みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供を甘やかすのと甘えさせるの違いとは?子供の言いなりになるのは親としてダメな理由

      2015/07/27

子供を甘やかす
「甘えん坊だなあ」「そんなに甘やかしちゃダメだよ」どちらも同じ「甘える」という言葉ですが、「甘えさせる」と「甘やかす」では、意味が全然違うこと知っていましたか?

一体何が違うのか、考えてみましょう。

何でも子供の言う通りにしてしまうのは「甘やかし」です

「ママ〜お菓子買って〜!」幼い子がパパやママにおねだりする光景はよく見かけますよね。どんな子供でも、「これ欲しい!」という欲求が出てくると、それを手に入れるためにいろいろ考えます。だだをこねて大声を出してみたら「しかたないわね…」と買ってくれたとしましょう。そうすると、子供は「こうすれば買ってくれる!」と覚えますから、次に買い物に来た時も同じ行動をするでしょう。

パパママが、子供がだだをこねるたびに「仕方ない」と買ってしまうこと、これは当然「甘やかし」です。

こんなふうに、親が子供の思い通りになんでも言う事を聞いていると、子供の「物理的」な欲求はだんだんエスカレートしていきます。小さい頃にその「甘やかし」が身に付いてしまったら、年齢が高くなるにしたがって、親の言う事を聞かせるのはさらに困難になるでしょう。そうならない為にも、「あれ買って!これ買って!」と、なんでも子供の言いなりになる「甘やかし」は止めましょう。

「甘えさせる」ことは、どんどんしてあげましょう

「じゃあ、甘えさせることも良くないのでは?」そう思う方もいるかも知れませんが、これは間違いです。例えば「ママ〜抱っこして!」とお子さんが甘えてきた時にそれに応じてあげること、これはとても大切なことです。なぜかと言うと、これは子供の「情緒的」な部分を受け止めているからなのです。

「抱っこして」と要求したら抱きしめてもらえた、これは「自分は大切にされている」という安心感をもたらし、その安心感はやがて「自立」へとつながっていきます。幼い頃にパパママにたっぷり甘えさせてもらった子供は、気持ちがとても安定していますから、自分をしっかり持つことができ、さらなるステップアップを目指すことができるのです。

「物理的」な豊かさだけでは、子供の自立心は育たないのです

「物理的欲求を満たす=甘やかし」ということはお分かりいただけましたか?お菓子やオモチャなどを欲しいままに与え続けることは、よくありませんよね。だだをこねたとき、きちんと子供と向き合って話をしましょう。欲しい気持ちを理解してあげたうえで、「じゃあお誕生日のお楽しみにしようね!」などと、決まりを設けるといいのではないでしょうか。

「情緒的欲求を満たす=甘えさせる」こちらはどんどんしてあげましょう。小学生になったって、抱っこして欲しいと言ったら、してあげていいのです。そうして心が満たされていくと、子供の方からだんだんと甘えることもなくなり、自立心が育っているのが分かるでしょう。

幼い頃からいっぱい触れ合って、安定した気持ちをいつも持たせてあげたいですね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

幼児の英才教育は気をつけないと失敗して「ダメな子」になってしまう!

幼児期にあれもこれも習わせてあげたいと思うのは、将来の子供のことを案じて出来る限 …

ダラダラ叱るのは逆効果!?「一発」で子供に届く叱り方に切り替えよう!

子供を叱るのは、今後、同じ間違いをしないようにして欲しい…という親の気持ちを子供 …

子供のコミュニケーション力
コミュニケーション力の高い子供に育てる方法は?外に遊びに行くことの大切さ

近年、文部科学省では「コミュニケーション教育推進会議」を設置し、子供たにのコミュ …

育児日記
育児日記をつけることの勧め。子供が小学生になったとき悩み解消に役立つ!

子供は成長と共に、自分の居場所を家庭より友達関係に求めるようになります。 小学生 …

お父さんにも育児に参加してほしい!心強いパートナーに育てよう!

今はもはや当たり前の存在になりつつある「イクメン」。 しかし、まだまだイクメンに …

子供のおねだり
わがままな子供のおねだり。デパートやお店で泣きわめく子供の対処法とは?

お買い物に出かけると「ママこれ買って!」「ダメです!」という会話の風景はよく見か …

ママ友との付き合いって必要?ママ友グループに入るメリットとは

子供を育てるうえで、どのママも一度は考えてしまうであろう“ママ友”との付き合い方 …

赤ちゃんのデリケートなお肌を守りたい。どんな石鹸を使えばいいの?

赤ちゃんの肌はつるつる・すべすべで、ぷくぷくしていて真っ白で何といってもみずみず …

知らないうちに「子供の言いなり」になっていませんか?子供の上手な叱り方、なだめ方を知りましょう

お子さんが年齢を重ねてくると「うるせー!」など、口答えされて、大きくショックを受 …

子連れで電車はマナーが心配。どこまで大丈夫??

子連れでお出かけはたくさんしたいですよね。でも電車に乗るときにちょっとドキドキハ …