みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

外出先での子供の迷惑行為…子供に腹を立てているのではなく、見られているのは「親の態度」です

   

illust59最近のニュースで、ベビーカーで赤ちゃんを連れたママがバスに乗ったとき、赤ちゃんが泣き止まなくて困っているママさんに対して「大丈夫ですよ。元気な赤ちゃんですね」とアナウンスをした運転手さんのエピソードがありました。きっと、このママさんは「すみません」の気持ちでいたのでしょう。しかし、全く違うママさんもいるのです。

電車の中で大声で騒ぎ、走り回る子供たち。その時ママたちは…

小さい子供を連れてのお出かけは、着替えにおもちゃにお菓子に…荷物も多くて本当に大変ですよね。しかも、元気盛りの子供は、電車に乗っただけでも大はしゃぎです。

だけど良く聞かれるのは、大声で騒いで電車内を走ったりして遊んでいるのに、ママは携帯に夢中になっていて、完全に子供を放置している状況があるということです。仲良しのママ友と一緒の場合は、話に夢中で、土足で電車のシートに乗っている子供を見ても、平気な顔で喋り続けている…そんなママもいるそうです。

この時、周りの人たちは、子供の行為にもちろん迷惑をしていますが、一番に腹を立てているのは、その状況を放置している「親の態度」です。

「子供だから仕方ないでしょ!」本当にそうでしょうか?

こうしたママたちの態度を見かねて、「お子さんたち、静かにさせていただけませんか?」と周りから注意されたとき、こうしたママ達は口を揃えて「子供なんだから騒ぐのはしょうがないじゃない!」と言います。

でも、「子供だから仕方ないでしょ!」という反論の言葉、側で騒いでいるお子さんも、しっかり聞いていますよね?この言葉を聞いた子供は、「そっか、子供だから騒いでもいいんだ!」と勘違いしてしまうのです。そうなってしまうと、後でもう少し大きくなってしつけようとママが「外なんだから静かにしなさい!」と言っても、「子供だからいいんでしょ?」と反抗な態度をとり、言う事を聞かない子供になってしまうかもしれません。

「迷惑かけてすみません…」ママにそんな気持ちがあると、周りの人は助けてくれるでしょう

最初にお話した「バスの運転手さんのアナウンス」のエピソードでもお分かりのように、泣き続ける赤ちゃんに困り果てたママさんですが、きっとそこには「ご迷惑おかけしてすみません…」という気持ちが、言葉ではなくても、運転手さんには伝わっていたのでしょうね。そんなママの態度を見て、「助けてあげたい」と、優しさのこもったアナウンスになっていったのでしょう。

一方で、電車の中で騒ぐ子供たちのママは、きっと誰も近寄らずに迷惑に思われ、今後もこうした行動が続くような事になれば、子供達にもマナーは一向に身に付かず、物事の善悪の分からない大人になってしまうかもしれません。

どんなときでも子供は親の態度を見て育ちます。「子供だから騒いでも仕方ない」という考えに育ち、迷惑行為をしても平気な人間になるのか、「迷惑かけてすみません」と周りに気を配り、誰からとも無く手を差し伸べてもらえるような人間に育つのか…。まさに「親はこの鏡」です。普段から周りに「感謝」できる、親でありたいものです。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供が3才までにお金を貯めたい!子供の貯金額…いくらが理想なのでしょうか?貯める方法は?

子供の教育費を考えた時、将来に渡って相当なお金が必要になる事は間違いありませんよ …

子供の送り迎え
子供に塾や習い事をさせると親の負担は倍増!送り迎えなどでストレスの限界を迎えたらスケジュールの見直しを

塾や習い事と親の負担について 学校では、子供に必要な経験がおぼつかない。その思い …

子供を入れるなら幼稚園と保育園どっちがおすすめ?預ける施設の違いと選び方

幼いお子さんを持つパパママにとっては、家族以外の人の所へ預ける場所となる、幼稚園 …

子供が幼稚園で友達を叩いたらどう対応するべき?子供の喧嘩トラブルが起きた時の考え方

幼稚園や保育園に入るとこうした「お友だちとのトラブル」はつきものです。 問題が起 …

イヤイヤ期の子供と上手につき合う方法とは?子供の自己形成期に必ずある試練

1〜2歳頃になってくると、突然やってくる「イヤイヤモンスター」。 あれもイヤ、こ …

「口呼吸」だと風邪やインフルエンザになりやすい!「鼻呼吸」になるようにするには?

寒い季節になってくると、風邪やインフルエンザなど、毎年のように猛威をふるう病原菌 …

子供の地頭力を鍛える
ピアノを習っている子供は頭が良くなる。音楽が子供の地頭力を鍛えるのに役立つ理由とは?

英語、体操教室、リトミック…。 お子さんに「何か習い事をさせてあげたいけど、どれ …

コミュニケーション能力が低下する?気をつけよう!幼児期の『夜更かし』

赤ちゃんの頃は眠る感覚が短いので、夜も昼も眠る生活でしたが、1〜2歳になると体も …

子供の育てたい「個性」は生後3年間で決まる!赤ちゃんにはいっぱい触れましょう

今は時代もグローバル化が進み、どんどん世界へ進出していく人たちが増えています。こ …

子どもの髪の毛を自宅で切る!上手いやり方とは?

気が付くとすぐに伸びてきてしまう子どもの髪の毛、美容院に行こうにもまだ静かに座っ …