みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供がお手伝いをしてくれない…楽しく習慣化する効果的な方法とは?

   

illust3597子供がだんだん大きくなってくると、家族の一員としてはもちろん、これから生活していく上で必要なことを「お手伝い」として覚えて欲しい、積極的に参加して欲しいと思いますよね。でもなかなか手伝ってくれない…では、こんな方法を試してみませんか?

男子でも「家事」が出来て当たり前の時代!いざというとき困る男性が増えている!?

昔と違って、共働き世帯が増えたりした背景もあり、「家事は女性がするもの」という考え方はもう古いですよね。さらに、一生シングルで過ごす人、離婚なども増えており、男性が家の事を出来ないと困る時代になっているのです。

しかし、現実を見ると長年連れ添った妻に先立たれた男性が、靴下のある場所がわからない、ご飯の炊き方が分からない…など、1人の生活になったとき困る弊害も多いのは、やはり年配の方々です。全ての身の回りの世話を奥さんにして貰っていたために、いざ自分だけになってしまった時、何をどうしたら良いのか困惑してしまうのです。

これからは、男子でも家事が出来ないと困る時代ですから、小さい頃から身につけさせてあげたいですね。

子供が小さい頃から、お手伝いを「習慣化」してしまいましょう

こうして見てみると、やはり大人になってから急に家事をやるということは、大変なストレスですし、なかなか出来ることではありません。ですから、子供の頃から家事を覚えておけば、こうした心配をすることも無くなりますよね。

そこで、お子さんが小さいうちから「家事に親しむ」ことにチャレンジしてみませんか?

例えば、洗濯物を運ぶとき、小さいカゴを用意しておいて一緒に運ぶとか、玄関の掃き掃除の時はちりとりを持ってもらうなど、2〜3才の小さな子供でも出来るような簡単な家事を手伝ってもらう事で「習慣化」してしまうのです。

幼い子供にとっては、掃除も洗濯も「遊び感覚」です。ですから子供はきっと楽しんで参加してくれます。子供に「家事って楽しい!おもしろい!」と思ってもらう事が目的なので、もし、ちょっと失敗しちゃっても怒る事はしないで下さいね。

「手伝い→お仕事」と言い換えてみると、意外とやる気になってくれるのです

しかし、「はい!玄関の掃き掃除してね!」「にんじんの皮むきもやってね!」など、子供に手伝いをお願いしても、なかなか取り組んでくれない時って、ありますよね?そんな時は、「ねえ、お仕事頼んでもいいかな?」と、手伝いを「お仕事」という言葉に置き換えてみましょう。

すると子供は「ん?仕事?」と興味を持ち、ちょっと大人になった気分でワクワクするのです。そうなれば、「じゃあ清掃会社の窓ふき!」「コックさん!このレタス洗って下さい!」などというママの言葉に、さらにやる気になってくれるでしょう。

「えっへん!今日から僕、クリーニングの人なんだ〜!」なんて、いろんな職業に変身してくれるかもしれませんね。

いかがでしたか?簡単な事から取り組んで、「楽しい!」を経験させてあげると、お手伝いもスムーズに出来そうです。一緒に楽しく家事をしていきましょう!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供とふれあう時間が少ない共働きのママは『絵本の読み聞かせ』をしてみよう。心を豊かにする絵本の話

ママの一日は忙しい。朝からお弁当を作って(家庭によっては数個作る場合もあります) …

乳幼児の誤飲、気をつけて!もしもの時の応急処置を知りましょう

小さな赤ちゃんは好奇心旺盛で、何でも口の中へ入れて確かめたりしますよね。ですから …

脳科学に基づいた教育方法!「久保田式」の子育てで0才から脳の基礎を作っていきましょう

赤ちゃんを授かり、出産し、我が子に出会えた喜びは何にも変えられる事はできません。 …

子供のおねだり
わがままな子供のおねだり。デパートやお店で泣きわめく子供の対処法とは?

お買い物に出かけると「ママこれ買って!」「ダメです!」という会話の風景はよく見か …

子供のマナー
挨拶や靴揃え、言葉遣いなど正しいマナーを子供に教える方法

子供は親の行動をよく見ています。そして、子供は親を無意識のうちにお手本にして育ち …

子供を甘やかす
子供を甘やかすのと甘えさせるの違いとは?子供の言いなりになるのは親としてダメな理由

「甘えん坊だなあ」「そんなに甘やかしちゃダメだよ」どちらも同じ「甘える」という言 …

子供のアレルギー対策
赤ちゃんのアレルギー対策。自治体主催のアレルギー予防教室で守る方法を学びましょう

アレルギーを持つ子供は年々増えていますよね。 原因はさまざまですが、なってしまっ …

「子育てでイライラ」はみんなある!気持ちを上手に切り替える方法

小さいお子さんのいるパパママならば、誰だって「イライラ」したことがあるでしょう。 …

赤ちゃんに健やかな「眠育」を!眠りやすい環境の作り方とは?

産まれたばかりの赤ちゃんは、眠って起きての繰り返しを一日中していますよね。それは …

過保護の違い
子供への「過保護」と「過干渉」の違い、分かりますか?

子供を可愛いと思うあまり、つい「過保護」になったり「過干渉」になってしまったりし …