みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

もうすぐ敬老の日。でもこんな行動になってはNG!感謝を気持ちよく伝えましょう

   

illust337日頃からお世話になっているおじいちゃん、おばあちゃん。普段は忙しい毎日だからこそ、「敬老の日」には思い切って感謝を伝えたいものです。だけど、喜んでもらいたいと企画した事が、実は祖父母にとって迷惑な行動だった…となってしまっては本末転倒です。そんなことにならない為に、気をつけたいことを見て行きましょう。

おじいちゃん、おばあちゃんは「敬老の日」にどんな事をして欲しいと思っているのでしょう?

核家族が増えているという事もあり、祖父母と同居をしている世帯はだんだん減ってきていますよね。そうした中で、「敬老の日」というイベントは、おじいちゃんおばあちゃんにとっても楽しみな事のひとつのようです。

「敬老の日に何が欲しいですか?」というある保険会社のアンケート調査の結果は、

1、一緒に食事に行く、グルメ 2、一緒に旅行や温泉に行く 3、好きなお酒

こうしたものでした。

やはり「子供達と一緒に過ごす」と希望する祖父母が多い結果が伺えますよね。楽しい時間を共有したいというのが、おじいちゃん、おばあちゃんの希望なのですね。

「よし!じゃあ企画を立てるぞ〜!」張り切り過ぎはかえって迷惑になる事も…

こうした希望を踏まえて祖父母に喜んで貰おうと自分達だけで行き先を勝手に決めたり、あれもこれもと忙しいスケジュールを立ててしまうと、体力的にも厳しい場合があり、結果的におじいちゃん達に無理をさせてしまう事にもなりかねませんよね。

旅行や食事に出かけるなどの計画を立てる場合には、前もって希望を聞くなどの配慮を忘れてはいけません。「どうせ私たちがお金出すんだから…」なんて気持ちでは、感謝の気持ちは伝わりませんよ。

せっかく「敬老の日」でおじいちゃん達とのお出かけなのに…子供たちはゲームに夢中…

こうして楽しい一日になるようにと一生懸命計画を立ててお出かけしても、子供たちが無関心でおじいちゃん達と関わろうとしないでゲームや携帯に夢中…これでは、楽しさも半分以下になってしまうと思いませんか?

祖父母は、やはり孫たちに会うことの喜びがとても大きいですから、子供たちにも今日はおじいちゃん達に感謝を伝える日なんだという事を話しておき、一緒にいる時間を楽しく過ごせるように、携帯やゲームは控えるよう言っておくことも大切です。

また、反対に小さなお子さんだと祖父母に子供の世話を任せっぱなしにして、自分たちは自由な行動をしてしまう…なども、ついやってしまいがちです。特にママのご両親との場合では甘えがちになってしまいますが「今日は感謝を伝える日」と、ここはきちんとけじめをつけて振る舞うように心がけましょう。

いかがでしたか?自分たちのご両親に感謝を伝えるのって、なかなか照れくさいですが「敬老の日」には思う存分楽しい時間を過ごして欲しいですよね。せっかくの計画が台無しになってしまわないように、こうした事に気を配って楽しい思い出をプレゼントしてあげましょうね!




おすすめ記事


 - 未分類

  関連記事

赤ちゃんの目ヤニが多い!これって異常なの?

なんだかいつもよりも目の開きが良くない!良く見てみると…目ヤニがびっしりと付着し …

症状別!子どもの体調が悪いときにできるホームケアって?

子どもが風邪を引いてしまったとき、とても不安ですよね。 病院で薬はもらって来たけ …

気になる出産費用…三つ子だと126万円も貰える制度があるの、ご存知ですか?

「赤ちゃんが欲しい」と願ったとき、やはり現実に目を向けなくてはいけませんよね。出 …

子育てにイライラやストレスはつきものです。自分を責めるのではなく、どんな対処法があるか考えてみましょう!

子育て中は、仕事をしていても・仕事をしていなくてもストレスはつきものです。 「マ …

離乳食を食べてくれない!進まない離乳食、どうすればいい?

産まれてからずっと母乳やミルクだけだった赤ちゃんが生後半年頃から開始する離乳食。 …

1人の時でも強い味方!陣痛タクシーって知ってる?

妊娠がわかってから少しずつ、でも着実に変わっていく自分の体を感じながらお腹の赤ち …

子供への絵本
子供におすすめの絵本や教本ベスト7!心を育てる読書をしよう

子供にとって幼少期には、ママが絵本を読んであげることで本に親しむことが心の成長に …

フライング検査って知ってる?メリット3つ、デメリット2つ紹介します!

  妊娠を望んでいる女性にとっては生理予定日が近付くと、「妊娠してるか …

叱るとき・怒るとき・注意するとき、上手に使い分けて怒りんぼママから素敵ママに大変身!

育児中は、叱る・怒る・注意、この3つを無意識に使っていると思います。ですが、無意 …

駄々っ子な子どもに苦労していませんか?だだをこねるには理由があるんです!

スーパーで「買ってかってー!泣」と駄々をこねている子どもを一度は見たことあります …