みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

エリート家庭ほど危ない!?子供が非行に走ってしまう原因を親が作っていませんか?

   

illust3236子供が親に暴力をふるうなどの事件が増えていて、その原因はさまざまですが、中には何不自由なく暮らしているエリート家庭の子供が親を殺害するなどショッキングなニュースもあり、「厳しいしつけから逃げたかった」と、その理由を聞いて愕然とすることがあります。それぞれの環境から見えてくる、子供の非行へ走らせてしまう原因を考えてみましょう。

親の期待が大き過ぎるために、子供が負担に感じている

例えば、開業医、会社経営をしている、その家庭の子供に産まれて来たというだけで、「息子にはぜひ、同じ道を歩んでもらいたい」そう願う親御さんはたくさんいるかもしれません。

しかし、そんな思いが強過ぎると、子供を自在に操るためにレールを敷き、その上を歩かせることで満足する親になってしまいます。すると子供は、ある程度の年齢になるまでは親の言う通りに進むかもしれませんが、自分の考えが異なっていると気づいた時、親の期待の大きさに悩み、負担に感じ、戸惑ってしまうでしょう。

そして、子供の学力が伴わずに結局親のレールにも乗れず、子供自身が希望する道へ進めなかった時、全ては親が悪いと責め続けて家庭内暴力を起こしたり、引きこもりになってしまうなど、自暴自棄になってしまうケースもあるのです。

「いい子は好き、悪い子は嫌い」だからいい子を演じなくてはならない

どんな家庭でも、子供の良い行いは嬉しいですし、悪い事をすれば「それはいけません」と子供に教えると思います。

だけど、「お勉強が出来て良い子ね」と「良い行い」を過度に褒め、「何!この成績!こんな点数取る子は、悪い子ね!」と、親から見て「良い、悪い」を極端に決めつけて、悪い子は一切認めない…そんな家庭環境に育った子供は、とても心配です。

そうした環境の中では、「良い子でなくては愛してもらえない」と感じた子供は、必死で良い子になり、悪い部分は親に見せる事をしなくなります。しかし、子供だって人間ですから、そんな生活をしていては疲れてしまうでしょう。そうなると、親の見えない所で万引きをしたり、学校でイジメをしてストレスを解消するなどの、問題行動につながってしまうこともあります。

「悪い事をしたら、痛い思いをさせないとわからない!」

子供をしつける時、言葉で言い聞かせても分からないからと、手を叩いたり、頭を叩いたりして「痛みで分からせる方法」をする親御さんがいます。しかし、私はこれは「体罰」だと思います。

言う事を聞かないから叩く、しつけているのに出来ないから殴るなど、子供にとっては「恐怖」でしかありません。怒りの感情を暴力に置き換えて子供に恐怖を植え付けているのです。これでは、しつけどころか、親が本当に言いたいことは、子供に何も伝わっていないのです。

いつか子供が成長して親の背丈を抜いたとき、力関係が逆転しますから、今までの辛い思いが家庭内暴力となり、今度は子供が親に暴力を振うようになってしまうかもしれません。

子供への過度な期待や、悪い子は認めないなど、少なからず心当たりがありませんか?「だめ!」と言いながら手を叩くのも、体罰です。子供もひとりの立派は人間なのです。全てを認めてあげられるような、寛大な親でいたいものですね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

脳に効く!?「ブレインフード」を食べて頭のいい子を育てませんか?

みなさんは「ブレインフード」という言葉を聞いたことはありますか?日本では「脳機能 …

子どもが発熱!どんな対処をしたら良いの?

子どもが熱を出すと大人よりも遥かに高い熱が出るので、ちょっと焦ってしまいますよね …

姉妹喧嘩の仲裁
小学生女子のおしゃれ、親はどこまで認めるべき?禁止する前に親として教えるべきこと

街を歩いていると、可愛い!というより、まるで大人のようにキレイに着飾った女の子た …

子供のコミュニケーション力
コミュニケーション力の高い子供に育てる方法は?外に遊びに行くことの大切さ

近年、文部科学省では「コミュニケーション教育推進会議」を設置し、子供たにのコミュ …

男の子
人の話を聞かない子供はどう注意すれば直るの?男の子が学校のことを話さない理由

小さなころは「ただいま!あのね、先生がね…」と毎日話してくれたのに、大きくなるに …

「音育」って知っていますか?脳の発達を促す音育で子供の感性を引き出していきましょう

音楽を使った子供の学習の取り組みは、昔から行なわれてきました。赤ちゃんはママのお …

幼少期の「なぜなぜ期」を大切にしてあげると勉強好きな子になる!

小学校へ入学すると義務教育が始まり、得意、不得意に関わらず一通りの勉強をすること …

父親の家庭での役割は子供に仕事について語ること。子供に働く大人の背中を見せよう

近年では、父親が子育てに参加することが当たり前になってきましたが、それでも男性の …

子育て期はお金がかかる…ちょっとの見直しで「子育て浪費」をグンと減らす方法とは?

赤ちゃんから幼児期になるまでの子供の成長は著しく、すぐに大きくなってしまうので洋 …

幼稚園の選び方
幼稚園の選び方。園の強み(運動や音楽や芸術など)に注目しよう

子供が3歳になる頃、どこの幼稚園に通わせようかと考え始めますね。 幼稚園によって …