みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供がお手伝いをしてくれない…楽しく習慣化する効果的な方法とは?

   

illust3597子供がだんだん大きくなってくると、家族の一員としてはもちろん、これから生活していく上で必要なことを「お手伝い」として覚えて欲しい、積極的に参加して欲しいと思いますよね。でもなかなか手伝ってくれない…では、こんな方法を試してみませんか?

男子でも「家事」が出来て当たり前の時代!いざというとき困る男性が増えている!?

昔と違って、共働き世帯が増えたりした背景もあり、「家事は女性がするもの」という考え方はもう古いですよね。さらに、一生シングルで過ごす人、離婚なども増えており、男性が家の事を出来ないと困る時代になっているのです。

しかし、現実を見ると長年連れ添った妻に先立たれた男性が、靴下のある場所がわからない、ご飯の炊き方が分からない…など、1人の生活になったとき困る弊害も多いのは、やはり年配の方々です。全ての身の回りの世話を奥さんにして貰っていたために、いざ自分だけになってしまった時、何をどうしたら良いのか困惑してしまうのです。

これからは、男子でも家事が出来ないと困る時代ですから、小さい頃から身につけさせてあげたいですね。

子供が小さい頃から、お手伝いを「習慣化」してしまいましょう

こうして見てみると、やはり大人になってから急に家事をやるということは、大変なストレスですし、なかなか出来ることではありません。ですから、子供の頃から家事を覚えておけば、こうした心配をすることも無くなりますよね。

そこで、お子さんが小さいうちから「家事に親しむ」ことにチャレンジしてみませんか?

例えば、洗濯物を運ぶとき、小さいカゴを用意しておいて一緒に運ぶとか、玄関の掃き掃除の時はちりとりを持ってもらうなど、2〜3才の小さな子供でも出来るような簡単な家事を手伝ってもらう事で「習慣化」してしまうのです。

幼い子供にとっては、掃除も洗濯も「遊び感覚」です。ですから子供はきっと楽しんで参加してくれます。子供に「家事って楽しい!おもしろい!」と思ってもらう事が目的なので、もし、ちょっと失敗しちゃっても怒る事はしないで下さいね。

「手伝い→お仕事」と言い換えてみると、意外とやる気になってくれるのです

しかし、「はい!玄関の掃き掃除してね!」「にんじんの皮むきもやってね!」など、子供に手伝いをお願いしても、なかなか取り組んでくれない時って、ありますよね?そんな時は、「ねえ、お仕事頼んでもいいかな?」と、手伝いを「お仕事」という言葉に置き換えてみましょう。

すると子供は「ん?仕事?」と興味を持ち、ちょっと大人になった気分でワクワクするのです。そうなれば、「じゃあ清掃会社の窓ふき!」「コックさん!このレタス洗って下さい!」などというママの言葉に、さらにやる気になってくれるでしょう。

「えっへん!今日から僕、クリーニングの人なんだ〜!」なんて、いろんな職業に変身してくれるかもしれませんね。

いかがでしたか?簡単な事から取り組んで、「楽しい!」を経験させてあげると、お手伝いもスムーズに出来そうです。一緒に楽しく家事をしていきましょう!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

自分を許してあげると家族も幸せに!?「シャンパンタワーの法則」で幸せ時間を過ごそう

「子育てをするのが辛い…」「失敗ばかりで落ち込んでしまう」子供を持つママにはさま …

ぐずる子ども
朝の忙しい時に子供をぐずらせない方法。スムーズに幼稚園まで送り届けるコツとは?

子育てをされているご家庭にとって、朝の忙しさと言ったらありません! 共働き家庭な …

自分の意見をハッキリ言える意思の強い子供を育てる方法とは?

日本には「奥ゆかしい」「以心伝心」など、古来より独自の文化を育んできました。 こ …

子供はママの背中も見ています!ワークママに育てられた子供は高収入になる!?

お子さんが小さくてもお仕事を続けているママはとても多くて、帰りが遅くなって子供が …

小さい子どもを連れて行く外食、どんなところが良い?

2歳以下の小さい子どもと一緒に外食をするとなると、様々なことが気になってしまって …

赤ちゃんのデリケートなお肌を守りたい。どんな石鹸を使えばいいの?

赤ちゃんの肌はつるつる・すべすべで、ぷくぷくしていて真っ白で何といってもみずみず …

朝ご飯に嬉しい食パンを使ったレシピ集

朝食に手軽な食パン。 でも、トーストしてはちみつ・バター・ジャム・・・いつも同じ …

子供に教える食事のマナー。よく噛んで食べることの大切さを教えよう

食事中、子供に「早く食べなさい!」と急かしたり、「片付かない・・・」とイライラす …

子供の言葉を「横取り」しているママは要注意!?「話下手な子」になってしまう可能性がある?

「うちの子、なんで話をするのが苦手なんだろう…」人前に出てモジモジしてしまったり …

どうすれば本を読んでくれるの?本が大好きな子どもにするためにできること。

本をたくさん読む子になってほしいと思う親は多いと思います。どうしてうちの子は本を …