチャ。買ってあげるべき?我慢させるべき?

3~5歳くらいの子供が、スーパーに行くとガチャガチャの前で立ち止まり、決まって「 …

小学生の子供にキッズ携帯を持たせるメリット・デメリット・注意点まとめ

子供が小学生になると、学校への行き帰りや習い事の都合などでキッズ携帯を持たせよう …

子供の料理の腕を磨くコツ。子供が料理をやりたい!と言った時はチャンスです。

子供に料理をさせることは、正直、大変です。包丁を持つたどたどしい手つきは、見てい …

子供が風邪をひいてしまった時に食べさせたいものって?熱、咳…症状別に効く食べ物を知っておきましょう

肌寒い季節になってくると子供は風邪をひきやすく、一度かかってしまうとなかなか治ら …

子供が片付けたくなる部屋作りをしてみませんか?親子で片付け上手を目指しましょう

「片付けられない女たち」など、ゴミ屋敷のような部屋に住む若い女性が度々テレビで取 …

失敗した時こそ褒めるべきだった!困難にもめげない子供に育てるには?

昨今の若者が社会に出たとき問題になるのは、上司に起こられたからという理由ですぐに …

子供のスマホは危険がいっぱい!情報リテラシーの大切さを再度考えてみませんか?

今は幼い子供でもママもスマホを使いこなし、小学生では自分専用の携帯を持っている子 …