みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

0才の赤ちゃんでもお片づけ出来るの!?無理なく「片付け上手」な子供に育てましょう

   

illust797愛おしい我が子の笑顔は、パパママにとってなによりの宝物ですよね。おもちゃで遊ぶ姿もとっても可愛くて、気がつくと、たくさんのおもちゃに囲まれた生活になっています。いつの間にか散乱したおもちゃに、ちょっとため息…「あ〜あ、これ全部私が片付けるのよね…」そんなママさん!実は、0才の赤ちゃんでも、お片づけは出来るんですよ!

子育てパパママなら一度は悩む!?子供のおもちゃ、お片づけ出来ない問題

小さいお子さんをお持ちのご家庭なら、「おもちゃが散乱して困っている…」というお悩み、気持ちが良〜くわかるのではないでしょうか?幼児期になって「早く片付けなさい!」と言葉で言っても聞かず、何度も何度も怒っているのに片付けない…、結局最後はパパママが片付ける毎日に、もうウンザリ!なんて思っていらっしゃるかもしれませんね。ある悩み相談を覗いて見ると、「毎日2時間かけて、私が片付けなくてはなりません」など、その悩みの奥深さを感じてしまうほどです。

だけど、実は0才の赤ちゃんだって、お片づけは出来るんです!そこには、ちょっとした「コツ」がありました。

物を掴めるようになった赤ちゃんなら「ポイポイお片づけ」で、簡単キレイにおもちゃを片付けられますよ!

赤ちゃんと一緒に遊んでいて、そろそろお片づけしようかなと思った時、「お片づけしようか、この中に『ポイっ』ってしてね!」とおもちゃの入っていた箱を差し出してみましょう。始めはママが『ポイっ』とやってみせてあげると、赤ちゃんも真似をしてポイっと、持っていたおもちゃを入れてくれます。

ポイッが出来たら「スゴい!お片づけ出来たね〜!」と褒めて喜んであげると、楽しそうなパパママを見た赤ちゃんも嬉しくなり、さらにポイっと、何度も繰り返してくれるでしょう。

もちろん、まだ0才では「お片づけ」という概念はありませんが、「遊んだものを決まった場所に入れる」ということはしっかり認識しています。こうして、お片づけが習慣化していくのです。

幼児期になってお片づけできない我が子…それってもしかするとパパママにも原因が!?

こんなふうに0才から片付けることを習慣化してしまえば、幼児期になっても無理なくお片づけをするようになってくれる子供に育っていくでしょう。だけど、幼児期になってからだと、お片づけをさせる事って意外に難しいものなのです。もしかすると、何気ないパパママの言葉や態度が、子供のお片づけの邪魔をしている可能性があるのです。

「早く片付けなさい!」

実はこの言葉、片付けて欲しいと思うのなら、全く逆効果だったのです。子供は「もっと遊びたい!」と思っていますから、その正反対の片付けは、本来イヤなことなのです。それなのに「片付けなさい!」と叱られる言葉を聞くと、子供はもっとイヤな気持ちになり「やだ!やりたくない!」と反抗的な態度になってしまうのですね。

0才でのポイポイお片づけが楽しいように、幼児期でもゲーム感覚で出来る「おもしろお片付け」を提案してみましょう。「よーいドンで競争ね」など色んなアイデアで、片付け上手さんを目指しましょう!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

ママ友トラブルを避ける方法!ママ友と適度な距離を保つための秘訣とは?

ママ友とのトラブル、ドラマの題材になってしまうほど、身近なものになってしまってい …

子供の靴のサイズ
間違った方法で子供の靴選びをしていませんか?サイズが合わないと足の指が曲がってしまう危険性あり

小さな子供に靴を買う時、「すぐに履けなくなってしまうから…」と大きめな靴を買って …

子供の食べ物の「好き嫌い」を克服するには?

お子さんが成長して大きくなるにつれて、食べ物の好き嫌いは、パパママにとっても悩み …

赤ちゃんに健やかな「眠育」を!眠りやすい環境の作り方とは?

産まれたばかりの赤ちゃんは、眠って起きての繰り返しを一日中していますよね。それは …

猫
ペットを飼うことは子供の教育に効果的な理由。情操教育で子供に道徳心を教えよう

最近は「ペット」を飼っているご家庭も随分増えましたね。 特に小さい子供は生き物が …

出しっ放しのおもちゃはもう卒業!「片付け上手」な子どもに育てる方法とは?

「おもちゃ片付けなさい!」と口を酸っぱくして言い続けても、毎日毎日散らかり放題の …

夏野菜を食べてキレイに痩せる!?ダイエットママ必見の食べ方とは?

夏の日差しを浴びた野菜たちはどれも栄養満点で美味しいものです。「ダイエットしたい …

小学生の子供の夜尿症を治す!おねしょの原因は意外なところにあることも

子供はスムーズにいけば幼稚園入園前に夜中のおむつが外れます。個人差があり、幼稚園 …

ママも子供も幸せになれる方法は「下から目線」の子育て

寝返りができて、お座りが出来るようになって、歩けるようになって…どんどん成長して …

授乳ケープおすすめ
赤ちゃんへの公共の場での授乳は反対が6割!授乳スペースを活用しよう

愛おしそうに赤ちゃんを抱っこするお母さん。街で見かけるたびに、その幸せなオーラに …