みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

「昼間はトイレでおしっこ出来るのに…」おねしょは子供を叱っても意味がありません

   

illust1375_thumbトイレトレーニングを始めるようになり、順調に「ママ!おしっこ出る〜!」と昼間教えてくれるようになった子供も、夜はおねしょをしてしまうと、ママは洗濯物が増えるし掃除も増えるしで、本当にガッカリしてしまいます。だけど、そこで子供を叱っても意味がないって、知っていましたか?

おねしょをしなくなるのは、子供の身体的な発達によるところが大きいのです

トイレでおしっこが出来たときの喜びって、もしかすると、お子さん以上にパパママの方が嬉しかったりしませんか?それはきっと、目に見えてわかる子供の成長の喜びと、育児の大変さが少し報われて気持ちが軽くなったことと、両方が重なっているからなのでしょうね。

しかし、そんな大喜びとは反対に、夜はおねしょの連続になってしまうと、ママの仕事はグンと増えてしまいます。そこでつい「なんで昼間はおしっこ出来るのに、おねしょしちゃうの?」と子供を責めるような事を言っていませんか?

おねしょしてしまうのは、まだ身体の発達が未成熟なためなのです。膀胱が夜溜めても大丈夫なくらい発達していることや、夜の尿意を押さえる働きを持つ抗利尿ホルモンの分泌など、子供自身がいくら頑張っても関係ない部分での出来事ですから、「なんで…」と子供を責めても意味がないのです。

せっかくトイレ出来るようになったんだから、何が何でもおもらしさせたくない!!

一度トイレが成功すると、ママは「やったね!」と次も成功させなきゃ…と「トイレ行く?」「またトイレ行っておこう」など、やたらと頻繁にトイレに行かせようとしていませんか?これを続けていると「過活動膀胱」になってしまい、膀胱に尿が溜っていないのにトイレに行きたくなってしまうなど、頻繁にトイレへ行かないと心配になってしまうのです。

そうなってしまうと、「トイレに行く事」が強迫観念のようになってしまい、もし漏らしてしまうと怒られる、ママがイヤな顔をする…など、トイレが子供にとってストレスになってしまいます。これでは、スムーズなトイレトレーニングは進まずに、夜もおねしょが治らないでしょう。

「お漏らししちゃったの?ぜ〜んぜん平気!また頑張ろう!」

先ほども書きましたが、トイレトレーニングもおねしょも、身体の発達によるものであり、膀胱やホルモンの成長が伴わないと難しいのです。ですから、トイレで一度おしっこが成功したからといって、次からも大丈夫とは限らないのです。

「あ、漏らしちゃった?全然大丈夫だよ!今度はどのパンツはきたい〜?」お漏らししちゃってショックなのは、子供自身です。そこでママが笑顔で「大丈夫!」と言ってくれれば、子供はどんなにホッとするでしょう。

おねしょだって同じ事です。成功したら大喜びしてあげて、失敗したら「いいんだよ!」と笑顔で答えてあげましょう。

トイレトレーニングは、ママが神経質になればなるほど、その焦りが子供に伝わって、うまくいかなくなります。「失敗した時こそ笑顔!」これを忘れずに前に進んでいきましょう!

 




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

授乳中の頭痛…薬って飲んでも大丈夫なの?

授乳中だけれど、お母さんも人間ですから体調不良くらいにはなりますよね。 特に多い …

イヤイヤ期のお母さん必見!約束がある日の準備、どうしていますか?

「早くして!時間がないんだから!」 こんなセリフは、イヤイヤ期の2歳児を相手にし …

習い事
塾と習い事、小学校高学年の子供はどっちを優先するべき?両立は出来る?

塾と習い事の両立について 小学校も高学年になると、だんだんと忙しくなり、いつか「 …

毎日起こる「兄弟ゲンカ」その対処法教えます

お友だちとは仲良く遊べるのに、なんで兄弟だと家でケンカばかりして…そんなご家庭も …

中間反抗期といわれる「ギャングエイジ」の子供。どうしてイライラするの?

「ギャングエイジ」って聞いた事ありませんか? 小学生になると友達や仲間との結びつ …

赤ちゃんや子どもの鼻水!どうやって対処したら良い?

赤ちゃんや子どもが鼻水を出していると、呼吸が苦しそうで息ができなくなってしまうの …

ママ友付き合いでのトラブル喧嘩防止方法。ママ友との上手な付き合い方のコツ

子供が生まれたら避けて通れないのが、ママ友との付き合い。子供同士が友達、家が近所 …

乳幼児の噛み付く、歯ぎしり、歯をカチカチ…考えられる原因は何?

子供と一緒に寝ている時、突然「ぎしぎし」と耳障りな音が聞こえてビックリした!なん …

なかなか思う通りに言うことを聞いてくれない!イライラしないためには?

イヤイヤ期に突入すると、今まで思い通りにならなかった我が子が、ますます思い通りに …

子供が歯みがきを嫌がらないように低月齢の頃から歯磨きトレーニングしよう!

1歳半から2歳くらいで、だんだんと歯が生え揃ってきて、それと同時に虫歯になりやす …