みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

野菜嫌いの子供に毎日の野菜ジュースはちょっと待った!手足が黄色くなってしまう!?

   

illust1042子供に食べ物の好き嫌いがあると、栄養の面からもとても心配です。特に野菜を食べない子だとどうにか野菜の栄養素を摂らせようと野菜ジュースを毎日飲ませる親御さんもいるかもしれませんね。しかし、毎日の野菜ジュースは、子供にとっては良い事ばかりではなさそうですよ?

ご飯のおかずに野菜を出しても食べてくれない子供…だから毎日野菜ジュースを飲ませています

好きなものばかりを食べる子供の様子を見て、栄養が偏ってしまわないか、ママはとても心配に思うと思います。出来る事なら、野菜もしっかり摂って、肉、魚、野菜と、バランスの良い食生活を心掛けたいですものね。

苦肉の策として思いつくのは「野菜ジュース」を飲ませる方法です。とても飲みやすい味になっているので、これなら子供も毎日飲んでくれますから、ママは一安心するかもしれません。でも、毎日野菜ジュースを飲んでいる子供には、こんな症状が現れることがあるのです。

手や足…肌の色が黄色くなってしまった!「カロチン血症」と診断されてしまった!

そうして野菜ジュースを飲んでいる子供の中には、手や足のひらが黄色やオレンジになってしまう症状が見られることがあり、これを「カロチン血症」というそうです。

これは、野菜ジュースの中に含まれるカロテンが過剰に体内に入るとことで起こる症状なのですが、普通は肝臓でビタミンAとして蓄えられるものが過剰に摂取したことで蓄え切れなくなり、皮下脂肪や皮膚に蓄積されて黄色くなるといわれています。

たいていの場合は無害で、カロチンの摂取を控えることにより症状はなくなっていくそうなのですが、カロテンは脂溶性のため皮下脂肪に沈着してしまうと水溶性の栄養素と違って身体の外に排出が難しくなるという説もあり、皮膚に一度色素沈着してしまうと、一日二日で取れるものではありません。

乳児ボツリヌス症になる危険性も!?1才未満の子供には野菜ジュースは与えないで!

「乳児ボツリヌス症」と聞くと蜂蜜を思い浮かべるママさんも多いかと思いますが、実は、野菜ジュースやコーンシロップといったものにも、原因となるボツリヌス菌の芽胞が混入している可能性があるのです。

乳児ボツリヌス症にかかると、ボツリヌス菌による食中毒、神経系に影響を与えるため、体の筋力が低下して無表情になる、手足、頭を支える力が弱くなるなどの症状が表れます。極めて希ではありますが、呼吸不全を起こすなど、命を脅かす恐れもあるような場合もあります。

ですから、1才未満のお子さんには、野菜ジュースを与えるのは止めましょう。1才を過ぎて、腸内環境が整ってくれば、抵抗力もつきますから、蜂蜜や野菜ジュースをあげても大丈夫です。

お子さんの栄養の為に、健康の為にと飲ませたい野菜ジュースですが、毎日コップ1〜2杯だけでも、子供の体にとっては過剰摂取になってしまうこともあるようです。野菜嫌いだからといって、野菜ジュースにばかり頼らないでくださいね!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

どうしたら寝てくれるの?赤ちゃんが眠ってくれない時はこうしよう!

生後間もなくの赤ちゃんは、授乳におむつ交換に…夜も寝る暇がありませんよね。ママは …

潤ってると思われがちな赤ちゃんの肌の皮脂量…実は大人の半分!赤ちゃんの乾燥肌対策していきましょう

よくキレイで潤いのあるお肌のことを「赤ちゃん肌」などと表現する事がありますが、実 …

天才児
高いIQを持つ天才児を指す言葉「ギフテッド」。学校嫌いの子供で天才肌なら可能性あり

「IQ」が高い子供の中には「ギフテッド」と呼ばれる子がいます。これは知能の高い人 …

自分を許してあげると家族も幸せに!?「シャンパンタワーの法則」で幸せ時間を過ごそう

「子育てをするのが辛い…」「失敗ばかりで落ち込んでしまう」子供を持つママにはさま …

子供の日焼けは体に悪い?赤ちゃんのための日焼け対策のおすすめ

ちょっと前までは「日焼けは健康的!」などと言われていましたが、最近の科学医療では …

子供のお手伝いにお駄賃は必要?お金の管理能力はお小遣い制がおすすめ!

「お駄賃」の意味をご存じでしょうか。昔は頼まれ事などで足と時間、労力を使って動い …

子どもの傘の選び方
子供の傘の選び方。身長に合わせたサイズを買おう!

『子供の傘』 天気予報から梅雨入りの話題が増えてきましたね。 雨にかかせない傘は …

中間反抗期といわれる「ギャングエイジ」の子供。どうしてイライラするの?

「ギャングエイジ」って聞いた事ありませんか? 小学生になると友達や仲間との結びつ …

叱るとき・怒るとき・注意するとき、上手に使い分けて怒りんぼママから素敵ママに大変身!

育児中は、叱る・怒る・注意、この3つを無意識に使っていると思います。ですが、無意 …

お父さんにも育児に参加してほしい!心強いパートナーに育てよう!

今はもはや当たり前の存在になりつつある「イクメン」。 しかし、まだまだイクメンに …