みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

楽しいはずの食事の時間が「しつけの時間」になっていませんか?意外とやってしまうことに気をつけよう

   

illust1459最近の子育て世代のママたちは共働きなどでとても忙しく、子供と一緒に食事の時間を取ることでさえ、難しいと感じている方も多いかも知れません。そうすると、知らず知らずのうちに、食事の時間が「しつけの時間」になっていて、子供は窮屈な思いをしている…そんな状況だと、食に無関心な子になってしまうかもしれません。

まるで監視されているみたいな食卓…それでは美味しく食べられるはずがありません

子供との時間が取れないと焦りを感じているママは、子供と一緒にいる時間は「きちんとしつけないと!」と、子供の行動に目を光らせています。

ご飯をこぼしてしまった…『ちゃんと食べなさい!』、好き嫌いをして残す…『野菜も残さず食べなきゃダメでしょ!』、スプーン、お箸の持ち方が出来ない…『そんなんじゃ笑われるわよ!』

などなど…食事の時、毎回こうしたことを言われて、子供が「食事が楽しい」と感じることが出来るでしょうか?これでは、悪いいい方をしてしまえば、まるで刑務所に入れられて、監視されて、指導されているみたいですよね。

子供の為を思って、将来恥をかかないように…その気持ちは良くわかりますが、まずはママとの食卓を囲む事が「楽しいね!」と思えるような環境を作るほうが、しつけにはより効果的なのです。

嫌いな食べ物をどうにかして食べさせたい!…でも、その方法は間違っているかもしれません

子供が好き嫌いをすると、ママは栄養の偏りが心配になるあまり、どうにかして食べさせたいと考えますよね。その時、子供が好きなものに混ぜて、無理に口の中へ入れたりしていませんか?その方法は、今すぐ止めた方が良さそうです。なぜなら、その好きな食べ物も嫌いになってしまう可能性があるからです。

嫌いな食べ物を克服して欲しい時は、パパママが美味しそうに食べる姿を見せてあげる、これだけでいいのです。いずれ年齢を重ねていけば、食べられるようになる時が来るかも知れませんから、焦らず見守って行きましょう。

時間に追われているからこそ「食事の時は親子の時間」と決めて、大切なコミュニケーションを心がけませんか?

どうしても朝は慌ただしくなってしまい、子供の通園準備、パパの出勤準備、自分の身支度…など落ち着く暇もないほどです。ですが、そんな中でも家族全員が顔を合わせる時間というと、やはり「食事の時間」が多いと思いませんか?

ですから、少しだけ早起きしたり、パパや子供にも朝ご飯の準備を手伝ってもらうなどして、貴重な食事の時間は、あえて「コミュニケーションの時間」にしてしまいましょう。そうして『忙しくてイライラ→手伝ってもらって助かる!』と発想の転換をするだけでも、気持ちにゆとりが出てきます。

「そういえば朝言ってた友達と仲直りできた?」など、朝食のときの会話で感じたことなどを夜の食卓で話題にするなど、子供の悩みを家族みんなで共有できたりもするのです。家族時間が有効に使って、家族の絆をより深めていって楽しい食卓にしていきましょう!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供が3才までにお金を貯めたい!子供の貯金額…いくらが理想なのでしょうか?貯める方法は?

子供の教育費を考えた時、将来に渡って相当なお金が必要になる事は間違いありませんよ …

子連れで電車はマナーが心配。どこまで大丈夫??

子連れでお出かけはたくさんしたいですよね。でも電車に乗るときにちょっとドキドキハ …

長所子ども
子供の直したい「マイナス行動」短所も裏を返せば長所になる

「落ち着きがない」 「あれもこれも人にやってもらう」 などなど、子供の行動には「 …

ママ友付き合いでのトラブル喧嘩防止方法。ママ友との上手な付き合い方のコツ

子供が生まれたら避けて通れないのが、ママ友との付き合い。子供同士が友達、家が近所 …

天才の子供教育法
上手な子育てによって天才児を作ることができる。天才を生み出す教育法とは?

時に世間を騒がせる「天才児」の存在は「スゴいな!」と思う反面、「うちの子だっても …

子育てで溜まるストレスを撃退しよう!お手軽簡単解消法

一生懸命に子育てをしていると、思い通りにならない事の方が多いので、パパママはスト …

子供の日焼けは体に悪い?赤ちゃんのための日焼け対策のおすすめ

ちょっと前までは「日焼けは健康的!」などと言われていましたが、最近の科学医療では …

子育てイライラ
子育て中のイライラの上手な解消法。育児の悩みを一人で抱えないことが大事

現在、どのような家庭環境で子育てをされていますか? ひと昔前は両親と子供に祖父母 …

子育て中こそ念入りに!いつまでもキレイなお母さんでいよう!

小さい子どもを育てるお母さんは、毎日頭を振り乱しながら頑張っています。 そのため …

子どもの傘の選び方
子供の傘の選び方。身長に合わせたサイズを買おう!

『子供の傘』 天気予報から梅雨入りの話題が増えてきましたね。 雨にかかせない傘は …