みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子育て期はお金がかかる…ちょっとの見直しで「子育て浪費」をグンと減らす方法とは?

   

illust1517赤ちゃんから幼児期になるまでの子供の成長は著しく、すぐに大きくなってしまうので洋服や靴などもその都度買わないといけないし、本当に何かとお金ばかりがかかりますよね。そんな時に見直したいのが「子育て浪費」。ここを見直してみると、大幅な節約が期待できますよ。

周りにも子育て世代がいるんです…だったら、子育て用品は「共通で使える」を探そう!

子供が産まれると、それまでの生活環境は一変し、家の中にはベビー用品で溢れていきますよね。ベビーベッドにベビーバス、チャイルドシートなど、大掛かりなものはやはり高価になってしまいます。例えば、自分の兄弟姉妹もこれから出産を控えていたり、仲の良い友人夫婦など、意外と周りにも子育て世代いますよね。

そこで、こうした大きな買い物になりそうなものは共通で使えるようなデザインを選んだり、友人から安く譲ってもらうなどすると、かなりの節約になります。そんな話をきっかけに子育て相談ができたりもしますから、周りにいる子育て世代には、どんどん聞いてみましょう。

チャイルドシートが無料で借りられるって本当?知らないと損する自治体の「子育て支援」

お住まいの自治体によっては、子育てに関するさまざまなサービスを行なっていて、チャイルドシートを無料で貸し出ししてくれたり、おむつやミルク代を商品券で配布してくれるなど、多種多様なサービスがあります。

中には、幼稚園保育料が完全無料になったり、小学校の給食費がタダなど、調べてみるとびっくりするような子育て支援がいっぱいです。

ちりも積もれば山になりますから、こまめにチェックして、ゴミ袋配布などの細かいサービスでも見逃さないで受け取りましょう。

意外に多い!?何となく続けている子供の「習い事」…本当に必要ですか?

最近ではベビー教室など盛んに行なわれているので、0才からでも習いごとに通っているお子さんも少なくないと思います。掛け持ちで習い事をしている事も珍しいことではありませんが、小額の月謝だからといくつも習い事をしていると、それだけで大変な出費になっていることは間違いありません。

そうしてそのまま何年か経ち、何となく続けている…そんな状況があるとしたら、それは無駄なお金になってしまっています。

子供の様子を見て、一生懸命やっている、楽しそうに続けている習い事なのか、友達みんなが通っているから行っているだけなのか、ちょっと気になってきた時は、今後も続けていくのかどうかを親子できちんと話し合いましょう。家計だって年々様変わりしていますから、その時の家計と相談していかなければなりません。

「せっかくここまで続けてきたから…」と、もったいない気持ちになるのも分かりますが、習い事は子供本人の気持ち、やる気が一番大切です。思い切って辞めるという選択肢も、時には必要ですよ。

こうしてちょっと見直すだけで、家計はグンと軽くなり、その分子供の将来の為に貯蓄するなど出来るかも知れません。定期的に「子育て浪費チェック」してみてくださいね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

赤ちゃん吐き戻し
離乳食の吐き戻しが多い時の対処法。赤ちゃんの嘔吐後の水分補給には経口補水液をあげよう

赤ちゃんは自分で食べる量をセーブできません。 食べたくない!いやいや!と言って拒 …

「また来てね!」と思われるかな?友達の家に遊びに行ったときのベストな行動とは?

夏休みのように家にいる時間が増えると、お友達の家に遊びに行ったり来たりする機会も …

姉妹喧嘩の仲裁
小学生女子のおしゃれ、親はどこまで認めるべき?禁止する前に親として教えるべきこと

街を歩いていると、可愛い!というより、まるで大人のようにキレイに着飾った女の子た …

困る子供の「遊び食べ」…上手に食べさせる工夫やマナーを教える方法は?

自分でご飯を食べられる年齢になってくると、「遊び食べ」をしてしまって食事が全然進 …

不眠、疲れが取れない…これって育児疲れ?育児ストレスを感じたら心と体の休息が必要です

子育てをしているパパママ、特に出産直後のママは眠る時間もほとんどなくて、体も心も …

天才の子供教育法
上手な子育てによって天才児を作ることができる。天才を生み出す教育法とは?

時に世間を騒がせる「天才児」の存在は「スゴいな!」と思う反面、「うちの子だっても …

「しっかりご近所つきあい」でなにかと騒がしい子育て中も快適ライフ!

みなさん、ご近所つきあいはしていますか?このご時世ですから住んでいる環境によって …

フィンランドの教育
フィンランドに学ぶ北欧流子育て「長所を伸ばすのびのび教育」を見習いましょう

フィンランドでは子供の学力がとても高いということをご存知ですか? 先進国の中では …

男の子
人の話を聞かない子供はどう注意すれば直るの?男の子が学校のことを話さない理由

小さなころは「ただいま!あのね、先生がね…」と毎日話してくれたのに、大きくなるに …

育てたい子供の「決断力」。見極める力をトレーニングしよう!

人間が生活を営んで行く上で、大切な場面では必ずといっていいほど「決断」を迫られま …