みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

外出先での子供の迷惑行為…子供に腹を立てているのではなく、見られているのは「親の態度」です

   

illust59最近のニュースで、ベビーカーで赤ちゃんを連れたママがバスに乗ったとき、赤ちゃんが泣き止まなくて困っているママさんに対して「大丈夫ですよ。元気な赤ちゃんですね」とアナウンスをした運転手さんのエピソードがありました。きっと、このママさんは「すみません」の気持ちでいたのでしょう。しかし、全く違うママさんもいるのです。

電車の中で大声で騒ぎ、走り回る子供たち。その時ママたちは…

小さい子供を連れてのお出かけは、着替えにおもちゃにお菓子に…荷物も多くて本当に大変ですよね。しかも、元気盛りの子供は、電車に乗っただけでも大はしゃぎです。

だけど良く聞かれるのは、大声で騒いで電車内を走ったりして遊んでいるのに、ママは携帯に夢中になっていて、完全に子供を放置している状況があるということです。仲良しのママ友と一緒の場合は、話に夢中で、土足で電車のシートに乗っている子供を見ても、平気な顔で喋り続けている…そんなママもいるそうです。

この時、周りの人たちは、子供の行為にもちろん迷惑をしていますが、一番に腹を立てているのは、その状況を放置している「親の態度」です。

「子供だから仕方ないでしょ!」本当にそうでしょうか?

こうしたママたちの態度を見かねて、「お子さんたち、静かにさせていただけませんか?」と周りから注意されたとき、こうしたママ達は口を揃えて「子供なんだから騒ぐのはしょうがないじゃない!」と言います。

でも、「子供だから仕方ないでしょ!」という反論の言葉、側で騒いでいるお子さんも、しっかり聞いていますよね?この言葉を聞いた子供は、「そっか、子供だから騒いでもいいんだ!」と勘違いしてしまうのです。そうなってしまうと、後でもう少し大きくなってしつけようとママが「外なんだから静かにしなさい!」と言っても、「子供だからいいんでしょ?」と反抗な態度をとり、言う事を聞かない子供になってしまうかもしれません。

「迷惑かけてすみません…」ママにそんな気持ちがあると、周りの人は助けてくれるでしょう

最初にお話した「バスの運転手さんのアナウンス」のエピソードでもお分かりのように、泣き続ける赤ちゃんに困り果てたママさんですが、きっとそこには「ご迷惑おかけしてすみません…」という気持ちが、言葉ではなくても、運転手さんには伝わっていたのでしょうね。そんなママの態度を見て、「助けてあげたい」と、優しさのこもったアナウンスになっていったのでしょう。

一方で、電車の中で騒ぐ子供たちのママは、きっと誰も近寄らずに迷惑に思われ、今後もこうした行動が続くような事になれば、子供達にもマナーは一向に身に付かず、物事の善悪の分からない大人になってしまうかもしれません。

どんなときでも子供は親の態度を見て育ちます。「子供だから騒いでも仕方ない」という考えに育ち、迷惑行為をしても平気な人間になるのか、「迷惑かけてすみません」と周りに気を配り、誰からとも無く手を差し伸べてもらえるような人間に育つのか…。まさに「親はこの鏡」です。普段から周りに「感謝」できる、親でありたいものです。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供の食べ物の「好き嫌い」を克服するには?

お子さんが成長して大きくなるにつれて、食べ物の好き嫌いは、パパママにとっても悩み …

子供が喜ぶ昼食に冷たい麺類のレシピご紹介!トマトパスタなど美味しい麺類メニュー

夏休みが近付くと、ママの頭を悩ませるのが毎日のお昼ご飯ではありませんか?自分だけ …

飲食店で市販のベビーフード、勝手に食べるのってアリ?

まだまだ産まれたばかりの頃は、大人の分だけご飯を用意すれば良いので外食も比較的大 …

子供の良さがだんだん見えてくる!?優しい効き目の「サプリ親」になりたい!

子供にとって「良い親でいたい」と思うのは当然のことです。それが度を超えてしまった …

避けられないママ友とのお付き合い…上手にこなしてストレスを無くしませんか?

幼稚園、小学校など、子供が大きくなるにつれて「ママ友」の存在は頼もしいと感じる一 …

コミュニケーション能力が低下する?気をつけよう!幼児期の『夜更かし』

赤ちゃんの頃は眠る感覚が短いので、夜も昼も眠る生活でしたが、1〜2歳になると体も …

子育てに重要な生活リズム。子供の生活の質を考えていますか?

QOLとは「Quality of Life」の略で「生活の質」を意味します。 あ …

子ども部屋
子供部屋の必要性。小さいうちから与えることのメリット・デメリット

子供には小学校入学をきっかけに1人の専用部屋を与えるご家庭が多いと思います。 し …

4〜5才になったら「ひらがな」にチャレンジ!楽しく取り組むコツ3つ

小学校に行くと必ず勉強する「ひらがな」ですが、4、5才になると自分から「書いてみ …

子供のお小遣い
子供のお小遣い制度は月額制と報酬制どっちがおすすめ?海外ではお手伝いをさせる報酬制が主流

だんだん大きくなってくると、パパママにとっては悩みの種にもなる「お小遣い」。 い …