みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

楽しいはずの食事の時間が「しつけの時間」になっていませんか?意外とやってしまうことに気をつけよう

   

illust1459最近の子育て世代のママたちは共働きなどでとても忙しく、子供と一緒に食事の時間を取ることでさえ、難しいと感じている方も多いかも知れません。そうすると、知らず知らずのうちに、食事の時間が「しつけの時間」になっていて、子供は窮屈な思いをしている…そんな状況だと、食に無関心な子になってしまうかもしれません。

まるで監視されているみたいな食卓…それでは美味しく食べられるはずがありません

子供との時間が取れないと焦りを感じているママは、子供と一緒にいる時間は「きちんとしつけないと!」と、子供の行動に目を光らせています。

ご飯をこぼしてしまった…『ちゃんと食べなさい!』、好き嫌いをして残す…『野菜も残さず食べなきゃダメでしょ!』、スプーン、お箸の持ち方が出来ない…『そんなんじゃ笑われるわよ!』

などなど…食事の時、毎回こうしたことを言われて、子供が「食事が楽しい」と感じることが出来るでしょうか?これでは、悪いいい方をしてしまえば、まるで刑務所に入れられて、監視されて、指導されているみたいですよね。

子供の為を思って、将来恥をかかないように…その気持ちは良くわかりますが、まずはママとの食卓を囲む事が「楽しいね!」と思えるような環境を作るほうが、しつけにはより効果的なのです。

嫌いな食べ物をどうにかして食べさせたい!…でも、その方法は間違っているかもしれません

子供が好き嫌いをすると、ママは栄養の偏りが心配になるあまり、どうにかして食べさせたいと考えますよね。その時、子供が好きなものに混ぜて、無理に口の中へ入れたりしていませんか?その方法は、今すぐ止めた方が良さそうです。なぜなら、その好きな食べ物も嫌いになってしまう可能性があるからです。

嫌いな食べ物を克服して欲しい時は、パパママが美味しそうに食べる姿を見せてあげる、これだけでいいのです。いずれ年齢を重ねていけば、食べられるようになる時が来るかも知れませんから、焦らず見守って行きましょう。

時間に追われているからこそ「食事の時は親子の時間」と決めて、大切なコミュニケーションを心がけませんか?

どうしても朝は慌ただしくなってしまい、子供の通園準備、パパの出勤準備、自分の身支度…など落ち着く暇もないほどです。ですが、そんな中でも家族全員が顔を合わせる時間というと、やはり「食事の時間」が多いと思いませんか?

ですから、少しだけ早起きしたり、パパや子供にも朝ご飯の準備を手伝ってもらうなどして、貴重な食事の時間は、あえて「コミュニケーションの時間」にしてしまいましょう。そうして『忙しくてイライラ→手伝ってもらって助かる!』と発想の転換をするだけでも、気持ちにゆとりが出てきます。

「そういえば朝言ってた友達と仲直りできた?」など、朝食のときの会話で感じたことなどを夜の食卓で話題にするなど、子供の悩みを家族みんなで共有できたりもするのです。家族時間が有効に使って、家族の絆をより深めていって楽しい食卓にしていきましょう!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供を「スマホ依存」にさせたくない!幼児期から気をつけたいこと3つ

近年、スマートフォンの普及により子供を取り巻く環境は大きく様変わりをしています。 …

ママ友付き合いでのトラブル喧嘩防止方法。ママ友との上手な付き合い方のコツ

子供が生まれたら避けて通れないのが、ママ友との付き合い。子供同士が友達、家が近所 …

集団学習塾
家庭教師と集団学習塾のメリット・デメリット比較。子供に合っているのはどっち?

お子さんの将来のことを考えると、やはり教育には力を注いであげたいものです。 です …

幼稚園お受験は良く考えてから!身の丈にあった育児をしないと家計破綻してしまいます

子供の教育を考えたとき「できればいい環境の中で学ばせてあげたい」と思うのは、きっ …

外出先での子供の迷惑行為…子供に腹を立てているのではなく、見られているのは「親の態度」です

最近のニュースで、ベビーカーで赤ちゃんを連れたママがバスに乗ったとき、赤ちゃんが …

習い事
塾と習い事、小学校高学年の子供はどっちを優先するべき?両立は出来る?

塾と習い事の両立について 小学校も高学年になると、だんだんと忙しくなり、いつか「 …

学資保険
学資保険の仕組みと選び方。貯蓄型と保証型の特徴とメリット・デメリットまとめ

子供の養育費のこと、みなさんはどのように考えていますか? 「まだ赤ちゃんだし、必 …

「五郎丸ポーズ」でラグビーが子供にも大人気!ラグビーを習うと得られる効果とは?

ラグビーの第8回ワールドカップイングランド大会で、初の1大会3勝を挙げた日本代表 …

子供を公園デビューさせる時の注意点!ジャングルジムや滑り台で怪我をしないよう親がするべきこと

子供が1歳を過ぎ、歩き始めるようになると公園デビュー!という親子は多くいるでしょ …

イヤイヤ期のお母さん必見!約束がある日の準備、どうしていますか?

「早くして!時間がないんだから!」 こんなセリフは、イヤイヤ期の2歳児を相手にし …