みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供の言葉を「横取り」しているママは要注意!?「話下手な子」になってしまう可能性がある?

   

「うちの子、なんで話をするのが苦手なんだろう…」人前に出てモジモジしてしまったり、自分の気持ちを相手に上手く伝えられない子供の様子を見ていると、じれったい気持ちになってしまうママもいるかもしれません。おしゃべりが好きなママだと、その心配は大きくなるばかりです。

友達を遊んでいる我が子…もしかして、あのおもちゃが使いたいの?

仲良しの友達と公園の砂場で遊んでいたとき、友達が使っているじょうろをじーっと見つめている我が子…。どうやらそのじょうろが使いたい様子です。だけどいつまでたっても「貸して」と言い出しません。

そこでママが「ねえ!○○ちゃん!そのじょうろ、貸してくれるかな?」と直接その友達に言って貸してもらいました。「良かったね!はい、じょうろ!」とママは我が子に渡しました。

この時ママが、子供の言葉を「横取り」していることに気づきましたか?

我が子の様子にじれったくなってしまう…すると言葉の横取りをしてしまうママが多いのです

おしゃべりが好きなママは、話をすることに慣れていますから、自分の子供がおもちゃを貸して欲しいのに「貸して」と言えない状況を見て、つい我が子の気持ちを代弁してしまったのですよね。

その行動の中には「我が子が可哀想」という気持ちも、もしかしたら含まれているのかもしれませんが、言葉を横取りしてしまう方が、子供の将来を考えた時には可哀想かもしれません。

「貸して」と言えないのは、その子の恥ずかしがりやさんな性格も関係しているかもしれませんから、そこでママが助け舟を出してしまうと「良かった!ママありがとう」と何でもママを頼るようになってしまうのです。

時間がかかっても、自分の気持ちを「自分の言葉」で伝えられる子に育てましょう

モジモジしている我が子の様子を見ていると「何で『貸して』が言えないの!?」とイライラしてしまうパパママもいると思うのですが、ここはまず「待つ」ことが大切です。しばらくしてもどうしても言い出せないような様子があるのなら「貸してって言ってみる?」と、子供に気持ちを伝えるよう促します。小さい声でも友達に「貸して」と言えたら「貸してって言えたね!貸してもらえて良かったね!」と自分の事のように大喜びしましょう。

そうした場面がひとつ、ふたつと増えていくうちに、子供は言いたいことを相手に伝える喜びを感じたり、気持ちを理解してもらえた達成感を味わうことで、自分自身の言葉をスムーズに相手に伝えていけるようになるのです。

言葉が少し足らない時は、「こう言おうね」とその都度フォローすることも忘れずに!

饒舌でないお子さんは、少しの言葉で会話を成立させようとします。例えば「ママ、水」という言葉は、もちろん子供の言いたいことは理解出来るのですが、会話として成立しませんよね。

「それじゃあ分からないな、水、どうしたいの?」ときちんと「お水ちょうだい」と子供の口から言わせる習慣をつけることが、その後のコミュニケーション能力をより高めることになるでしょう。

じれったいなと思っても、子供の言葉の横取りはせず、見守ってあげてくださいね。

 

 

 




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

ママ友トラブルを避ける方法!ママ友と適度な距離を保つための秘訣とは?

ママ友とのトラブル、ドラマの題材になってしまうほど、身近なものになってしまってい …

ファーストフードを子供に食べさせて栄養は大丈夫?外食するときの注意点

子供と出かけた時に、帰宅してご飯を作るのが面倒なことってよくありますよね。だから …

子供のしつけに脅し言葉は絶対ダメな理由。恐怖は子供の積極性を奪います

いつまでも遊んでいて寝ない子供に「早く寝ないとお化けが出るよ〜!」など、つい脅か …

知らないうちに「ダメな子」に育てていた?見直したい親の行動5つ

「わが子がいい子に育ちますように…」そう願うのは親であれば誰しも思うことでしょう …

子供のおんぶには子育てに必要な要素が詰まっています。おんぶのスキンシップ効果とは?

今の時代にはほとんど見かけなくなってしまった「おんぶ」の習慣。 30年ほど前には …

寝かしつけで悩んでいるお母さんへ!重要なのは朝だった!

子どもが生後10ヶ月だった頃、なかなか夜にスムーズに寝てくれなくて悩んでいるとき …

子供の誕生日をお祝いすることが実は「育脳」にとても効果絶大だった!その効果とは?

我が子が生まれてきてくれた喜びは、子供がいくつになっても色褪せることはなく、子供 …

そろそろ接種時期が来ます!インフルエンザワクチンについて

毎年冬に猛威を振るっているインフルエンザ。 一度かかったことのある人ならわかりま …

子供が自発的に勉強する環境つくり
子供を「自分から勉強する子」にするには?子供の学習意欲を上げる方法

「早く勉強しなさい!」常に言われないと出来ない、言ってもなかなか取りかからない… …

子どもは親の行動をよく見ている!真似っこ上手な1、2歳児の特徴とは?

普段の何気ない行動でも、完全コピーをしてくる侮れない子どもの観察力。 挨拶だった …