みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

0才の赤ちゃんでもお片づけ出来るの!?無理なく「片付け上手」な子供に育てましょう

   

illust797愛おしい我が子の笑顔は、パパママにとってなによりの宝物ですよね。おもちゃで遊ぶ姿もとっても可愛くて、気がつくと、たくさんのおもちゃに囲まれた生活になっています。いつの間にか散乱したおもちゃに、ちょっとため息…「あ〜あ、これ全部私が片付けるのよね…」そんなママさん!実は、0才の赤ちゃんでも、お片づけは出来るんですよ!

子育てパパママなら一度は悩む!?子供のおもちゃ、お片づけ出来ない問題

小さいお子さんをお持ちのご家庭なら、「おもちゃが散乱して困っている…」というお悩み、気持ちが良〜くわかるのではないでしょうか?幼児期になって「早く片付けなさい!」と言葉で言っても聞かず、何度も何度も怒っているのに片付けない…、結局最後はパパママが片付ける毎日に、もうウンザリ!なんて思っていらっしゃるかもしれませんね。ある悩み相談を覗いて見ると、「毎日2時間かけて、私が片付けなくてはなりません」など、その悩みの奥深さを感じてしまうほどです。

だけど、実は0才の赤ちゃんだって、お片づけは出来るんです!そこには、ちょっとした「コツ」がありました。

物を掴めるようになった赤ちゃんなら「ポイポイお片づけ」で、簡単キレイにおもちゃを片付けられますよ!

赤ちゃんと一緒に遊んでいて、そろそろお片づけしようかなと思った時、「お片づけしようか、この中に『ポイっ』ってしてね!」とおもちゃの入っていた箱を差し出してみましょう。始めはママが『ポイっ』とやってみせてあげると、赤ちゃんも真似をしてポイっと、持っていたおもちゃを入れてくれます。

ポイッが出来たら「スゴい!お片づけ出来たね〜!」と褒めて喜んであげると、楽しそうなパパママを見た赤ちゃんも嬉しくなり、さらにポイっと、何度も繰り返してくれるでしょう。

もちろん、まだ0才では「お片づけ」という概念はありませんが、「遊んだものを決まった場所に入れる」ということはしっかり認識しています。こうして、お片づけが習慣化していくのです。

幼児期になってお片づけできない我が子…それってもしかするとパパママにも原因が!?

こんなふうに0才から片付けることを習慣化してしまえば、幼児期になっても無理なくお片づけをするようになってくれる子供に育っていくでしょう。だけど、幼児期になってからだと、お片づけをさせる事って意外に難しいものなのです。もしかすると、何気ないパパママの言葉や態度が、子供のお片づけの邪魔をしている可能性があるのです。

「早く片付けなさい!」

実はこの言葉、片付けて欲しいと思うのなら、全く逆効果だったのです。子供は「もっと遊びたい!」と思っていますから、その正反対の片付けは、本来イヤなことなのです。それなのに「片付けなさい!」と叱られる言葉を聞くと、子供はもっとイヤな気持ちになり「やだ!やりたくない!」と反抗的な態度になってしまうのですね。

0才でのポイポイお片づけが楽しいように、幼児期でもゲーム感覚で出来る「おもしろお片付け」を提案してみましょう。「よーいドンで競争ね」など色んなアイデアで、片付け上手さんを目指しましょう!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供のコミュニケーション力
コミュニケーション力の高い子供に育てる方法は?外に遊びに行くことの大切さ

近年、文部科学省では「コミュニケーション教育推進会議」を設置し、子供たにのコミュ …

子供の言葉を「横取り」しているママは要注意!?「話下手な子」になってしまう可能性がある?

「うちの子、なんで話をするのが苦手なんだろう…」人前に出てモジモジしてしまったり …

社会マナーは子供時代の集団生活から受け継がれていくものです!!

ゆとり世代以降の言動、行動、社会人マナーが問題とされています。 私は子供の習い事 …

子供の自己肯定感
ポジティブ思考の子供に育てる方法。成功体験を積み上げて自己肯定感のある子供に育てよう

この「自己肯定感」という言葉、聞いたことありませんか? 最近、幼児教育の現場では …

子供の防犯
子供の防犯に死角は無い?見晴らしがよい道路でも危険な理由とは?

最近小学校では住んでいる地域の「ハザードマップ」などが作られて、子供の防犯の意識 …

no image
朝ごはんに嬉しいお餅を使ったレシピ集

毎日の朝食に頭を悩ませるママ必見のレシピ集!今回は、特に育ちざかり食べ盛りの中高 …

ひらがな学習スタート年齢
子供に「ひらがな」を教えるのは何歳から?4歳からひらがな学習をする子が多い理由とは

小学校では本格的にお勉強が始まりますが、そのなかでも基本はやっぱり「ひらがな」で …

男の子教育法
男の子に叱りすぎるスパルタ教育法はダメな子育ての代表例。プライドを傷つけないことが大事な男の子の育て方のコツ

「強くたくましく育って欲しい」と願うのは、男の子を育てているパパママには共通する …

習い事
塾と習い事、小学校高学年の子供はどっちを優先するべき?両立は出来る?

塾と習い事の両立について 小学校も高学年になると、だんだんと忙しくなり、いつか「 …

コミュニケーション能力が低下する?気をつけよう!幼児期の『夜更かし』

赤ちゃんの頃は眠る感覚が短いので、夜も昼も眠る生活でしたが、1〜2歳になると体も …