みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供が巻き込まれる悲しい事件…そうならない為に子供を「巻き込む環境をつくる」とは?

   

illust3790テレビのニュースを見ていると、子供たちが事件に巻き込まれてしまう事案がとても多くて、命を落とすなど、最悪の結果になってしまったその内容を聞くと「どうしてそうなってしまったの?」と疑問を抱かずにはいられません。そうした事件に巻き込まれないようにするためには、「巻き込む環境をつくる」のがいいのです。

子供を凶悪な事件から守る事ができるのは、やはり「親」だということを、もっと自覚しなければなりません

最近起こった事件で中学1年生の男女が命を奪われるという痛ましい事件がありましたが、もしかしてこの子たちが深夜徘徊をしていなければ…と、思う方も当然多かったようです。

それぞれ家庭の事情がありますから、親が深夜に仕事をしていて家を空ける場合も珍しくなく、そこで子供達は夜出かけても誰にも怒られない状況だったのかもしれません。

それが「親の管理不足」である事は明らかです。周りの大人達が深夜に出歩く行動を問題視していなかった、把握していなかった事が、今回の事件の一因であることは確かです。では、子供が夜になると出歩きたくなってしまう原因は何なのでしょうか?

楽しいと思える居場所がない子供たち…「所属感」を得られる場所がないのです

親が仕事中心の生活をしていると、時に子供に寂しい思いをさせてしまうこともあり、そうした毎日が続くようになると、子供は「楽しくない、ここに居たくない」という感情が芽生えてしまいます。そうして自分の「居場所」を求めるうちに深夜徘徊などの問題行動を引き起こしてしまうのです。

ですから、子供が「所属感」を感じられる場所を作ってあげる事が何より大切です。家族はもちろん、学校、部活動、習い事…それは探せばたくさんあります。

例えばサッカーなど、夢中になれる何かがあると、子供自身が満足感、達成感を見いだすことができますから、そこに自分の居場所があるという「所属感」に子供は安心を覚えるのです。サッカー教室の先生や仲間といった「社会的な絆」が出来る事で、非行とは真逆の方向へ引っ張ってくれる効果があるのだといいます。

このように子供を「巻き込む環境をつくる」ことが、凶悪な事件から子供を守るための第一歩になるのかもしれません。

「所属感」を感じられるのは0才から!子供にとって安心できる家庭つくりをしていきませんか?

最初の事件でも書きましたが、ある程度の年齢になってしまってから「夜子供だけで出歩かない」と指導をしても、それまで繰り返してきた子供には聞く耳を持つ事は難しいでしょう。

「所属感」は、すでに0歳児から感じることができるのです。「ここは僕がいていい場所なんだ」「安心して過ごせるな、心地いいな」こうした感情が、まさしく「所属感」なのです。

「家庭」の存在が、子供に取って希薄になりつつある現状があることを真摯に受け止めて、悲しい事件を人ごとだと思わずに、我が子にとって一番安心できる居場所、家庭になるように心がけたいですね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

赤ちゃんが便秘で苦しがる!どうしたらいいの?

赤ちゃんが便秘で苦しんでいると、本当にかわいそうで見ていられないですよね。 顔を …

義務化された小学校での英語授業。親御さんは子供の早期英語教育に賛成?反対?

「英語」が小学校教育で義務化されたことはご存知ですか? 今までのカリキュラムより …

赤ちゃんや子どもの鼻水!どうやって対処したら良い?

赤ちゃんや子どもが鼻水を出していると、呼吸が苦しそうで息ができなくなってしまうの …

ママ友との付き合いって必要?ママ友グループに入るメリットとは

子供を育てるうえで、どのママも一度は考えてしまうであろう“ママ友”との付き合い方 …

幼児期の子供に見せたいおすすめのテレビ番組5つ。ピタゴラスイッチなど教育に役立つテレビ番組とは

テレビを見ることが子供の脳や知能に悪影響を及ぼすという話題が大きく取り上げられる …

ファーストフードを子供に食べさせて栄養は大丈夫?外食するときの注意点

子供と出かけた時に、帰宅してご飯を作るのが面倒なことってよくありますよね。だから …

夏休みだからこそ出費を押さえたい!ついやってしまう無駄遣いに注意!

長い長〜い夏休み!子供にとっては楽しいことがいっぱいなのでワクワクするのですが、 …

子ども部屋
子供部屋の必要性。小さいうちから与えることのメリット・デメリット

子供には小学校入学をきっかけに1人の専用部屋を与えるご家庭が多いと思います。 し …

子供に薬を飲ませるのが大変なママ必見!子供に薬を飲ませるアイデア集

風邪をひいてしまったり、熱を出したり…とにかく小さい子供はよく病気にかかります。 …

子供の食べ物の「好き嫌い」を克服するには?

お子さんが成長して大きくなるにつれて、食べ物の好き嫌いは、パパママにとっても悩み …