みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

「うるさい!静かにしなさい!」つい怒鳴ってしまって自己嫌悪…冷静になるために「私は…」とつぶやこう!

   

illust1533スーパーでお買い物をしている時、「ママ〜これ買って〜!!!」と大騒ぎされてしまうと、「うるさい!静かにして!」と、つい怒鳴ってしまうこと、ありませんか?その時は周りの目も気になるし、子供を黙らせるために言ってしまったひとことですが、後で冷静になってから考えてみると「言い過ぎたかも?」と反省する毎日…何か、いい方法はないのでしょうか?

子供に言い過ぎてしまうのは、親の深い「愛情」のせいでもあります

スーパーやデパートなどで「これ欲しい〜!買って〜!」と子供に駄々をこねられた時、買ってあげるかどうかの判断を瞬時にしていると思うのですが、「買わない」と決めた時はたいていの場合、「自由になんでも手に入るわけではない事を教えたい」「我慢する事を覚えて欲しい」など、お子さんのしつけ、モラルなど、将来の為を思っての行動と言えると思います。子供を思ってのこと、つまり「愛情」があるからこそ、「買わない」という判断を下したわけですよね。

それに、長い時間うるさくしていては、周りの迷惑にもなると思うあまり、子供に対して「うるさい!」と怒鳴る結果になってしまう、そうした状況が多いのではないでしょうか。

しつけ、モラルを教えようとすると、何かと口うるさくなってしまう…どうしたらいいの?

出しっ放しのおもちゃを見つけて「片付けなくちゃダメでしょ?何度言われたら分かるの?」と、くどくどと説教してしまったり、「もう知らないから!」とキレた態度を取ってしまったり…これは、子供にきちんとしたしつけをさせたいと願っているからなのですが、その真意が子供にはなかなか伝わらないので、パパもママも頭を抱えてしまうこと、きっとあると思います。

その時、目につくのは「どうして出来ないの?」という子供の行動ですよね。そこに注目してしまうから「なんでこうなの?〜しなさい!」という言葉になってしまい、その思いを子供にぶつけてしまっているのです。

そこで、「ママは片付けて欲しいんだけどな〜」と、まず「私は〜」「自分だったら〜」と一人称で子供に話かけてみましょう。すると、不思議と冷静になれるので、一方的に子供を責めるようなことはなくなります。

「また説教しちゃった…」次は自分を「客観視」して見るようにしよう!

それでも、やっぱり口うるさくしてしまったり、怒鳴ってしまって落ち込んだ時は、もしまた同じような状況になってしまった時、「自分を遠くから客観視する」と、強く覚えておきましょう。

その時の自分を第三者の目線で見てみると、「もうおやつの時間なのに子供が片付けないからイライラするのね」など、その理由が見えてきます。「じゃあ、おやつの10分前になったら片付けするように伝えてみようかな」など、違った方法を探す手がかりが見つかるかもしれません。

子供への愛情がイライラに変わってしまわないように、「私は〜」とひと呼吸おいての会話、心掛けてみてくださいね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

幼稚園お受験は良く考えてから!身の丈にあった育児をしないと家計破綻してしまいます

子供の教育を考えたとき「できればいい環境の中で学ばせてあげたい」と思うのは、きっ …

子ども部屋
子供部屋の必要性。小さいうちから与えることのメリット・デメリット

子供には小学校入学をきっかけに1人の専用部屋を与えるご家庭が多いと思います。 し …

親の行動が子供の好奇心を奪ってしまうかも?「無意識過保護」に要注意!

自分でいろいろ出来るようになる2〜3才ごろは、親としては心配な時期でもあるし、成 …

親に気を使う子供
親に気を使う「いい子」は問題児になる可能性がある?自分の意見を言えない子供の危険性とは

お利口さんでお行儀のいい子っていますよね。 もちろん、ご両親の育て方が素晴しいか …

学校での様子が気になるときは、子どもの友達を積極的にお家に招こう。

学校での子どもの様子、お友達はいるのか?勉強についていけているのか?などなど心配 …

子供達に人気の手作りおやつ!とっておきの4選

子供の友達が遊びに来る!そんな時、ポテトチップスやクッキーなど、市販のお菓子を用 …

過保護の違い
子供への「過保護」と「過干渉」の違い、分かりますか?

子供を可愛いと思うあまり、つい「過保護」になったり「過干渉」になってしまったりし …

子供への絵本
スキンシップは肌の触れ合いだけじゃない!絵本のすすめ

赤ちゃんはパパママとスキンシップをするのが大好きです。抱っこにミルクにおむつ替え …

最初は良かったのに…苦手になってしまったママ友との付き合い、どうする?

子育てをするうえで必ずと言っていいほどついて回る「ママ友」という存在。 あるとき …

毎日のお掃除大変でもうイヤ!「段階的目標設定」で楽々キレイを手に入れよう!

洗濯、食事、お掃除…家事を毎日こなすことは、ママにとっては本当に重労働ですし、時 …