みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

エリート家庭ほど危ない!?子供が非行に走ってしまう原因を親が作っていませんか?

   

illust3236子供が親に暴力をふるうなどの事件が増えていて、その原因はさまざまですが、中には何不自由なく暮らしているエリート家庭の子供が親を殺害するなどショッキングなニュースもあり、「厳しいしつけから逃げたかった」と、その理由を聞いて愕然とすることがあります。それぞれの環境から見えてくる、子供の非行へ走らせてしまう原因を考えてみましょう。

親の期待が大き過ぎるために、子供が負担に感じている

例えば、開業医、会社経営をしている、その家庭の子供に産まれて来たというだけで、「息子にはぜひ、同じ道を歩んでもらいたい」そう願う親御さんはたくさんいるかもしれません。

しかし、そんな思いが強過ぎると、子供を自在に操るためにレールを敷き、その上を歩かせることで満足する親になってしまいます。すると子供は、ある程度の年齢になるまでは親の言う通りに進むかもしれませんが、自分の考えが異なっていると気づいた時、親の期待の大きさに悩み、負担に感じ、戸惑ってしまうでしょう。

そして、子供の学力が伴わずに結局親のレールにも乗れず、子供自身が希望する道へ進めなかった時、全ては親が悪いと責め続けて家庭内暴力を起こしたり、引きこもりになってしまうなど、自暴自棄になってしまうケースもあるのです。

「いい子は好き、悪い子は嫌い」だからいい子を演じなくてはならない

どんな家庭でも、子供の良い行いは嬉しいですし、悪い事をすれば「それはいけません」と子供に教えると思います。

だけど、「お勉強が出来て良い子ね」と「良い行い」を過度に褒め、「何!この成績!こんな点数取る子は、悪い子ね!」と、親から見て「良い、悪い」を極端に決めつけて、悪い子は一切認めない…そんな家庭環境に育った子供は、とても心配です。

そうした環境の中では、「良い子でなくては愛してもらえない」と感じた子供は、必死で良い子になり、悪い部分は親に見せる事をしなくなります。しかし、子供だって人間ですから、そんな生活をしていては疲れてしまうでしょう。そうなると、親の見えない所で万引きをしたり、学校でイジメをしてストレスを解消するなどの、問題行動につながってしまうこともあります。

「悪い事をしたら、痛い思いをさせないとわからない!」

子供をしつける時、言葉で言い聞かせても分からないからと、手を叩いたり、頭を叩いたりして「痛みで分からせる方法」をする親御さんがいます。しかし、私はこれは「体罰」だと思います。

言う事を聞かないから叩く、しつけているのに出来ないから殴るなど、子供にとっては「恐怖」でしかありません。怒りの感情を暴力に置き換えて子供に恐怖を植え付けているのです。これでは、しつけどころか、親が本当に言いたいことは、子供に何も伝わっていないのです。

いつか子供が成長して親の背丈を抜いたとき、力関係が逆転しますから、今までの辛い思いが家庭内暴力となり、今度は子供が親に暴力を振うようになってしまうかもしれません。

子供への過度な期待や、悪い子は認めないなど、少なからず心当たりがありませんか?「だめ!」と言いながら手を叩くのも、体罰です。子供もひとりの立派は人間なのです。全てを認めてあげられるような、寛大な親でいたいものですね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

「イヤイヤ期」はこう乗り切る!子供の行動別対処法を考えよう

「魔の2歳児」とよく言いますが、あれもイヤ!これもヤダ!と自己主張の表れでありス …

社会マナーは子供時代の集団生活から受け継がれていくものです!!

ゆとり世代以降の言動、行動、社会人マナーが問題とされています。 私は子供の習い事 …

子供のしつけに脅し言葉は絶対ダメな理由。恐怖は子供の積極性を奪います

いつまでも遊んでいて寝ない子供に「早く寝ないとお化けが出るよ〜!」など、つい脅か …

子供を支配していませんか?子供は親の所有物ではありません!!

自分自身がお腹を痛めて生んだ我が子。 何よりもかけがえのない存在です。 愛して止 …

落ち着きのない子供になる?「ながら子育て」は今すぐ止めよう!

時間に追われている現代社会では、子育てと言えども例外ではなく、パパもママも子供と …

自律神経の乱れが子供の「冷え性」の原因かも!?冷え性になるとキレやすい子供になる?

近年、子供に「冷え性」が増えている傾向があるのをご存知でしょうか?それは幼稚園に …

夏休み
子供の学びは好奇心から始まる。将来につながる色んな経験をさせてあげよう

産まれてきた赤ちゃん。 か弱くて、無垢で100%守ってあげないとと思います。 そ …

子供のスマホは危険がいっぱい!情報リテラシーの大切さを再度考えてみませんか?

今は幼い子供でもママもスマホを使いこなし、小学生では自分専用の携帯を持っている子 …

子供の靴のサイズ
間違った方法で子供の靴選びをしていませんか?サイズが合わないと足の指が曲がってしまう危険性あり

小さな子供に靴を買う時、「すぐに履けなくなってしまうから…」と大きめな靴を買って …

子供に教える食事のマナー。よく噛んで食べることの大切さを教えよう

食事中、子供に「早く食べなさい!」と急かしたり、「片付かない・・・」とイライラす …